強い気持ち、強い愛、経験値の違い。

公開日: : 最終更新日:2019/06/07 音楽、映画、芸術、世界




daikanyama31

いかにもメロメロして泣かせにかかってくるヤツより、ある程度のアホっぽさとかドライな質感を持つもののほうがよっぽどクる、ということはあります。

でも、友人一推しの「SUNNY 強い気持ち、強い愛」には、それほど反応しなかった。

事前に入れた情報は時代背景のみ。というか、タイトルを見ればまるわかり。ストーリーやキャスト、一切の予備知識がない状態で鑑賞し、終始淡々と眺めていました。

友人はどストライクに嵌りまくったというが、それはおそらく、エリアと年代、そして経験値の違いかと。

強い気持ち、強い愛

daikanyama24

安室奈美恵のヒット曲でスタートする本作の舞台は1990年代の東京。茶髪、厚底、ルーズソックスの女子高生が渋谷を闊歩していた頃のお話です。

もしかしたらこれから観る方もおられるかもなので内容ネタバレは避けますが、つい最近のことに思えるギャル文化もすでに20年以上前なのだと思うと気が遠くなりますね。

何度見ても泣いてしまう、という友人は、まさに90年代の人。センター街を意味もなくうろついたり、カラオケでTRF歌ったり、プリクラに並んだりしていた、もしくはそんな同級生を見ていた青春時代を送ったからこそ、細かなディティールにいちいち反応してしまうのでしょう。

友人のように、本作で胸の奥をこちょこちょくすぐられてしまう人は、思い当たる節、つまりは青臭いズッ友要素を温めた経験があるのではないかと推測します。これが、経験値の違い。仲良しグループ経験があるかないかの違い。なくてすみません。

渋谷は遠い、オザケンはラジオの中に

tokyotower8

90年代ギャルブームは自分が社会人になってから起こったものであったし、渋谷の匂いを纏うムーブメントだったから、足を踏み入れることのない遠い場所、またはテレビや雑誌の中でだけ盛り上がっている祭りみたいな感覚で捉えていたんだな。と、この映画を観て気付く。

そしてエリアギャップについてはもう一点、これは単なる地方出身者の身勝手で申し訳ないくらいなんだけど、ネイティブじゃない関西弁による新喜劇フレーズ捲し立てにハラハラする同県民。自分で言ってて嫌すぎるが、感覚として持っているものは仕方あるまい。

なんか文句ばっかり言ってるみたいになってますが、それなりに楽しんだんですけどね。

田舎から都会に出てきた素朴娘がすっかり街文化に嵌り迎合してしまうって、どちらかというとよろしくない傾向のように感じてしまうけれど、服とかメイクとかちょっとした夜遊び程度の冒険ならば、意味はなくとも心底楽しめるのであれば、ビバ迎合だね可愛いね、とは思いました。純粋に広瀬の可愛さでもあるが。

音楽についても、メインストリームに乗れず、ど真ん中世代でもない私でさえ知らない曲はひとつもなかった。2010年代を舞台にしたドラマを20年後に作るとして、誰もが「あの頃(今)」を思い出すような曲って、そんなにはないよなあ。そういう意味では、マス的なこの手法っていずれ使えなくなるのかな、などと考えたり。

そしてタイトルにオザケンをもってきたのは、とてもいい。

私がオザケンを聴いて思い出すのはセンター街でも竹下通りでもウキウキ通りでもなく、当時勤めていた会社のデザイン室であり、ライトテーブルの前で毎日聴いていたFM802なんだな。そういや、ヒロT引退だそうで。

 




関連記事

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

ボサノバ日和のElis Regina。

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。 ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁って

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だった。 もちろん自発的に

記事を読む

バーフバリ、伝説、凱旋、願いは叶う。

どうもこんにちは、マヒシュマティ王国の民です。 王と共に生きるよろこび...!

記事を読む

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自覚なき疲れを軽視しないで。

奥さん、4月です。 早くに桜も咲いたというのに、浮かれて花見もで

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

→もっと見る

PAGE TOP ↑