水道橋駅から皇居周辺、そして東京駅を歩く。東京散歩・千代田区

公開日: : 最終更新日:2017/07/26 東京散歩

水道橋駅西口

近くの旅でも旅は旅。

ということで、改めて都内各地に出かけています。

関連 東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

今回は水道橋に用事があったのでその帰りにちょっと歩きましょうという魂胆。
が、目的を果たした後は本当に黙々淡々と歩いてしまい、当初予定していた町歩き的散歩にはなりませんでした。




水道橋駅から東京駅を目指す

水道橋駅

改めて地図を見ると水道橋駅はギリギリ千代田区なんですね。ちょっと歩けば文京区。

【千代田区】
東京の都心を構成する区のひとつで、東京23区のほぼ中央に位置する[1]。区の中央に皇居があり、区全体の約15%を皇居の緑地が占める。(wikipedia

このあたりも実はあまり馴染みがないところ。千代田区内で一番よく使っているのはやはり東京駅でしょうか。水道橋駅から神保町あたりを抜けて東京駅までぶらぶら歩くかな、と考えてスタートです。

水道橋西口

suidobashi_2

JR水道橋駅西口。
反対側は東京ドームです。

suidobashi_5

suidobashi_6

目的地は水道橋駅西口から歩いてすぐです。

水道橋「千鳥」でうつわに触れる

chidori_2

いつもブログインスタグラムの更新を楽しみにしているうつわやさん、「千鳥」。インスタでは素敵な器と器がさらに生えるお料理、盛り付け、そして犬、と私が好きなものの写真をたくさんUPされていてかなりツボなのです。

参考 千鳥 USTUWA GALLERY(千鳥 USTUWA GALLERY)

こちらのお店を覗くのがこの日の目的なのでした。

chidori_1

古い印刷所の一角にあるこのお店。想像していたよりもずっと広くとっても素敵な空間で大興奮。

chidori_7

chidori_3

千鳥には、高級な器や華やかな器はありません。
でも、素朴で温かみのある器があります。
料理がおいしく見える器があります。
そして、使い込むほどに美しくなる器があります。

サイトに記載されているように、普段使いにしたい器がずらり。あー、これは青菜盛ったらよさそう、こっちの豆皿は3つくらい並べたいなあなどとあれこれ想像力が掻き立てられます。

chidori_4

お願いすれば店内撮影OKとのことなのですが、この日は例の陶器市前だったこともあり長々じろじろ見学のみ。なのに写真だけ撮らせていただくのもなんだかなあと思って外観だけ失礼しました。

chidori_9

ところでこの建物、かなり年季が入っていて雰囲気があるのは確かなのですが、もしここに素敵な器屋さんじゃなくて全国展開している不動産屋とかが入っててガンガンポスターやらなんやら貼っていたら単なる古い雑居ビル、で済ませてしまうかもしれない。

chidori_5

なのに、千鳥さんのやわらかいけれど凛とした佇まいによって建物自体の印象がガラリと変化しているように思えるのです。

chidori_10

うーん、入れ物よりもやはり中身が大事ということか。器もいいけど料理が肝心か、服も大事だけど人が根本か、いや、相乗効果を狙うべきか、とかね。いろいろ考えたりね。

===============
千鳥
〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-10-5原島第二ビル201A
TEL/FAX 03-6906-8631
===============

首都高速沿いを黙々と皇居へ歩く

chiyoda_sanpo

さてこの後は白山通りを歩いて神保町あたりを冷やかそうというのが当初の計画だったのですが、なぜか黙々と首都高沿いを歩いてしまいました。

chiyoda_sanpo_2

chiyoda_sanpo_5

chiyoda_sanpo_6

chiyoda_sanpo_7

chiyoda_sanpo_3

散歩というかもはやウォーキング。天気もよかったし、せっかく歩くんだったらもっと別の道があっただろうに、なぜにこのルートを選ぶかな。

chiyoda_sanpo_4

chiyoda_sanpo_9

考え事しながら歩いていたのが原因ですね。

皇居周辺で一休み

chiyoda_sanpo_12

気付けば内堀通りに到達。

koukyo_sanpo_10

そういえば私、皇居周辺って来たことなかったんだった。

koukyo_sanpo_7

と、お堀を眺めてようやくここで一休みする余裕が出てきました。

koukyo_sanpo_2

平日の昼間ですが、走ってる人たくさん。さすが日本一のランニングスポット。

koukyo_sanpo_5

koukyo_sanpo_8

koukyo_sanpo_9

koukyo_sanpo_3

koukyo_sanpo_14

koukyo_sanpo_15

koukyo_sanpo_11

和気清麻呂像の側には

震災いちょう

震災いちょう。

関東大震災によって一面焼け野原となった都心で奇跡的に生き残り、当時の人々に復興への希望をあたえた木とのことです。(千代田区観光協会

koukyo_sanpo_13

生命力に満ち溢れているような、立派ないちょうです。

あれこれ考えながら歩いていましたが、この辺りに来た時には頭も幾分スッキリ。

「歩く」ってすぐにできて考え事にも気分転換にも効くものすごくお手軽な方法だと思うのです。考えが行き詰まったらとりあえず歩け、ってね。侮れません。

が、数日経った今となってはこの日自分が一体何について考えていたのかを思い出せない。おいおい、大丈夫か。

東京駅に到着

koukyo_sanpo_16

大手門まで来るとかなり日差しが強くて暑いぐらいでした。この日ちょっと焼けたかもしれない。

koukyo_sanpo_17

koukyo_sanpo_18

koukyo_sanpo_19

tokyostation_2

tokyostation_4

東京駅丸の内口到着。結局5km程歩きました。

tokyostation_5

tokyostation_6

ここまで来るといつもの場所、って感じがします。細かいことを言えば個人的には丸の内より八重洲口のほうが何故かホーム感が強いんですけどね。

以上、せっかくの千代田区散歩が単なるウォーキングになってしまった感は否めませんが、本来の目的はしっかり果たせたのでよしとしましょう。

この後少々小腹が減ったので少し移動することに。
長い、続く。

関連 新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。






関連記事

arakara5

あらかわ遊園と蝉取り。東京散歩・荒川区。

近場の旅でも旅は旅。 ということで、ふと思い立って東京23区巡りをしております。

記事を読む

asukayama_19

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

sugamo1_22

巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

近くの旅でも旅は旅。 ということで突如近場散歩に目覚めたこの夏。 参考 東京散歩

記事を読む

shinjuku25

神田川を越えて新宿から中野へ。東京散歩・中野区

前回の新宿散歩の続きです。 関連 新大久保駅から皆中稲荷神社、大久保通り。東京散歩 新

記事を読む

edogawa52

上小岩遺跡通りから京成小岩クラフト酒店 東京散歩・江戸川区

江戸川散歩の続きです。 関連 京成江戸川駅から江戸川沿いを歩く。東京散歩・江戸川区

記事を読む

edogawa18

京成江戸川駅から江戸川沿いを歩く。東京散歩・江戸川区

すぐそばにある街を楽しもう。 そう思いたち、東京23区を改めて巡る散歩を続けています。

記事を読む

tokyotower32

浜松町駅から東京タワーを歩く。東京散歩・港区

久しぶりの東京散歩です。 関連 東京散歩、近くの旅でも旅は旅。 今年に入って近場

記事を読む

新橋ときそば

新橋ときそばでひとり昼酒、蕎麦屋酒 東京散歩・港区

港区散歩の続きです。 関連 浜松町駅から東京タワーを歩く 関連 東京タワーから新

記事を読む

nerima41

飲食店での撮影マナーを考える 東京散歩・練馬区

初めての練馬区散歩の続きです。 関連 石神井公園 照姫にスワンボートとラクウショウ 東

記事を読む

suginami_69

荻窪 川勢で鰻串焼き一通りと熱燗を。東京散歩・杉並区

杉並散歩も終盤です。 紅葉を楽しんだ後は荻窪駅へ。 関連 大田黒公園で少し遅めの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑