美への執着、失くしたくないもの。

公開日: : 最終更新日:2018/05/08 健康と美容




sakura18_2

運動をしないので筋肉痛になる機会などない。そう思っていたけれど、前回筋肉痛になったのはなんと、花見の日であった。

よろこんでくれたら上出来、というシンプルさ。

いつもと違う体勢で酒を飲むだけで筋肉痛になるとは、ああ運動不足ここに極まれり。

しかし久しぶりに真っ当な「運動」にて筋肉痛を引き起こしてみたならば、案外心地よく感じたのでした。

100年ぶりの有酸素運動で汗を流す

cebucity1608_3

先月は4週間だけフラダンスに挑戦しておりました。

カオカオヘラヘラ 踊る女。

運動は嫌いだけれど踊るのは好きなので、ダンスで体を動かすのはいい方法だと確信してのフラダンス。それは果たして大正解だったのですが、どうせならもうちょっと激しめに、じんわり汗をかく程度に踊りたくて、今月から方向転換しました。

今回選択したのは初心者向けではあるけれど、それなりに激しそうなダンス的トレーニング。分類するならばエアロビクスになるのでしょうか。

先月体験したフラダンスのメンバー層から予測するにこちらも高齢者向けだろうし、そうそう難しいことはやらないであろう。などと考えていたのですが、これがなかなかどうして。簡単なステップに合わせて移動しつつ手足を動かすだけの単純なものなのに、開始5分で既に汗だく。

あれ、おかしくない?私なんでいきなりこんな汗かいてんの?とハラハラしながら周りを見渡してみればみなさん汗だくで、一気に芽生える親近感。ついていけないほど激しくも難しくもないけれど、気持ちよく汗が出る絶妙な運動量だなあとインストラクター氏の手腕に感心したのでした。

美への執着、失いたくないもの

cosmebottle

感心したのは手腕だけでなく、その筋肉の美しさも。おそらく私より少し年上だと思われるインストラクター女性の腕周りの筋肉の美しさに実に惚れ惚れしました。きちんと体を動かしている人はいくつになってもこんなにキレイなスタイルを維持できるのか、とたるみきった体を汗だくにしつつ考える。

あの年齢であの筋肉を維持するにはきっと並大抵のトレーニング量では足りないだろうし、食事制限とか、もしかするとプロテイン的なものも使っているのかもしれないけれど、いずれにしても長年の努力で培ってきたもののはず。ここまでのスタイルを一度手にしたらそうやすやすと手放せないだろうな。

「執着」なんてあまりお近づきになりたくはない言葉だけれど、それでも手放したくない、失いたくないものがあるのはなかなか悪くない。

執着心の強い女の持たない暮らし。

いや、インストラクター氏は別に美に執着しているわけではなく、ただただエクササイズが楽しくて続けた結果があのパーフェクトボディーなのかもしれないし、好きでやっていることが実を結ぶ、が理想的だとは思う。

プロの仕事が求められない時代の仕事の作り方。

しかしもしも私が彼女なら、日々うっとりと鏡を見つめて「ずっと守りたいこの筋肉…。」などとつぶやくだろうなと。執着しまくるだろうなと。

今の私には守りたい筋肉はどこを探しても見当たらず、つぶやくこともできず、切ない。

彼女ほどとは言わないけれど、うっすらと、本当にうっすらほんのりでいいから、腕や肩周りに筋があれば、今はこんなにもたるんでいる私だって幾分溌剌と見えるのではと想像するのですが、どうでしょう。そこのところ、どうなんでしょう。

とにかく、結構楽しかったので今月はこのエクササイズを続けます。でも、欲を言えばもうちょいダンス方向に寄りたいなあ。これは舞踊ではなく運動、エクササイズなのだとわかっていながら止められないリズムへの執着をいかにして手懐けるべきなのか。などという邪念にまみれているからこそ筋肉とは縁遠く、これっぽっちのことで筋肉痛になっちゃうんだろうね。

 




関連記事

ほうれい線対策以前に知っておくべき自分の現実。

By: anfhoang[/caption] 来る乾燥の季節にそろそろ備えたい、と書きました

記事を読む

本気の冷え性改善記録 3日目 一人の食事は身体を冷やす?

今年の冬こそは! と鼻息荒く、末端冷え性の改善に本気で取り組むことに決めました。 参考 本気

記事を読む

おすすめデンタルケア。コンクールジェルコート継続決定で、使い方再確認。

By: Tamaki Sono[/caption] 歯磨き粉が切れたので、さてどうしようかな

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

By: Christian Schnettelker[/caption] 髪でも切るか、と考

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

尻に奇跡は起こらない 中年留学生の限界。セブ日記 13

「また別の台風がきてるみたいだから、クリスマスは雨かもよ」 朝一グループクラスの講師に

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

コンタクトが目の中で無くなる不思議と恐怖。

By: hans van den berg[/caption] 以前はメガネを使用することが

記事を読む

続けて、変える。秋の健康・美容計画 2015。

By: Kevin Dooley[/caption] いやあ、寒くなりましたね。 新し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑