旅の記憶をより鮮明にする方法。

公開日: : 最終更新日:2018/04/05 旅人への道, 音楽、映画、芸術、世界

ibishotel-hongkong-7

久しぶりに会った友人に、そういや年末の香港どうだった?と聞かれる。

香港はもう何回も行ってるから特に観光はしなかったけど、今まで泊まったことのなかったエリアのちょっと見晴らしのいいホテル選んで、ぶらぶら散歩したり、ちょっと仕事もしたり、夜はバー梯子したりして、楽しかったよと答える。

「ねえ、わざわざ香港行ってそれ? 別に東京にいてもできることばっかりじゃん」

おっしゃる通りです。私の一人旅は毎度こんなもったいない感じです。でも春が来て、またどこかへ行きたくなっています。そして今度からは旅にほんの少しのお楽しみを加えたいなと目論んでいるのです。

旅の記憶をより鮮明にする方法

spain

まだ時期も行き先も未定ではありますが、国内外問わず次回から一人旅するなら絶対にやろうと考えていることがあります。

それは、旅の間の音楽を決めること。

つい先日Twitterかどこかでどなたかが言われていたのですが、旅の間中一枚のアルバムを聞き続けると音楽の効果で旅の記憶がより鮮明に残り、後々そのアルバムを聞き直す度に蘇るエピソードが俄然力強いものになる、らしい。

ああ、それすごくよくわかる。めちゃくちゃいいアイデアだ。

若い頃に聞いていた懐かしい曲が流れてくると、その当時のあれこれがブワッと脳内に広がっていく。そんな経験は数え切れないほどしてきたし、何かや誰かを思い出させる曲だってたくさんある。

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

でも、音楽と旅を意図的に結びつけようと考えたことはなかったなあ。想像するだけで、胸踊るじゃないか。

ということで、次回の旅からは行き先に応じたアルバムを1枚選択して、ずっと聴き続けるというお遊びをしてみようと思います。多分これ、馴染みの1枚じゃなくて新たに選んだ1枚、のほうがいいよね。でもそれでハズしたら結構キツイよね。いや、それも含めての楽しいお遊びなのか。

街を眺める解像度を高めたい

ソイ38 屋台

時間とお金を工面してわざわざ異国へ出向いておいて、やることといえばほぼ日常生活。非日常で発見する新鮮な発見こそが旅の醍醐味だとするならば、こんなやり口はやはりもったいないのだろうけれど、知らない土地でありながらまるで勝手知ったる住人のように振舞うのもまた楽しい旅の贅沢なのです。

一人旅の正しいお作法。

確固たる目的を持ち、綿密な計画を立てスケジュールをこなすような旅は、例え慌ただしかろうが街を眺める解像度は深く、その記憶は鮮明に深く残る。その点、私のような行き当たりばったりの旅は街の表面をなぞっただけで終わってしまうリスクがあり、まさにそこが欠点でもあり。

幸いここ数年はどこかへ出かけ、それをブログに書き記すまでが「旅」といった感覚になっているので、以前よりは旅の満足度が増している実感があります。旅先でライブ記録を続けながら移動するスタイルもとても楽しい。

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

これにテーマアルバムという要素が加われば、旅の記憶は俄然カラフルになることでしょう。まだ行き先も決まっていないというのに、ちょっとした知恵を拝借しただけで、次の旅がこんなに楽しみになるなんて。

街を眺める解像度を上げるという課題はあれど、小さな大発見に心が震えて今夜も酒が旨いのでありました。

 




関連記事

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

マニラニノイアキノ空港ターミナル移動で疲労困憊。

眠いです。 ただ今マニラでトランジット中。 セブパシフィック使って珍しくオンタイムに

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その4. 台南駅 台鐵素食便當。

台南での街歩きを堪能した後、ここからの経路を考える。 当初のなんとなくの予定では台南の

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

増え続けるばかりで、整理の仕方がわからない。

先日ようやくマイマシンのメンテナンスを行いました。 軽くて小さい、はどれくらいもってく

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    時間とお金を工面してわざわざ異国へ出向いておいて、やることといえばほぼ日常生活。非日常で発見する新鮮な発見こそが旅の醍醐味だとするならば、こんなやり口はやはりもったいないのだろうけれど、知らない土地でありながらまるで勝手知ったる住人のように振舞うのもまた楽しい旅の贅沢なのです。

    これは同意ですねー
    さすがに外せない観光地は行きますが
    後はいかに街で過ごすか。
    ただ、ただ歩き回るだけ。夜は呑むだけ。
    贅沢だと思うのです。

    なるほど、音楽ですか…
    音楽関連の仕事してるのに思いつきませんでした。
    私は本です。海外旅行で本。
    なかなか悪くないものがあります。

    このところエビエビ生活なんですね。
    けしからん!ww

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      旅といえば街散策と酒がメイン、という我々のような贅沢旅人にはこのアルバム作戦、すごく効果的な気がしませんか?考えるだけでどこかへ行きたくなります。読書と組み合わせることも可能なので、ちゅーなーさんもぜひ次回の旅でお試しください。

      おエビ様王国住人より。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑