残酷な真実と、壁の血のり。

公開日: : 最終更新日:2020/08/03 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の忙しい時間にわざわざ持ってきてもらうのも悪いので、3分後にカウンターに戻り、焼きたてのパンを手渡される。

午後はクライアントと約2ヶ月ぶりの対面打ち合わせ。この騒動後の戦略もすでに綿密に練られており、さすがだなと感心する。こういう戦略的計画的思考のカケラでも持ち合わせていたならば、自分の辿った道筋はもう少し美しいものだっただろうか。

打ち合わせ後、山手線車内で隣席に座っていた外国人女性が、断続的に大声で叫んでいた。どこの言葉なのかは判別がつかない。電話の相手に怒り叫んでいるのだろうと思っていたら、ちょいちょい日本語らしきものも混じっていて、あれ、もしかしてひとりごと?と気になり始める。しかし、いずれも不正解。はす向かいに座っている温和そうな男性がパートナーであったらしく、荒々しい言葉の数々は、彼に向かって投げつけられていたのだった。激情をぶつけられている彼はただただ静かに彼女を見つめ、微笑むばかり。周りへの配慮からか、時折人差し指を口元にあて「しぃ〜」とやるが、応戦する気配は全く感じられない。さまざまな、愛のかたち。

夜は大根と油揚げの味噌汁、ぬか漬け、小松菜のナムル、親子煮で晩酌。簡単なもので済まそうと思ったが、常日頃簡単なものしか食べていないので、何も代わり映えしない食卓となった。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

夕食時に軽く飲んだら、風呂に入ってさっさと寝てしまう。孤独大好き人間はおこもり生活に不便を感じないものだけれど、弊害もある。たまに人と会ってみっちり話すと、みるみる消耗してしまうのだ。

すっかり明るくなった空が目に飛び込んできてしまった寝坊した!と飛び起きるも、まだ5時。そして残酷な真実と直面する。今朝の数値はウエスト-4cm、下腹-6cm。

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

夕食後にチーズやナッツをつまみにワインやらウィスキーやらを飲まなければ、腹は確実にへこむ。ここのところ、ぶどうにはまって毎夜つまみとしていたのもよくなかったか。最近よく出回っている、皮ごと食べられるぶどう。あれが妙に旨い。

すっかり日課となった朝のストレッチと腹計測をしていたら、壁にムカデのようなものが張り付いているのが見え、血の気が引く。が、よくよくみたら壁に色がついているだけで、それは血のりのようだった。壁にとまった蚊を仕留めて、壁に色がついてしまうあれの巨大版というか。

部屋に虫の残骸らしきものは見当たらなかったので、これは、私の、血か。しかし、心当たりもなければ傷跡も痛みもない。気味が悪いので早急に拭うと、どうやらチョコレートのような気もした。ますます原因がわからず、放置。




関連記事

自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

By: Garry Knight[/caption] 仕事で自分の写真が必要になったので、今

記事を読む

40代の今、エイジングケアよりシンプルケアを選ぶ理由。

By: Nadia Phaneuf[/caption] ここのところ基本部分の肌の調子はいい

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

歳をとると顔が伸びる。

顔って伸びますよね。 決して面長ではなかった私が、顔の伸びを初めて感じたのは30代半ば

記事を読む

私の知らないやすりの世界。

ガラス製の爪やすりを買いました。 生まれつきだかどうだかは定かではありませんが、何しろ

記事を読む

旅行、外出先での白髪対策。

By: Mainstream[/caption] 白髪が増えてきてしまったので、カラートリー

記事を読む

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続するとかなんとかの情報を目にして、

記事を読む

ワンタフトブラシ

40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。 きっかけは、久しぶりに行った

記事を読む

効率よく体力づくり。ただの動作を運動に変える。

By: Nick Page[/caption] 週末はふと思い立ってがっつりと歩いてみました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑