腹が痛くなるまで笑っていない。

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 生き方と考え方

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える、腹が痛くなる、腹がよじれる、なんてのがあります。

面白みの原点は、いつも腹にあるのでしょうか。

よじれるという感覚はよくわかりませんけれども、笑いすぎて腹が痛くなった経験なら何度もある。

さて最近、腹が痛くなるまで笑ったことありますか?

腹が痛くなるまで笑っていない

おかげさまで日々面白おかしく過ごしておりますので、ニヤリとかクスリとくることは多々あります。割と口元に笑みを携えて暮らしてはいます。

しかし、横隔膜がどうこうなるような爆笑の渦に身を任せることはない。最近声を出して爆笑したのはいつだっただろうか。

爆笑で目覚める朝の愉快。

あ、7ヶ月前に思いっきり笑ってるわ。でもこの時は、何が面白くて爆笑したのか結局わからなかったので、ノーカンでしょう。

就寝中の爆笑を除外すると、起きている間に笑った記憶がない。ということは、多分、笑ってないのですよ。夢の中でしか笑ってなんて、どこか悲しく、いろいろ心配にならなくもありません。

涙の効果に興味なし

そして同時に、泣いてもいない。もともと泣くことへの興味関心が薄く、号泣などもってのほか。「泣ける映画」という売り文句も大嫌い。なんでわざわざ時間とお金使って泣かなきゃならんのだ。

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

涙にはデトックス作用があるとかないとか聞くけれど、万人に有効なメソッドではなく、泣いてスッキリする人向けなんじゃないか。

笑いにも健康効果があるとかで、ご老人朝から公園に集ってワッハッハ!みたいな前向きさは、傍目にとても微笑ましい。しかし自分が参加しようとは思わない。まず集うところから性に合わない。

などと笑いと涙について文句や言い訳を並べ立ててはみましたが、どちらかといえば、笑いたいです。欲を言えば、爆笑したい。よじりよじられ、腹を抱えたい。

どうです奥さん、最近、笑ってますか。

泣ける映画はいらないので、腹抱えて笑える映画、なんかないですかね。できればPrimeで観れるヤツ。コメディといえば、Silicon Valleyの最終シーズンははまだなのか。

ポチポチさまよってたらYESTERDAYが来てた。週末はこれ見ようっと。

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇




関連記事

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

自分の名前が書けなくて。

By: Caleb Roenigk[/caption] 本日は執拗に自分の住所氏名を書きまく

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

少々辛気臭い記事になりますが。 先日友人と話していて気がつきました。 「私たち、

記事を読む

人に何かをすすめるのはものすごくパワーがいる。

By: Christian Schnettelker[/caption] このブログはWor

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所邸の屋上では高価そうなBBQセ

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑