残酷な真実と、壁の血のり。

公開日: : 最終更新日:2020/08/03 健康と美容, 日常

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだという。あと3分かかるとのことで、先に2階に上がり席を確保しようとしたら、一番乗りだった。開店時間すぐに入店したのだから、当然か。朝の忙しい時間にわざわざ持ってきてもらうのも悪いので、3分後にカウンターに戻り、焼きたてのパンを手渡される。

午後はクライアントと約2ヶ月ぶりの対面打ち合わせ。この騒動後の戦略もすでに綿密に練られており、さすがだなと感心する。こういう戦略的計画的思考のカケラでも持ち合わせていたならば、自分の辿った道筋はもう少し美しいものだっただろうか。

打ち合わせ後、山手線車内で隣席に座っていた外国人女性が、断続的に大声で叫んでいた。どこの言葉なのかは判別がつかない。電話の相手に怒り叫んでいるのだろうと思っていたら、ちょいちょい日本語らしきものも混じっていて、あれ、もしかしてひとりごと?と気になり始める。しかし、いずれも不正解。はす向かいに座っている温和そうな男性がパートナーであったらしく、荒々しい言葉の数々は、彼に向かって投げつけられていたのだった。激情をぶつけられている彼はただただ静かに彼女を見つめ、微笑むばかり。周りへの配慮からか、時折人差し指を口元にあて「しぃ〜」とやるが、応戦する気配は全く感じられない。さまざまな、愛のかたち。

夜は大根と油揚げの味噌汁、ぬか漬け、小松菜のナムル、親子煮で晩酌。簡単なもので済まそうと思ったが、常日頃簡単なものしか食べていないので、何も代わり映えしない食卓となった。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

夕食時に軽く飲んだら、風呂に入ってさっさと寝てしまう。孤独大好き人間はおこもり生活に不便を感じないものだけれど、弊害もある。たまに人と会ってみっちり話すと、みるみる消耗してしまうのだ。

すっかり明るくなった空が目に飛び込んできてしまった寝坊した!と飛び起きるも、まだ5時。そして残酷な真実と直面する。今朝の数値はウエスト-4cm、下腹-6cm。

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

夕食後にチーズやナッツをつまみにワインやらウィスキーやらを飲まなければ、腹は確実にへこむ。ここのところ、ぶどうにはまって毎夜つまみとしていたのもよくなかったか。最近よく出回っている、皮ごと食べられるぶどう。あれが妙に旨い。

すっかり日課となった朝のストレッチと腹計測をしていたら、壁にムカデのようなものが張り付いているのが見え、血の気が引く。が、よくよくみたら壁に色がついているだけで、それは血のりのようだった。壁にとまった蚊を仕留めて、壁に色がついてしまうあれの巨大版というか。

部屋に虫の残骸らしきものは見当たらなかったので、これは、私の、血か。しかし、心当たりもなければ傷跡も痛みもない。気味が悪いので早急に拭うと、どうやらチョコレートのような気もした。ますます原因がわからず、放置。




関連記事

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

言わなきゃよかった、あんなこと。

一目見て、うわあ、エラいすっきりしたなこりゃ。と、素直に思いました。 親知らず抜歯痕に

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

ほうれい線対策以前に知っておくべき自分の現実。

By: anfhoang[/caption] 来る乾燥の季節にそろそろ備えたい、と書きました

記事を読む

4週間で4つのフレーズをマスターできるか。

4月最後のダンシング。 カオカオヘラヘラ 踊る女。 フラダンスはそう激しい振りは

記事を読む

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予防の手洗いやアルコール消毒が原

記事を読む

肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

By: La Melodie[/caption] 先日からほうれい線がー、とぶつぶつ言ってま

記事を読む

ヘアカラートリートメントで白髪ケア、の進捗状況。

夏頃から白髪対策として使い始めたカラートリートメントについて。 参考  【白髪ケア】ヘ

記事を読む

白髪が目立たない髪型はどれ?ショート、ロング?

By: Mainstream[/caption] 先日アイドルの女の子が巻髪などのヘアアレン

記事を読む

真夏の靴下は冷え性改善のためだけじゃない。

By: Linda N.[/caption] 梅雨時期でさほど暑くはないからかもしれませんが、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑