ほとんど埼玉?成増駅を歩く 東京散歩・板橋区。

公開日: : 最終更新日:2018/03/31 東京散歩

itabashi1

近くの旅でも旅は旅。

ということで東京23区内を改めて練り歩くお遊びを細々と続けております。

関連 これまでの東京散歩

ゴールが近づいてきた今日この頃、さて今回はどこへ行こうかしらと残りの区について調べていて気になる場所を発見。いそいそと池袋から東武東上線に乗って出かけたのでした。




志村坂上を振り切ってほぼ埼玉の成増へ

itabashi2

そんなわけで板橋区。こちらも個人的にかなり馴染みの薄い区であります。昔板橋区内の取引先に打ち合わせのためお邪魔した以外に来た記憶がありません。

板橋区
東京23区の北西部に位置する。現在ではほぼ全域が市街地になっているが、工業地域もある。(wikipedia

え、これだけ?

いつも饒舌なwikipediaなのに板橋区の概要があっさりしすぎなのはなぜ。軽く戸惑う。

実は当初、板橋区散歩は志村坂上周辺にしようと考えておりました。というのも以前赤羽駅で立ちよったドラッグストア内にて携帯で話しながら買い物をしていた外国人女性が

「&%##%$#+*$%&シムラサカウエ、&%##%$#+*シムラサカウエ;%##%$#+*$%&シムラサカウエ、#%$#+#%$#+*$%&*$%&?シムラサカウエ?シムラサカウエ。」

と、5秒に1回くらいの頻度でシムラサカウエと連呼していた様子が妙に頭に残り、ああ私はきっとシムラサカウエに導かれているのだ、と軽く洗脳されていたのですシムラサカウエ。

が、シムラサカウエの呪縛を振り切って今回向かったのは、成増。ほぼ埼玉との呼び声高いエリアです。

itabashi3

池袋から急行に乗って10分弱で成増駅に到着。

itabashi4

THE・ベッドタウン的な景色が広がっております。駅前はなかなか便利そうですね。

itabashi5

が、歩を進めるといきなりの急勾配。目的地までは徒歩20分。これがずっと続いたら結構キツイなあなんて怯んだのだけど、坂道はほんの少しだけの長さにて終了しました。

itabashi6

itabashi7

しかし、静か。
観光地ではないのでこんなものなのかもしれませんが、かなり静か。板橋区のことを調べているとあちこちで

「休日でもびっくりするほど人がいない」
「都内とは思えないほど静か」

という記述を目にしたのですが、あながち嘘でもないのかも。ほとんど埼玉とか週末にも人がいないなんていう一種自虐的な地元ネタは板橋区に限らず各地に存在しますが、否定的な意見と見せかけつつもその裏側に妙な愛情が見え隠れするのを感じるのは私だけではないはずです。

itabashi8

しばらく歩くと突然青々としたエリアが目前に広がる。

itabashi9

区民農園ですって。

itabashi10

itabashi11

葱やら大根やらキャベツやら、立派な作物が育っておりました。調べてみると板橋区には区民農園が40箇所くらいあるみたいです。私がもう少し社交的な人間であればキャベツを分けてくださいませんかと言いたかった。無理か。

区民農園を横目にさらに進みます。

散歩人にはGoogleMapが便利だけれど

さて、散歩や旅で知らない土地へ出かける時はいつもGoogleMapを使います。

これ、常に最短ルートを教えてくれるありがたい存在ではあるんだけど、時々びっくりするような道を進められるのが困りどころ。いや、いち早く目的地に辿り着く道順を瞬時に示すのは地図として非常に正しいのですが、散歩目的であれば少々遠回りであっても歩いて楽しい道が好ましいわけで。ここよそ者が歩いていいの?というような住宅街の細道をびくびく進むショートカットよりも少々遠回りであっても学校やら商店が立ち並ぶ道沿いを歩いてその街らしさを感じたい。

最短ルートが最善だとは限らないなんて、まるで人生のようですね。

などと考えたのは今回まさしく妙な最短ルートを示されたから。これはハマるパターンだわ、と察知して迂回しましたがこういう住宅街を抜けて行く場合には少々工夫が必要です。

板橋区立赤塚植物園

itabashi12

などと言っている間に板橋区立赤塚植物園に到着しました。

参考 板橋区立赤塚植物園(板橋区)

この植物園は、武蔵野の面影を色濃く残す赤塚の丘陵地を活用し、自然や植物がより身近なものとして親しむことができるような施設として1981年(昭和56年)10月に開園しました。

1981年ですか。ゴダイゴですね、と未だに1981年と聞けばポートピア博覧会を連想してしまう不思議。

板橋区立赤塚植物園

itabashi14

あれ?

itabashi13

誰もいない…。

itabashi19

区の花はにりんそう、とのこと。

itabashi17

結構広い施設なのに、行けども行けども誰もいない…。

itabashi20

と思ったらどうやら私は裏口から侵入していたようで、正面玄関付近には人気がありました。入場料は無料ですからね、不法侵入じゃないですよ。

itabashi22

itabashi24

相談事はないのですが、入ってみました。

itabashi23

そこには種子一覧が。どんな相談を受け付けてくれるのか気になるところではあります。やっぱり庭木の育て方とかそっち方面でしょうか。

ローカル感満載の植物園をのんびり散策しておりますが、今回の目的地はここではありません。長くなるので続きます






関連記事

yanagin3

谷中銀座から日暮里トレインミュージアムへ。東京散歩・台東区

谷根千散歩の続きです。 参考 いちょう並木のセレナーデ。 東京散歩・文京区 馴染

記事を読む

京急蒲田駅

虹の都 光の港、蒲田駅周辺を歩く 東京散歩・大田区。

週末あまりにも天気がよかったもので散歩に出かけてまいりました。そう、そろそろ佳境の東京散歩で

記事を読む

suginami_2

西荻窪から住宅街を抜け荻窪へ。東京散歩・杉並区

海外旅行もいいけど国内旅行もね。 国内旅行もいいけどご近所散策もね。 ということで現

記事を読む

ota_46

バーボンロードとかまたえん 蒲田駅西口を歩く 東京散歩・大田区

大田区散歩で蒲田駅周辺を歩いています。 関連 虹の都 光の港、蒲田駅周辺を歩く 東京散

記事を読む

蕎麦に銘酒野饗

石神井公園 野饗でひとり昼酒、蕎麦屋酒。東京散歩・練馬区

練馬散歩の続きです。 関連 石神井公園 照姫にスワンボートとラクウショウ 関連

記事を読む

かかし 清洲橋通り

大江戸線にならって、清澄通りを歩く。東京散歩・江東区

何度も足を運んでいるけれど、同じ場所でも訪れる時間が違えば街の表情は変わるのだな、などと考え

記事を読む

sugamo2_15

夜の巣鴨を歩く、そしてときわ食堂。東京散歩・豊島区

1回で終わるはずだったのにまさかの3分割となった東京散歩・豊島区編。 参考 巣鴨地蔵通

記事を読む

monnaka12

早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

近場の旅でも旅は旅。 気軽に出かけられる近場にでも旅の楽しみはあるのでは、とふと思い立

記事を読む

sumida_57

両国 麦酒倶楽部ポパイでクラフトビールに迷う 東京散歩・墨田区

墨田区散歩の続きです。 関連 江戸東京博物館はゆっくり見たい 東京散歩・墨田区

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

Comment

  1. 平松 より:

    成増には長らく祖母が住んでおり、しょっちゅう訪れていたため、いわば第2のふるさとです。でも記事で反対側の光が丘団地ですので、菜園や植物園があるのは知りませんでした。植物園は赤塚大仏のほうでしょうかね。次回、真の目的地がどこなのか気になります。

    • crispy-life より:

      平松さん

      おお、そうでしたか! 都心へのアクセスもよく便利な位置にあるのにのどかでいいところですよね。あの辺りをよくご存知の平松さんには行き先バレバレですが、更新をしばしお待ちくださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑