自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

公開日: : 音楽、映画、芸術、世界

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。

大規模な停電と交通事故を境に、The Beatlesという歴史的アーティストが存在しない世界に移行してしまった売れないミュージシャン。

Googleで調べてもカブト虫に関する情報しかヒットせず、ジョンもポールもジョージもリンゴも、もちろん彼らが残したはずの楽曲もすべてが存在しない世界。

彼らの偉大なる軌跡を知っているのは、自分ただひとりだけ。さて、どうするか。

自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

結論から言えば、シンプルに楽しめる作品でした。

昔、似たような題材をテーマにした「僕はビートルズ」という漫画があったけど、あちらはそこそこ長編だったこともあり、もっとドロドロした内容だったような。

一方で、本作はもっとあっけらかんというか、そこまで状況を深掘りしないというか。主人公のジャック以外に同じ歴史を知る人たちが取った行動も、何やらあたたか過ぎて肩透かしを喰らいます。

そして両作品の決定的な違いは、主人公のビートルズ信仰度。

前者の主人公がビートルスのコピーバンドとして活躍する生粋のファンであるのに対し、本作の主人公は、ライトなリスナー。シンガーソングライターのはしくれとして、一応知識をおさえてはいますよ?程度の距離感でビートルズと付き合っており、中学時代に演奏したのはオアシスだし、Eleanor Rigbyの歌詞もうる覚え。微妙なコードの再現もできない、ごくごく一般的なリスナーなのです。

ジャックが演奏するビートルズ曲のアレンジがことごとくダサいのも、ちょいちょいおかしな解釈をしているのも、ライトリスナーであることを表現するための演出、なのでしょう。

私自身「オリジナルアレンジこそが至高」という考え方なのでアレですが、ビートルズの曲って、アレンジ間違ったら一気にボケるし、古めかしくなるよね、と本作でしみじみ。実際、どれも50年以上前の楽曲だから古いんだけどさ。

幸せってなんじゃらほい

ビートルズってもはや歴史上の人物すぎて、リアルタイムを知らない人間にとってはギリシャ神話並みにリアリティがない。

数年前、ポールの来日公演に足を運んだ自分ですら「実在したのか…」という妙な感覚に陥りました。70を過ぎてのあのパフォーマンス、さすがにSirは素晴らしかったけど、ニューヨークでダコタ・ハウスを目の当たりにした際の感情の方が、彼らを歴史として認識している自分の感覚に近かったという不思議。

だからこそ、後半に出てくるパラレルワールドらしい展開は、ファンならばグッとくる、のかな。「普通がいちばん」って言われても、幸せってなんじゃらほい。

モノをたくさん持てば、幸せになれるのか

ところで「世界的スーパースター」を題材にした映画は、この先もう生まれないでしょうかね。人々の好みがこれだけ多様化している現在、king of POP 並みのスターは、もう出てはこないだろうから。

右向け右!で猫も杓子も同じものに熱狂する。そんな現象が起きない世界はある意味健全で、我々は幸せな進化を遂げているのかもしれません。

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

自分が慣れ親しんだものとはちょっと違う世界に、いつのまにか移動していた—。

そういや以前観た「恋はデジャ・ブ」も種類は違えどこの手の話。

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

人生やり直したい、来世になったら本気出す勢の自分はこういうパラレルワールド、異次元もの?の設定に少なからず憧れがあるようです。

明日起きたら世界変わってないかな〜とか、たまに考えません?




関連記事

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来

記事を読む

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

バーフバリ、伝説、凱旋、願いは叶う。

どうもこんにちは、マヒシュマティ王国の民です。 王と共に生きるよろこび...!

記事を読む

70’S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

rio 65 trio

音楽CDをデータ化 rio65trio/rio65trio (1965)

By: tim[/caption] 昨日音楽CDのデータ化が一向に進まないと書きました。

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

旅の記憶をより鮮明にする方法。

久しぶりに会った友人に、そういや年末の香港どうだった?と聞かれる。 香港はもう何回も行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑