いらか道を砧公園、世田谷美術館へ。 東京散歩・世田谷区

公開日: : 東京散歩

setagaya_44

ご無沙汰しております、東京散歩です。

旅に出れば滞在中にできる限りいろんな場所へ出向き新しいものを見聞きして多くの体験を得ようと貪欲になるけれど、普段住んでいる街の散策はまるで永遠にそこで過ごせるかのように先延ばしにしてしまうのが常。遠くもいいけど近場もね、というわけで改めて都内各地を散歩するお遊びを続けています。

関連 東京散歩。近場の旅でも旅は旅。

スタートから既に1年以上が経過している本企画もいよいよラストが近づいて参りました。




いらか道を砧公園、世田谷美術館へ歩く

用賀駅

今回選んだのは世田谷区。改めて調べてみると世田谷区内ってものすごく駅数が多い。まあ面積が広いからでもありますが、そりゃ最多人口エリアになるわけですね。けれどJRの駅は一つもなく線路も区内を通っていないのが面白い。ちなみに23区内でJRの駅も線路もないのは世田谷区と練馬区だけなんだとか。

スタート地点は東急田園都市線用賀駅。ここから砧公園内にある世田谷美術館を経由して二子玉川駅に抜ける4kmちょいのコースです。

setagaya_46

地下駅から地上へ上がるとすぐさま砧公園の方向を示すサインが。世田谷美術館までは用賀駅からバスも出ていますがもちろん歩きますよ。

setagaya_40

用賀駅あたりは静かな住宅街。地図で見ている限りではやや距離があるし歩いていても退屈かなあなんて思っていたのですが、砧公園までの道のりは瓦が敷かれており素敵な散歩道といった趣き。

setagaya_43

あら、百人一首が。

setagaya_42

setagaya_38

これ、全て同じように淡々と刻まれているわけではなく書体が少しづつ異なるんですよね。もっと力強い字で書かれたものもありました。こういうのがあると道中退屈しなくていいなあ。

関連 用賀プロムナード「いらか道」を歩いてみたら(せたがや)

 1986年(昭和61年)に開館した世田谷美術館は、都立砧公園の一画に位置していて、緑豊かな素晴らしい環境にあります。ひとつだけ難点は、駅が遠いことでした。そこで、用賀駅からの1キロをただ歩くだけでなく、美術館への導入路として、わくわくドキドキしながら、気持ちを高ぶらせて到着するという仕掛けや演出を、当時の美術館検討委員会で話し合ったと聞いています。

おおおそうなのか。だとしたら私はまんまとその仕掛けにはまったわけですね。地域の子供達はこれを見て百人一首覚えたりするのかしら。

setagaya_45

車も通るけれどあくまでも歩行者が中心となっているいらか道。曲がり角ごとにきちんとサインがあるのもこのいらか道の目的が世田谷美術館への導入演出だと言われれば納得です。方向音痴さんも安心の地図いらず。

setagaya_35

setagaya_41

setagaya_37

道すがらに展示告知スペースも。

setagaya_34

緑が多くて快適です。

setagaya_33

環八通りを渡れば砧公園入り口。思ったより早く着いた気がしたのはやっぱりいらか道のおかげかも。

砧公園は広かった

setagaya_31
さて砧公園に到着しました。

参考 この公園について(東京都公園協会)

紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地が前身である砧公園は、戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていました。

setagaya_30

用賀駅から公園までは近く感じたけれど、公園入り口から美術館までがまた少々距離があるなあ。この公園、他と比べても結構大きいのでは?と調べてみれば広さは約39haで23区内に40箇所ある都立公園中9番目の広さ。ちなみに1位は葛飾区の水元公園の93ha、でした。

setagaya_29

setagaya_27

枯葉の季節に来てしまったけれど、春のお花見時期はさぞかし賑わうのでしょうね。

setagaya_26

しかしこの日は絶好のお散歩日和。ご近所の幼稚園でしょうか、陽だまりの中ゴザでお弁当を広げてピクニックを楽しむ子らの姿が。

setagaya_21

お、こちらにも。たくさん食べてたくさん遊んで大きくなるんだよ。

setagaya_22

ベンチに腰掛けてで昼食をとる大きなお友だちの姿も。忙しい日常の中の贅沢なひととき。

平日だったこともありさほど人出は多くありませんでしたが、どんぐりを拾う母娘や犬の散歩をするご年配の姿がちらほら。近くにこんな大きな公園があると子供も犬も嬉しいね。

setagaya_24

などと人々の姿を眺めつつ目的地へ向かう。

setagaya_19

setagaya_18

今回の目的地世田谷美術館に到着しました。

途中立ち止まったり写真撮ったりしながらだったので少し時間がかかりましたが、普通にまっすぐ歩けば20分程の距離。真夏は少々キツイかもしれませんが、今の時期ならちょうどいいウォーキングコースですね。

というわけで次回に続く。






関連記事

京急蒲田駅

虹の都 光の港、蒲田駅周辺を歩く 東京散歩・大田区。

週末あまりにも天気がよかったもので散歩に出かけてまいりました。そう、そろそろ佳境の東京散歩で

記事を読む

edogawa18

京成江戸川駅から江戸川沿いを歩く。東京散歩・江戸川区

すぐそばにある街を楽しもう。 そう思いたち、東京23区を改めて巡る散歩を続けています。

記事を読む

suginami_33

大田黒公園で少し遅めの紅葉狩り。東京散歩・杉並区

杉並散歩の続きです。 関連 西荻窪から住宅街を抜け荻窪へ。東京散歩・杉並区 せっ

記事を読む

itabashi2

ほとんど埼玉?成増駅を歩く 東京散歩・板橋区。

近くの旅でも旅は旅。 ということで東京23区内を改めて練り歩くお遊びを細々と続けており

記事を読む

shinagawa16

旧東海道 品川宿を青物横丁へ歩く 東京散歩・品川区

近くの旅でも旅は旅。 灯台下暗し、いつでも行けると思っているからこそ意外に出向かない都

記事を読む

1507senjyu6

やっちゃ場を抜けて、南千住から北千住へ。東京散歩・足立区

近場であっても旅は旅。 ということで突然思い立っての東京散歩です。 参考 東京散

記事を読む

suginami_2

西荻窪から住宅街を抜け荻窪へ。東京散歩・杉並区

海外旅行もいいけど国内旅行もね。 国内旅行もいいけどご近所散策もね。 ということで現

記事を読む

arakara5

あらかわ遊園と蝉取り。東京散歩・荒川区。

近場の旅でも旅は旅。 ということで、ふと思い立って東京23区巡りをしております。

記事を読む

monnaka12

早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

近場の旅でも旅は旅。 気軽に出かけられる近場にでも旅の楽しみはあるのでは、とふと思い立

記事を読む

sugamo1_22

巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

近くの旅でも旅は旅。 ということで突如近場散歩に目覚めたこの夏。 参考 東京散歩

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    あれ?世田谷区は未踏でしたか…意外です。
    私事で恐縮ですが、世田谷区の銭湯を
    コンプリート目指してます。
    帰りに美味そうな飲み屋に入ったりして。
    ほろ酔いで歩いてみると、いい感じで所々に
    昭和が残っていますね、世田谷は。

    この分だと、来年の春先あたりに
    「crispyの東京西側散歩」
    が、スタートですね笑
    楽しみにしておりますww

    余談ですが、調布市柴崎駅前の神代湯では
    生ビールが飲めます!機会ありましたら、お試しあれ。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      未踏ではありませんが、東京散歩企画としては未だ残っておりました。とはいえ、この辺りとはさほど縁深くなかったので今回は新鮮な気持ちで歩きましたよ。

      >世田谷区の銭湯をコンプリート目指してます。

      おおお、セント酒ですね。風呂上がりのビールは最高ですよね、ただ、そこでそのまま眠れないのは拷問に近い…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑