ボサノバ日和のElis Regina。

公開日: : 最終更新日:2016/06/26 世界の音楽と芸術

brazil

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。

ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁っていました。夏っぽくね。
ボサノバに限らず、70年代モノを中心にロック、ジャズ、ファンク、ラウンジ、音楽は広く浅く好きなのですが、特にワールドミュージック系は好きでCDもかなり買いました。ミニマリストとしては今その処分でヒーヒー言っているわけですが、どれも私に幸せな時間をくれた宝物たちです。

で、今日はボサノバ気分でとあるチャンネルを流していたら、大好きな歌声が。




Elis Regina。彼女の声も曲も大好きで、いろんな音源を持っているのですが、ライブ映像がyoutubeに上がっていたなんて今日の今日まで知らなかった…。

そして、彼女の人生についても詳しく知りませんでした。

ブラジルの歌手。1960年代から1970年代にかけて、ブラジルで最も人気のある女性シンガーであった。
彼女のヴォーカルは、心躍らせる歌声と優れた抑揚を持ち合わせており、特にアップテンポなナンバーに卓越していた。 「Furacão(ハリケーン)」や、「Pimentinha(ピメンチーニャ、小さな唐辛子)」といった愛称で呼ばれた。

私が彼女の歌を知ったのは1990年代のクラブミュージック。ボサノバについても改めて調べてみると、ブラジルでは日本の演歌のようなお年寄りが好む音楽、という位置づけらしい。日本ではクラブシーンやカフェミュージックとしてもボサノバが盛んに取り上げられましたが、ブラジルからすれば、日本って異様にボサノバ好きな印象があるみたい。日本マーケット向けにCDを出したら売れる!みたいな。

し、知らなかったよ…。

1982年にコカイン中毒とアルコール中毒によって死去。36歳没。現在、彼女はサンパウロのモルンビ墓地に葬られている。その短いキャリアの中で、数々のトップセラーを記録した。

あれほどの才能に恵まれながら薬と酒に蝕まれ、36歳という若さで他界していたElis Regina。改めて知ろうとすると、なんだか驚くことが多いですね。

で、ブラジル繋がりで調べていて、もうひとつ驚いたこと。

Jorge Benって、まだ生きてたんだ!
というか、意外と若かったのね…。だって、マシュケナダだよ?往年のボサノバ歌手、っていうイメージだったけど、実はまだ60代。恥ずかしながら、Jorge BenとJorge Ben Jorって別人だと思ってました…。

Taj Mahal 最初に聞いた時はなんか爆笑した。なんじゃそれ、と思って。壮大すぎ、と。
言葉がわからないのでどんな意味が込められているのかわからないけれど、凄いな、と思ったのは事実。

そりゃ、Rod Stewartも拝借したくなるよね。当時は全然気付いてなかったけど。

>>参考
ジョルジ・ベン 「タジ・マハール」 VS ロッド・スチュワート 「アイム・セクシー」
(ホンモノを聴け!)

と、なんだかあれこれ書き散らかしましたが、今日は見事なボサノバ日和でした。
お年寄りの音楽でも、やっぱ好きだな。

Um Dia
Um Dia

posted with amazlet at 14.07.27
Regina Elis
Warner Import Argentina (2012-05-22)
売り上げランキング: 288,675





関連記事

By: Thomas Beck

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

ny_dt_30

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 関連 ダウン

記事を読む

HotelEdison_NY_9

究極のミニマリストがあまりにもしんどくて哀しい。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。 このフレーズを額面通りに受け取ればとてもポ

記事を読む

sumida_93

アリババの休日とリア充の爆発。

始まっておりますゴールデンウィーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたくしは暦に逆らって

記事を読む

By: PascalSijen

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばら

記事を読む

By: Charleston's TheDigitel

腕を頼りに旅をする。フードトラック始めました。

By: Charleston's TheDigitel[/caption] こういう映画、好

記事を読む

By: Jordan Cameron

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

By: Jordan Cameron[/caption] 捨てる捨てる詐欺とうとう脱出。

記事を読む

NY_upsndmid_2

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

itunes151126

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

Another Day of Sun. 初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑