キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマンで家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/03/14 家飯, 食べること ,

キャベツと肉団子のスープ煮

暑い季節は寒くてかなわんですね。

はい、空調の話です。

昼に入ったカフェの震え上がるほどの強冷房にすっかりパワーを吸い取られ、ああ今夜は絶対温かい汁ものにするのだと固く誓いました。羽織りものとかストールなどの防寒具はこの時期常に携帯しているのですが、それすら全く役に立たないカフェや電車の強冷房の真意はいかに。

でも、隣に座っていた打ち合わせ中の男性2人組はいやあ暑いですなあ、いやいや全く、と言い合っていたので単に私が寒がり過ぎるのでしょうか。どうなんでしょうか。

晩酌献立 キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマン

キャベツと鶏団子の煮込み

  • ぬか漬け
  • ニラ納豆
  • 焼きピーマン
  • キャベツと鶏団子の煮込み

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは茄子、にんじん、かぼちゃ。かぼちゃ、ちょっと厚すぎですね。

ニラ納豆

ニラ納豆

茹でたニラを出汁醤油でおひたしにて納豆と和えたもの。

焼きピーマン

焼きピーマン

種とヘタを取って半分に切ったピーマンを油を引いたフライパンで焼きます。しょうゆをちょろりと垂らして。

キャベツと鶏団子の煮込み

キャベツと鶏団子の煮込み

鶏ひき肉はよく練って水を切った豆腐、おろししょうが、塩、胡椒、酒、片栗粉、ごま油、しょうゆを加えさらに練ります。鍋に湯を沸かしひき肉ダネを団子状にして入れ煮込み、途中でキャベツも加えます。塩、酒でスープの味を整えたら器に盛り黒七味をたっぷり振ったら完成。

鶏とキャベツから滲み出た旨みたっぷりの出汁で酒を呑む、なんとも汁っぽい晩酌。
鶏団子にはいつもネギをたくさん入れるのですが今日はなかったので通常より肉肉しい仕上がりとなりました。あっさりスープに仕上げたくて鶏肉を選んだけれど、相方がキャベツなら豚ひき肉の肉団子にしたほうがよかったかな。白菜なら断然鶏だけど、まあこれは好みと気分によりけり、でしょうか。

日本酒にあうおつまみレシピ

作る前は暑い時に熱いのイヤだなーなんて思ってしまうのですが実際口にしたらホッとする、それが汁物。夏は気分的にスープや鍋ものにはなかなか手が伸びませんが、意外に冷気にさらされる機会が多いので積極的に温かいものを採ったほうがいいですね。冷え性の場合は特に。

なんてまだまだ夏本番ではないですが、冷え性対策は冬場だけにあらず夏場の行動だって肝心。全国各地の冷房が限りなく「弱」になりますようにと願いつつ、冷たいビールの摂取は極力控え、この夏も温かい汁物を積極的に取り入れたいと思います。

 




関連記事

晩酌メニュー

晩酌献立 5/19 ゴーヤチャンプルー、キムチ奴。

基本的に食材のストックは持たない主義ですが、スーパーで思わぬ出会いがあった時にはそれなりに迷

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

ねえねえ、買って!これ買って! 頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口

記事を読む

次のシーズンを、お楽しみに。

夕刻に肌で感じるぬるい風。春が近いですね。とにかく寒さが苦手なもので、季節の移り変わりにホ

記事を読む

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

鶏団子のスープ煮

家飲みメニュー 鶏団子ときのこのスープ煮、さつまいものにんにく炒め。

汁だ汁!汁よこせ! そんな気分でいっぱいだった休肝日明けの火曜日。 スッキリ出汁

記事を読む

なすとピーマンの味噌炒め献立

なすとピーマンの味噌炒め、トマトとわかめのツナサラダ献立。

本日の晩酌献立に使用した野菜は、なす、ピーマン、トマトなど。 一気に夏が近づいてまいり

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、豆苗のおひたしで家飲み。

帰りが遅くなった日の晩御飯は通常時以上にさっさと用意したくなります。 準備が面倒、とい

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑