自分で選んでおきながら文句。

公開日: : 最終更新日:2020/08/03 音楽、映画、芸術、世界

振り返れば特別なことは何もしてなかったおこもり期間ではありましたが、映画や本に費やす時間はたっぷりありました。

あったはいいが、なぜかスッキリしないものばかり観てしまった。

聖者たちの食卓」に引き続き観たインド映画もまさにそう。

ビジュアルの可愛らしさからしてもっと朗らかなヤツを想像していたのに、してやられました。

やりきれない気持ちのピザ

ピザ!」は南インド・チェンナイのスラム街で暮らす幼い兄弟の物語。街にピザの店がオープンしたことをきっかけに、兄弟は未知の食べ物にすっかり魅了されてしまう。

オープニングセレモニーに招待されたセレブがピザを頬張る所作に憧れたり、どんな味かと想像したり、ピザを買うために知恵を絞ってお金を貯めたりする様子は微笑ましい部分もあるのだけれど、どういう視点を持てばよいのか、迷う。

食べることが楽しみ、は虚しいか。

いやいやいや、それでええんかい。と突っ込みたくなるストーリー展開は歯がゆさ満載だし、金と欲に目が眩んだ大人の思惑が交差する様は目も当てられない。ラストシーンの2人の会話だけが唯一の救い、なのか。いや、ピザ好きですよ。美味しいやつは、美味しい。

自分で選んでおきながら文句

そしてもう1本。納得いかないといえば「パターソン」。こちらはニュージャージー州・パターソンに暮らす、パターソンという名のバス運転手とその妻、そして愛犬ブルドッグの静かな日常を描く物語。

激しいドンパチとか流血とかスクリームとかが心底苦手なもので、これといった事件も起こらず淡々と日常を描く構成はとても好み。なのに、奥さんの無邪気さが辛い。作品の本質とは全然関係ないところが気になってモヤモヤするって、これぞお門違いだけど、なんか辛い。美しくてキュートなんですけどね。パイとギターがどうもね。

自分で選んでおいて納得いかないってアホですかという感じですが、こんな時だし、もっとスカッと爽快なやつを選べばよかった。インド映画なら、バーフバリくらいに振り切ったやつ。

バーフバリ、伝説、凱旋、願いは叶う。

ところで、シリコンバレーはシーズン6で終わっちゃったみたいですね。

英語の勉強に役立たない海外ドラマ。

最終シーズンがPrimeで公開されるのを、今か今かと待ちわびています。シリコンバレーといえばチアン・ヤン役のジミー・O・ヤンのスタンダップ「人生はお買い得」を見て驚く。この人ってコメディアンだったのか、全然知らなかった。そして私も「チアン・ヤン、英語話せる…」と思ってしまいました。

しかしこの手のアジア人ネタは確かに「Nothing has changed」だなあとまた複雑な気持ちに。いや、1時間のトークは圧巻だし、面白い上にちょっぴり感動的なところもあるんですけどね。

って、自分で選んでおきながら、文句が多いな。

自分で選ぶ人生、一人で生きることの意味。

とにかくこの春は思いがけず時間があったおかげで、普段は選ばないものまで観れたし、読み放題キャンペーンにのっかり仕事関連の資料も読み漁り、ずっと気になっていたエッセイにも着手できた。まだまだ積ん読中の本もたっぷりある。

今回はさすがにmusicにまで手出ししなかったけれど、こちらも6/16までキャンペーン延長だそうで。潰す時間なんて、もうないわあ。




関連記事

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だった。 もちろん自発的に

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

大人の友情、20年後のリアリティ。

12月から「And Just Like That」がスタートするとのこと。 そう、あ

記事を読む

アレクサとプライムデーと私。

優柔不断が服を着て踊っていると揶揄される私だって、やるときゃやりますよ。ということで、前回

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 ダウンタウン

記事を読む

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来

記事を読む

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

チコタンのアホ。

日々歌い踊りながら面白おかしく暮らしている私ですが、中でも「ハモる」という行為がことのほか好

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑