ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

公開日: : 最終更新日:2021/07/08 音楽、映画、芸術、世界

ここ数年、ドキュメンタリーを含めインド映画をよく観るようになりました。

餃子のひだと10万人の無料食堂

歌と踊りありきで展開されるTHEボリウッドな感じも悪くはないけれど、誰も歌わず、踊らない作品もあるわけで。

インド映画もどんどん変化していくのだろうな…って、今回観た「THE LUNCH BOX」は、アメリカやフランスも制作に関わっている上に、もう7年も前の作品でした。

ダッバーワーラーの手拍子とリズム。

本作品は元々、ムンバイの弁当配達システム・ダッバーワーラーのドキュメンタリー映画を撮る企画から始まったそうです。

インドの大都会ムンバイでは、ダッバーワーラーと呼ばれる弁当配達人たちがランチタイムに弁当をオフィスに届けて回る。

本作中に「イギリス皇太子が見学に来るぐらい世界から注目されている仕組みなんだ」という台詞があるように、確かに興味をそそるシステムではあります。

「出勤時にお弁当を持参する」という選択肢がないことが不思議なんだけど、ラッシュ時にあの大きな弁当箱は持っていけない、ということなのでしょうか。それとも、できる限り作りたての温かい料理を食べたいから?列車は定刻に発車しなさそうなのに、こと弁当に関しては遅延や誤配は驚くほど少ないのはなぜ?

ムンバイの弁当事情に疑問はたくさんあるけれど、それは置いておいても全編通して心地よいリズムが流れておりました。

冷めきった家庭に絶望した主婦と、妻に先立たれた早期退職目前の男性の、弁当を介した不思議なつながり。ラブストーリーと捉えるならばさほど目新しい展開ではないけれど、リズムは好みだ。カット割りとかセリフの間とか、声だけしか登場しない人の存在とか。やたら馴れ馴れしくちょっとイラつくキャラの男性部下の存在も、よいアクセントでした。

結局、映画とか音楽とかの好みってリズムや間がすべてなのかしら。同じストーリーでも撮る人が変われば全く別物に仕上がるし、同じ曲でもアレンジによって好きになったり嫌いになったりするもの。

日々食すものが体を作るのと同じように、目や耳で吸収するものが人それぞれの間やリズムをつかさどる要素なのだとしたら、しょうもないもの観たり聞いたりしてる場合じゃないよね。別に映画を撮らなくたって、すべての人の生活のそこかしこで、リズムや間はにじみ出るものだから。

雰囲気イケメン最強説。

坪和さんのインド屋台動画が好きでよく観ているせいもあって、近頃なんだかインドの風景ばかり見ている気がする。でも、自分はインドには行かないし、行けないなあ。パクチー大国だもんなあ。そんなことより、インドは現在大変な状況にあり、ダッバーワーラーにも大きな影響を受けているらしい。

ラストはどちらに転んでも嫌だったので、観ている側にとってはこれがいちばんいい落とし所な気がします。エンドロール前のダッバーワーラーたちの歌声が、とてもよい。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

ボサノバ日和のElis Regina。

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。 ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁っていました

記事を読む

70’S原宿カルチャーを代官山で。東京散歩・渋谷区

近場の旅でも旅は旅。 ということで改めて東京都内をしっかり「歩く」お遊びを続けています

記事を読む

大人の友情、20年後のリアリティ。

12月から「And Just Like That」がスタートするとのこと。 そう、あ

記事を読む

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

めちゃくちゃ面白かった〜!と言ったら、友人に軽く苦笑されました。 限りある貴重な時間を溶かして

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メールチェックをしていると「Ama

記事を読む

アリババの休日とリア充の爆発。

始まっておりますゴールデンウィーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたくしは暦に逆らって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑