ボサノバ日和のElis Regina。

公開日: : 最終更新日:2016/06/26 音楽、映画、芸術、世界




brazil

昼からワインを楽しむ贅沢な日曜日。

ワインのお供にYoutubeでボサノバを聴き漁っていました。夏っぽくね。
ボサノバに限らず、70年代モノを中心にロック、ジャズ、ファンク、ラウンジ、音楽は広く浅く好きなのですが、特にワールドミュージック系は好きでCDもかなり買いました。ミニマリストとしては今その処分でヒーヒー言っているわけですが、どれも私に幸せな時間をくれた宝物たちです。

で、今日はボサノバ気分でとあるチャンネルを流していたら、大好きな歌声が。

Elis Regina。彼女の声も曲も大好きで、いろんな音源を持っているのですが、ライブ映像がyoutubeに上がっていたなんて今日の今日まで知らなかった…。

そして、彼女の人生についても詳しく知りませんでした。

ブラジルの歌手。1960年代から1970年代にかけて、ブラジルで最も人気のある女性シンガーであった。
彼女のヴォーカルは、心躍らせる歌声と優れた抑揚を持ち合わせており、特にアップテンポなナンバーに卓越していた。 「Furacão(ハリケーン)」や、「Pimentinha(ピメンチーニャ、小さな唐辛子)」といった愛称で呼ばれた。

私が彼女の歌を知ったのは1990年代のクラブミュージック。ボサノバについても改めて調べてみると、ブラジルでは日本の演歌のようなお年寄りが好む音楽、という位置づけらしい。日本ではクラブシーンやカフェミュージックとしてもボサノバが盛んに取り上げられましたが、ブラジルからすれば、日本って異様にボサノバ好きな印象があるみたい。日本マーケット向けにCDを出したら売れる!みたいな。

し、知らなかったよ…。

1982年にコカイン中毒とアルコール中毒によって死去。36歳没。現在、彼女はサンパウロのモルンビ墓地に葬られている。その短いキャリアの中で、数々のトップセラーを記録した。

あれほどの才能に恵まれながら薬と酒に蝕まれ、36歳という若さで他界していたElis Regina。改めて知ろうとすると、なんだか驚くことが多いですね。

で、ブラジル繋がりで調べていて、もうひとつ驚いたこと。

Jorge Benって、まだ生きてたんだ!
というか、意外と若かったのね…。だって、マシュケナダだよ?往年のボサノバ歌手、っていうイメージだったけど、実はまだ60代。恥ずかしながら、Jorge BenとJorge Ben Jorって別人だと思ってました…。

Taj Mahal 最初に聞いた時はなんか爆笑した。なんじゃそれ、と思って。壮大すぎ、と。
言葉がわからないのでどんな意味が込められているのかわからないけれど、凄いな、と思ったのは事実。

そりゃ、Rod Stewartも拝借したくなるよね。当時は全然気付いてなかったけど。

>>参考
ジョルジ・ベン 「タジ・マハール」 VS ロッド・スチュワート 「アイム・セクシー」
(ホンモノを聴け!)

と、なんだかあれこれ書き散らかしましたが、今日は見事なボサノバ日和でした。
お年寄りの音楽でも、やっぱ好きだな。

Um Dia
Um Dia

posted with amazlet at 14.07.27
Regina Elis
Warner Import Argentina (2012-05-22)
売り上げランキング: 288,675



関連記事

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

rio 65 trio

音楽CDをデータ化 rio65trio/rio65trio (1965)

By: tim[/caption] 昨日音楽CDのデータ化が一向に進まないと書きました。

記事を読む

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

究極のミニマリストがあまりにもしんどくて哀しい。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。 このフレーズを額面通りに受け取ればとてもポ

記事を読む

groovy vol.4

音楽CDをデータ化 groovy vol.4 (1999)

By: tim[/caption] 前回うっかりデータ化したCDに関する記事を書いてしまいま

記事を読む

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

チコタンのアホ。

日々歌い踊りながら面白おかしく暮らしている私ですが、中でも「ハモる」という行為がことのほか好

記事を読む

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。 布団

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の冷蔵庫
持たない暮らしの備蓄。黒くて大きいあれがある。

日頃からストックを持たない人間にはなかなか難しい状態となってまいり

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑