音楽CDをデータ化 rio65trio/rio65trio (1965)

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 ミニマルライフ, 捨てる, 音楽、映画、芸術、世界

By: tim

昨日音楽CDのデータ化が一向に進まないと書きました。

参考 今日捨てたもの 2/9 寝かせても使わないものは使わない。

今の住まいに引っ越して来た時点でCDはそれまで所有していた半数程度にまで減らしたのですが、まだまだ手元にたくさん残っています。

一気にデータ化して現物を処分してしまえればいいのですが、手持ちの古いラップトップでの作業はなかなか進まず…。

と言っていても仕方ないので、こつこつと実行に移すことにしました。
今のところCDは全て処分するつもりですが、もしかしたら持ち続けたいと思えるものもあるかもしれません。

 

今日のデータ化CD rio 65 trio(1965)

rio 65 trio

参考 RIO 65 TRIO(ディスクユニオン)

エヂソン・マシャード(dr)、ドン・サルヴァドール(p)、セルヒオ・バホーゾ(b)、まさにジャズ・ボサ黄金期を支えた鉄壁の3人からなるハード・ジャズ・ボサ・トリオの記念すべきファースト!! 当時、ヨーロッパやアメリカ・ツアーに帯同し、よりポピュラーな方向性を打ち出していたセルジオ・メンデスと決別。原点であるリオに戻り、モダン・ジャズからの強い影響のもと、グループをスタートさせたエヂソン・マシャードの意気込みが伝わる一枚。もう一人の主役、ドン・サルヴァドールの知的なプレイも特筆もの。

CDを手放すにあたって、せっかくだから購入した時のことを書き記しておこうと思い立ったのですが、うーん、昔のこと過ぎてまったく思い出せない。

が、恐らく当時の私の購入スタイルを考えると、CDショップで視聴して「ひと耳」惚れしたのではないかと思われます。

このCD自体は2003年頃に発売されたものですが、オリジナル音源のリリースは1965年。ジャンルとしては60年半ばに数々の名盤が誕生したブラジリアンジャズ、というのでしょうか。ジャズサンバ、ジャズボサ、なんて表現もありますが、ラテンジャズとボサジャズではそもそもの起源が違うので別として語られるものらしい。うーん、難しい。

50年代に生まれたボサノヴァがその後ジャズと融合して出来上がったジャズボサブーム。これ、あまり長くは続かなかったようで、トレンドはその後あっという間にロックやファンク、レゲエに流れていきます。短い間に名盤が多発されたので、結果として長く愛されるジャンルになったのかしら。

2000年代に再発されたこのアルバムが日本で容易に手に入ったのは90年代に台等したカフェ文化の影響もあったのでしょうか。あの頃当時は「カフェ・ミュージック」なんていうくくりで60年代のボサノヴァやジャズが再熱してた気がする。なんて、文化的背景に関する知識がないので推測でしかありませんが。

ちなみに、現在の音楽シーンは全くわかりません。今何が流行っているとか、ヒットチャートとか、洋楽邦楽問わず疎くなってしまいました。

これは歳のせいなのか、トレンドはもう自分に必要ない情報だと判断してしまったからなのか。

 

Dom Salvadorのハードな演奏に酔う

さて、このアルバムはなんと言っても1曲目「Meu fraco é café forte」が秀逸!

ブラジルを代表するピアニスト、ドン・サルヴァドールのオリジナル曲。これでもか!と速くて強いピアノに痺れます。それに絡み付いていく細かいハイハットも素敵。
が、今CDを聴いてみたら左右のバランスが物凄く悪くて、ピアノがあまり前に出てこなかった…。これは再生環境の問題か、CDの問題か。恐らく前者でしょう。Youtubeのほうがバランスいいなんて、なんだかショック。

「Meu fraco é café forte」は濃いコーヒーが苦手…?と訳せるのだけど、どういうニュアンスでつけられたタイトルなんだろう?なんて、妄想も膨らみます。

私は楽曲やアーティストの背景を深堀りしたり関連作品をコレクションしたりするタイプの音楽好きではなく、とにかく好きなアルバムを繰り返し聴く!というだけの超ライトリスナーですが、こんなの書いていると欲が出て(?)ドン・サルヴァドール・トリオ あたりもどんどん聴きたくなっちゃうのよねえ。ふふふ。

あれ、音楽CD断捨離を進めるために記事を書こうと思い立ったのだけど、これ、意外と逆効果だったりして…?

※追記 結局この後本格的にCDのデータ化に着手したのは2015年秋でした…
関連 部屋にモノが多くて困っています。

 




関連記事

携帯電話、電子レンジ、なくても困らなかった6つのモノと習慣。

内容は人それぞれではありますが、生活必需品って実はそんなに多くはないものです。 転居を

記事を読む

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

海外在住日本人、外国人へのお土産を選ぶ。

By: Brian Jeffery Beggerly[/caption] 週末にお土産品を調

記事を読む

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

荷物を持たない都会のホテル暮らし。

引っ越したという知人の話をよくよく聞いてみると、現在はホテルを拠点として生活していると言う。

記事を読む

阿波おどり会館でダンサーとしての矜持を見せる。高速バスで行く徳島の旅 その4

一泊二日の徳島の旅、いよいよメインイベントを迎えます。 神戸から高速バスで行く徳島の旅

記事を読む

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

By: The U.S. National Archives[/caption] 読んでるだ

記事を読む

壊れたカメラの処分、売る?手放す?

By: nhoffmann75[/caption] 次の旅は手提げひとつで行きましょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑