ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

公開日: : 最終更新日:2021/07/08 音楽、映画、芸術、世界

ここ数年、ドキュメンタリーを含めインド映画をよく観るようになりました。

餃子のひだと10万人の無料食堂

歌と踊りありきで展開されるTHEボリウッドな感じも悪くはないけれど、誰も歌わず、踊らない作品もあるわけで。

インド映画もどんどん変化していくのだろうな…って、今回観た「THE LUNCH BOX」は、アメリカやフランスも制作に関わっている上に、もう7年も前の作品でした。

ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

本作品は元々、ムンバイの弁当配達システム・ダッバーワーラーのドキュメンタリー映画を撮る企画から始まったそうです。

インドの大都会ムンバイでは、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人たちがランチタイムに弁当をオフィスに届けて回る。

本作中に「イギリス皇太子が見学に来るぐらい世界から注目されている仕組みなんだ」という台詞があるように、確かに興味をそそるシステムではあります。

「出勤時にお弁当を持参する」という選択肢がないことが不思議なんだけど、ラッシュ時にあの大きな弁当箱は持っていけない、ということなのでしょうか。それとも、できる限り作りたての温かい料理を食べたいから?列車は定刻に発車しなさそうなのに、こと弁当に関しては遅延や誤配は驚くほど少ないのはなぜ?

ムンバイの弁当事情に疑問はたくさんあるけれど、それは置いておいても全編通して心地よいリズムが流れておりました。

冷めきった家庭に絶望した主婦と、妻に先立たれた早期退職目前の男性の、弁当を介した不思議なつながり。ラブストーリーと捉えるならばさほど目新しい展開ではないけれど、リズムは好みだ。カット割りとかセリフの間とか、声だけしか登場しない人の存在とか。やたら馴れ馴れしくちょっとイラつくキャラの男性部下の存在も、よいアクセントでした。

結局、映画とか音楽とかの好みってリズムや間がすべてなのかしら。同じストーリーでも撮る人が変われば全く別物に仕上がるし、同じ曲でもアレンジによって好きになったり嫌いになったりするもの。

日々食すものが体を作るのと同じように、目や耳で吸収するものが人それぞれの間やリズムをつかさどる要素なのだとしたら、しょうもないもの観たり聞いたりしてる場合じゃないよね。別に映画を撮らなくたって、すべての人の生活のそこかしこで、リズムや間はにじみ出るものだから。

雰囲気イケメン最強説。

坪和さんのインド屋台動画が好きでよく観ているせいもあって、近頃なんだかインドの風景ばかり見ている気がする。でも、自分はインドには行かないし、行けないなあ。パクチー大国だもんなあ。そんなことより、インドは現在大変な状況にあり、ダッバーワーラーにも大きな影響を受けているらしい。

ラストはどちらに転んでも嫌だったので、観ている側にとってはこれがいちばんいい落とし所な気がします。エンドロール前のダッバーワーラーたちの歌声が、とてもよい。

大人がひとりで暮らすには




関連記事

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

By: Jordan Cameron[/caption] 捨てる捨てる詐欺とうとう脱出。

記事を読む

初秋になおグッとくる、2つのSaudade da Bahia。

ワールドカップの影響というわけでもないのですが、この夏はブラジルものばっかり聴いてました。 ブラ

記事を読む

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

ボサノバ日和のElis Regina。

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。 ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁っていました

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

→もっと見る

PAGE TOP ↑