代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

公開日: : 最終更新日:2020/03/16 日常, 音楽、映画、芸術、世界

watch

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。

あれ、なんだっけ?と考えていて、似たストーリー展開だけど、全然別の古い映画を観る。

こっちは、1年じゃなくて、1日。

仕事で訪れた田舎町での2月2日が、延々と繰り返されるというストーリー。

代わり映えのしない毎日が永遠に続く恐ろしさ

最初の数日、というか、数回目から主人公の男は、突然やってきたその奇妙な状況を恐る恐る、楽しむ。

誰に会って、何が起こるとわかっているから、自分本位に好き勝手に振る舞う。誰かを傷つけても、犯罪に手を染めても、どうせまた昨日に戻っているのだから、やりたい放題好き勝手でOK!という、刹那的な行動を繰り返す。けれど次第に虚しくなり、いい加減ループから抜け出したくて、自暴自棄になっていく。

件のドラマのほうは確か、その1年に起こる出来事を熟知しているメリットを活かしてロトだか万馬券だか当てたり、株だか事業だかで大儲けするエピソードがあったと記憶しているが、リピート範囲がたった1日じゃ、さほどいい思いはできない。

退屈な生活をしている人が「毎日代わり映えのない平凡な毎日の繰り返し」なんてことを言ったりするけれど、昨日と寸分違わぬ1日がやってくることはありえないし、今日起こるであろう出来事を全て把握できる人などいない。

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

1年ならともかく、いや、それもしんどいが、寝て、起きたら、また「昨日」が始まり、何一つ代わり映えのない同じ1日を過ごすのは、確かに相当辛そうではある。退屈を退屈とは思わず、暇つぶしならいくらでもできる私ですら、ちょっとゾッとする。

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

けれど、ただただ救いようのないストーリーではない。同じ1日でも、主人公が取る行動によって、結果が変わっていくのだ。

昨日は彼女にああ言ったらこうなったから、「明日の昨日」が来たら、もっと違う接し方をしてみよう。自分が今置かれている状況について、正直に話してみよう。目覚ましと同時にラジオから流れる曲も、窓の外を歩く人たちも、宿のマダムの挨拶も、昨日と全く同じ1日が繰り返される中でも、どう振る舞うかによって、その後に起きる出来事は違っていく。数十年ぶりに偶然会っただけなのに、執拗に保険営業をかけてくるウザい同級生ですら、こちらの対応次第で相手の態度も変わっていく。

周りで何が起こっていようとも、何も起こっていなくても、自分の行動は自分で選べる。イベントごとに分岐点があって、どちらを選ぶかでその先のストーリーが変わるゲームのように。

それは現実でも同じなのだけど、ゲームや映画と違うのは、寝て起きたら昨日じゃなくて普通に明日になる点。実世界での時間は容赦無くさらさらと流れていくので、昨日のあの失敗を元の位置に戻ってやり直せはしない。

だから、昨日までと同じがいやならば、今日から違う選択をするとか、別の見方をするしかないし、それができるのは自分しかいない。

その出来事に意味を持たせるのは誰だ。

観るタイミングによって感じ方が変わりそうで「リピート」したくなるようなストーリーだけどこれ、とにかく邦題が酷すぎないか。「Groundhog Day」がなぜ「恋はデジャ・ブ」になるのか。この手のこそばゆいタイトルつけられたら、妙な先入観というか、気持ちの持っていき方が、こう、なんというか。ねえ。

 




関連記事

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

アレクサとプライムデーと私。

優柔不断が服を着て踊っていると揶揄される私だって、やるときゃやりますよ。ということで、前回

記事を読む

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

めちゃくちゃ面白かった〜!と言ったら、友人に軽く苦笑されました。 限りある貴重な時間を溶かして

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 ダウンタウン

記事を読む

継続できない人が続ける方法。

ボキャブラリ強化のため久しぶりに再開したiKnow! 有言実行、TOEIC600点超え

記事を読む

爆笑で目覚める朝の愉快。

爆笑して目が覚めた。こんなに大きな声を出して笑ったのはいつぶりだろうか。というくらい、笑

記事を読む

ギリギリ思いとどまってよかった。

年明けから最注力していた案件がようやく落ち着き、久しぶりにそこそこ時間に余裕がある平日。心な

記事を読む

おばさんホイホイは真実だった。

以前友人が突然アイドルグループにハマった話を書きましたが。 モノを持たない人間の好奇心

記事を読む

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだで100をうんと過ぎて、まだま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

→もっと見る

PAGE TOP ↑