本職?人間だ。

公開日: : 最終更新日:2022/11/27 音楽、映画、芸術、世界

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。

岡本作品のほぼすべてを所蔵する川崎市岡本太郎美術館と岡本太郎記念館が主催者として参画。両館の全面協力のもと、主要な代表作・重要作が勢ぞろいするほか、国内各地の美術館からの出品作品を加え、岡本芸術の全容に迫ります。

展覧会岡本太郎

そういや今年は秋に太陽の塔にも行ったんだっけ。

もうそろそろ、どこかへ行きたい。

2022年は、思いがけず太郎イヤーになりました。

東京都美術館「展覧会岡本太郎」へ。

結論から申し上げると、大変素晴らしかった。

展示の内容については以下のサイトが詳しいです。

岡本太郎の大規模回顧展、東京に巡回。大阪展とはまったく違う体験を(美術手帖)

太郎作品における東西の代表作ともいえる、「太陽の塔」と「明日の記憶」がまとまった(もちろん、いずれもレプリカね)展示や、クライアントワークのデザインエリアも楽しかった(近鉄のキャップ懐かしい!ウイスキーのノベルティの顔グラス欲しい!)けれど、今回最も印象に残ったのは「過去作品への加筆」でした。

「春」「娘と犬」など、長らく行方不明とされていた初期作品が、実は後年太郎の手で加筆修正され再発表されていたらしい。ということが近年の研究でわかってきたそうで。

価値ある作品を加筆修正というと、以前大騒動になったスペインのキリスト画修復事件を思い出さなくはないですが、太郎の場合は本人の意思により、本人が手を入れたもの。自身の作品をどう扱おうが勝手だし、太郎は自身の作品をほぼ販売しなかったのだから、他人の所有物に手を加えたわけでもない。何も問題はありません。

でも、すでに発表して、評価された作品を、上書きしちゃうんだ!という驚き。過去の栄光に固執せず、己を型にはめず、前進し続ける。そんな姿勢の表れなのか。もしかしたら「うーわ、昔の自分恥ずかし!下手!手直ししたろ!」みたいなノリだった?さすがにそんなわけないか。

ところで、音声ガイドを担当した阿部サダヲ氏について。ちょいちょい太郎のモノマネ入っていたのは気のせいでしょうか。

こういうのって、行きたいと思っててもうっかり期間逃しちゃったりしがちじゃないですか。特にそろそろ師走(!)に入ってただでさえ慌ただしくなる時期、早めに予定入れてお出かけください。12/28まで開催、金曜日は20時までやってますよ。

上野「北畔」酒の肴盆。

上野北畔

美術館を出て向かったのは、上野の居酒屋「北畔(ほくはん)」。料理研究家の阿部なをさんが昭和34年に創業した、東北料理がいただけるお店です。

上野の居酒屋 北畔

開店すぐの時間にも関わらず、テーブル席にはすでに数組のお客さんが。私はひとり客にちょうどいいカウンター席に通されました。

ここ北畔の「酒の肴盆」なる6種のつまみがセットになったメニューがずっと気になっていたのですよ。ビールと共にオーダーすると、店員さんは

「はい、お盆ですね」

とにっこり。そうか、お盆で通るのか。次からは私もお盆お願いしますって注文しよう。

お通しの銀杏をつまみながらビールを飲んでいると、やってまいりました。

酒の肴盆

小松菜のおひたし、もずく酢、しらたきのたらこ和え、にしんの切り込み、かにみそ、とんぶり、バイ貝の煮付け。

寒さ厳しい地域の料理は濃い味付けのものが多い印象があるのだけれど、こちらのおひたしやたらこ和えは私好みのやさしい味。その分、かにみそやにしんの塩辛さが引き立つバランスの良さにうっとりします。

これは早々に、日本酒に切り替えねば!

北畔

青森の地酒、じょっぱりを選択。お猪口に並々注がれいてこれまたにっこり。

季節ごとに変わる一品料理や冬限定の鍋料理も魅力的だけど、中年女のひとり飲みでは到底戦えそうにない。一方で、このお盆のちょうどよさときたら。

それぞれのうつわのサイズは小さく可愛らしく、肴は一口、二口で食べ終わってしまうくらいの量。でも、あれこれちょこちょこつまみんでちびちびやりたいひとり飲みには、この小ささがかえってありがたいってもんですよ。

お会計は酒2杯とお盆で3千円ちょっと。カウンターは居心地がいいし、お盆も楽しいし、またこよう。

気になる場所へ出向き、心踊る体験をして、美味いものを食べ飲みする。私が人生で最も大切にしたい時間を満喫できた、大満足の1日でした。

私だって本職は、人間だ。だからこそ、日々自分の本質を大切にしながら過ごすのだ。


大人のたのしい一人暮らし




関連記事

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メールチェックをしていると「Ama

記事を読む

時間はあるのに、減らせない理由。

その後も積ん読を丹念に築き続けております。 積ん読と併読と私。 なのになぜか懲り

記事を読む

ストロベリーフィールズ

自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と交通事故を境に、The Bea

記事を読む

書店にいる、迷惑な客ですらない客。

大きな荷物をがっさり処分して以降、特にこだわりのないものに関しては電子書籍で読む派になりまし

記事を読む

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

時がとまっているおばさん。

最近「ガラスの仮面」を読みはじめました。実は私、昭和の女でありながら、今まで読んだことがな

記事を読む

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。 布団

記事を読む

限りある貴重な時間を溶かしている。

短期間で2周した話。 王さまが気はやさしくて力持ちすぎて、それを観られただけでもよかっ

記事を読む

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

Comment

  1. まろにー より:

    またまたコメント失礼しますー
    例の深蒸し焼きそばを
    やっと食べたのです
    私の好きな焼きそばが
    見つかりました!
    もうこれしか食べない!笑
    もちろん目玉焼きも乗せて…

    とても美味でした
    有益な情報を
    ありがとうございます!

    そして、私もよく上野で
    一人酒をやるのですが、
    北畔、素敵なお店ですね
    一人だと大統領や味の笛に
    よく行くのですがそことはまた
    違った良さのお店!
    絶対に行こうと思ってます

    そして、目玉焼きだけかと
    おもったら厚焼き卵まで…
    私にはたまらない情報ばかり…
    本当に毎回ありがとうございます

    • crispy-life より:

      まろにーさん

      早速深蒸し焼きそばのご感想をいただけてうれしいです!って、別に私が作ったんじゃないですけども、妙にありがたく感じるのはなぜでしょう。周りでこの焼きそばを知っている人がいないので、感想を共有できずにいましたが、焼きそば好きまろにーさんのお口にも合ったならば、これからはさらに自信を持って人様におすすめできます。

      そして味の笛に大統領とは!わたくしもよく立ち寄る店であります。これからの季節はたきおかで牛にこみってのもいいですね。北畔もぜひ行かれてください〜。また機会があれば酒場ネタも書き連ねてまいります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑