美への執着、失くしたくないもの。

公開日: : 最終更新日:2018/05/08 健康と美容

sakura18_2

運動をしないので筋肉痛になる機会などない。そう思っていたけれど、前回筋肉痛になったのはなんと、花見の日であった。

よろこんでくれたら上出来、というシンプルさ。

いつもと違う体勢で酒を飲むだけで筋肉痛になるとは、ああ運動不足ここに極まれり。

しかし久しぶりに真っ当な「運動」にて筋肉痛を引き起こしてみたならば、案外心地よく感じたのでした。

100年ぶりの有酸素運動で汗を流す

cebucity1608_3

先月は4週間だけフラダンスに挑戦しておりました。

カオカオヘラヘラ 踊る女。

運動は嫌いだけれど踊るのは好きなので、ダンスで体を動かすのはいい方法だと確信してのフラダンス。それは果たして大正解だったのですが、どうせならもうちょっと激しめに、じんわり汗をかく程度に踊りたくて、今月から方向転換しました。

今回選択したのは初心者向けではあるけれど、それなりに激しそうなダンス的トレーニング。分類するならばエアロビクスになるのでしょうか。

先月体験したフラダンスのメンバー層から予測するにこちらも高齢者向けだろうし、そうそう難しいことはやらないであろう。などと考えていたのですが、これがなかなかどうして。簡単なステップに合わせて移動しつつ手足を動かすだけの単純なものなのに、開始5分で既に汗だく。

あれ、おかしくない?私なんでいきなりこんな汗かいてんの?とハラハラしながら周りを見渡してみればみなさん汗だくで、一気に芽生える親近感。ついていけないほど激しくも難しくもないけれど、気持ちよく汗が出る絶妙な運動量だなあとインストラクター氏の手腕に感心したのでした。

美への執着、失いたくないもの

cosmebottle

感心したのは手腕だけでなく、その筋肉の美しさも。おそらく私より少し年上だと思われるインストラクター女性の腕周りの筋肉の美しさに実に惚れ惚れしました。きちんと体を動かしている人はいくつになってもこんなにキレイなスタイルを維持できるのか、とたるみきった体を汗だくにしつつ考える。

あの年齢であの筋肉を維持するにはきっと並大抵のトレーニング量では足りないだろうし、食事制限とか、もしかするとプロテイン的なものも使っているのかもしれないけれど、いずれにしても長年の努力で培ってきたもののはず。ここまでのスタイルを一度手にしたらそうやすやすと手放せないだろうな。

「執着」なんてあまりお近づきになりたくはない言葉だけれど、それでも手放したくない、失いたくないものがあるのはなかなか悪くない。

執着心の強い女の持たない暮らし。

いや、インストラクター氏は別に美に執着しているわけではなく、ただただエクササイズが楽しくて続けた結果があのパーフェクトボディーなのかもしれないし、好きでやっていることが実を結ぶ、が理想的だとは思う。

プロの仕事が求められない時代の仕事の作り方。

しかしもしも私が彼女なら、日々うっとりと鏡を見つめて「ずっと守りたいこの筋肉…。」などとつぶやくだろうなと。執着しまくるだろうなと。

今の私には守りたい筋肉はどこを探しても見当たらず、つぶやくこともできず、切ない。

彼女ほどとは言わないけれど、うっすらと、本当にうっすらほんのりでいいから、腕や肩周りに筋があれば、今はこんなにもたるんでいる私だって幾分溌剌と見えるのではと想像するのですが、どうでしょう。そこのところ、どうなんでしょう。

とにかく、結構楽しかったので今月はこのエクササイズを続けます。でも、欲を言えばもうちょいダンス方向に寄りたいなあ。これは舞踊ではなく運動、エクササイズなのだとわかっていながら止められないリズムへの執着をいかにして手懐けるべきなのか。などという邪念にまみれているからこそ筋肉とは縁遠く、これっぽっちのことで筋肉痛になっちゃうんだろうね。

 




関連記事

本気の冷え性改善記録 14日目 しょうがで風呂を挟み込む。

寒くなると氷のように冷たくなるつま先を持て余したこれまでの人生。 末端冷え性をすっかりこじ

記事を読む

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

By: Jon S[/caption] 先日、某紙の人生相談コーナーにて、家族の独り言が多く

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

睡眠の質を上げるには。やたらと眠れる原因を探る。

By: Ella Mullins[/caption] ここのところえらく快眠で我ながら驚いて

記事を読む

変化に気づく大切さ お腹ぶよぶよ大作戦。

願ってもいないのに、どんどん膨張してゆく腹回りの肉。 関連 おなかぶよぶよ大作戦。

記事を読む

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

幼少の頃から刷り込まれた不具合の知識。

すっかりレギュラーコンテンツの座を確保している、定期歯科検診ネタ。今年は1月、5月、8月に検

記事を読む

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

By: Christian Schnettelker[/caption] 髪でも切るか、と考

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

お金をください。

もう随分前になるけれど、フリーライターの友人が 「請求

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑