音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 ミニマルライフ, 捨てる, 音楽、映画、芸術、世界

By: tim

By: tim

前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいました。

参考 音楽CDをデータ化 rio65trio/rio65trio (1965)

記事を書くにあたって改めてあれこれ調べたり、挙句の果てに新たにCDが欲しくなってしまったり、と、これはお片づけ的に考えると良くない方法かも…。

と思ったのですが、それはそれで面白いので続けることに。

こつこつとデータ化したCDは後日まとめて売却予定なので、例によって完全なる備忘録です。



今日のデータ化CD groovy vol.4 (1999)

groovy vol.4

a collection of rare jazzy club tracks. イタリア・IRMAレーベルからリリースされた1枚です。
これを購入した当時はIRMAの日本拠点ってなかったように記憶しているのだけれど、今は東京にショップもあるんですね。

その昔、なぜか「コンピレーションアルバムを買うなど邪道」という妙な思い込みを持っていたのですが、このアルバムを購入した頃にようやくラテンジャズやイタリアンラウンジ系のコンピを自分に解禁したような記憶があります。

コアな音楽マニアでもない癖に、あのこだわりはなんだったのか…。
おそらく、ただのカッコつけでしょう。

まあそもそもレコード世代ですからね、「B面1曲目にあれを持ってくるところがいいよね!」みたいなどうでもいいことを熱く語った経験があるのは私だけではないはずです。

モノを持たずに身軽に暮らす

さて、私が持っているのはこの「vol.4」1枚だけですが、今確認してみたら同シリーズは6枚リリースされていたようで。

本作中でお気に入りはTHE FLAMINGO GROUPの「Chain Of Fools」。

Aretha Franklin のカバーですね。今これを書いていてTHE FLAMINGO GROUPがチェコのグループだったことをはじめて知りました。そうだったのか…。
この曲、ボーカルはMarie Rottrováがつとめています。なんとなく彼女の声って小さな男の子みたいに感じるのはなぜだろう。

 

いやあ、ジャケットが素敵ですね。素晴らしく好み。

あとはBattened Ships「ODISSEY」、Norma Benguell「Fever」もいいです。
Feverはいろんな人がカバーしてておおよそ気だるい感じのアレンジが多いのだけど、私が一番好きなのはアップテンポでソウルフルなアレンジのヤツなんだよなー。

あれ、誰だっけ?

…と、必死で探したのだけど見つからず。うわー気持ち悪い、誰だったっけー??

何でもかんでもデジタルがいいとは全く思わないけれど、全てデータ化していればこういう時にすぐに検索できるという点ではやっぱりいいなあ…。

※追記 と言いつつ、この後本格的にCDのデータ化に着手したのは2015年秋のこと…
関連 部屋にモノが多くて困っています。

 




関連記事

condiments

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

wimax2+ wx03

WiMAX2+ギガ放題プランにてMX03へ機種変更。

By: Jerome Bon[/caption] 悩んだ挙句に決めました。 これから2

記事を読む

By: Billie Grace Ward

今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

By: Billie Grace Ward[/caption] ファッションアイテムの中でも

記事を読む

shirtsdisp

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

By: Håvar og Solveig

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

By: Nick Page

今日捨てたもの 12/28 清々しく新年を迎える準備。

By: Nick Page[/caption] 久しぶりの「捨て記事」です。 年末は否

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

ミニマリスト 女性 ファッション

ミニマリスト女性の服とファッション。

本日は服とファッションのお話を。出来るだけモノを持たずに生活したい、とはいえ適当なものを選ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

→もっと見る

PAGE TOP ↑