大満足の年の瀬に。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

hongkong_xmas26

香港旅行記がまだ途中ではありますが。

関連 香港年末一人旅 クリスマスの過ごし方。

あっという間に大晦日です。

今年も1年間おつきあいいただき本当にありがとうございました。




2017年を振り返る

cebu-esl-1w2

2017年を思い返してみれば、前半は幾分のんびり過ごしていたものの、後半になっていきなり予定を詰め込みすぎた感が否めない。

日常業務に加えて夏頃からせっせと原稿を書き。

関連 ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

どうにか脱稿するや否や、校了を待たずしての南国逃亡。

関連 フィリピン留学なんて必要ない。大人の短期留学ライブ記録 4週目を終えて。

無事ご卒業、その足でクリスマスの香港に出向いたのは完全なるおまけだけれど、なんと楽しく充実の後半戦だったことでしょう。

幾分ワタワタしたけれど、大満足の年の瀬です。

フェルナンドさんの気持ち

airportsofa

ブログの他にも今年は何かと書く作業が多かったもので、以前予言した通り、新しいキーボードカバーは既にボロボロです。

関連 キーボードカバーの必要性と耐久性 2代目。

1年どころか半年持たなかった。

書き作業が多い、イコール座り作業が多い、ということで、残念ながら腰具合ならぬ尻具合が思わしくないのが悔やまれるところ。

関連 尻に奇跡は起こらない 中年留学生の限界。

今回の移動はいずれも近距離ゆえ長時間フライトがなかったのが救いだけれど、それでも空の時間のほとんどを立ったまま過ごす謎旅人となりました。飛行機で座りっぱなしだと体が鈍るとかなんとか言って機内でいきなり華麗なバーレッスンを始めたフェルナンドさん(by SWAN)の気持ちが今ならわかる。

わかるなあ。

着陸するや否や機内のあちこちで同時発生するメールやアプリの着信音が、おかえり、ただいまという言葉のように聞こえてくる。今着いたよ、とか、リムジンバスで向かうからね、とか、出口前で待ってるね、なんていうやりとりが行なわれるのだろうなと無機質な電子音から勝手に想像する。

「寒かったら、上着やなあかんで」

小学生の息子にそう促すお母さんのやわらかなイントネーションに、ああそうか、成田じゃなくて関空に来たんだったと改めて現在地を認識する。

機内から外へ出ると、寒い。寒いよ。真冬なんだから当たり前だけど、寒すぎて辛い。うん、お母さんの言う通り、上着やなあかんで、僕。

というわけで、南国からの帰り、つかの間の寄り道を経て、無事日本に帰国いたしました。そして何年か振りで薄く儚い色合いの出汁で年越し蕎麦を食べました。

2017年もお世話になりました。みなさま、どうぞ良いお年を。






関連記事

cebu-diary-07-1

お金を全然使わない。セブ日記 7

この1ヶ月の滞在を単純に 「旅」 と称するのが正しいかどうかはわからないが、普段

記事を読む

miso

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

早いもので引っ越してから半年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分

記事を読む

By: Jess Pac

30代、40代のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

By: Mikhail Golub[/caption] おそらくかなりの編集、という名の脚色

記事を読む

adventure

Air Asiaが8/31まで絶賛大セール中。これは乗っかりたい!

Air Asiaが8/31までセールを実施しています。 >>参考 Air Asia 

記事を読む

By: Mainstream

美魔女とマニアと身軽な人生。

By: Jenn Durfey[/caption] 白髪問題について散々書いていますが。

記事を読む

By: The U.S. National Archives

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

By: The U.S. National Archives[/caption] 読んでるだ

記事を読む

cebu-diary-122

英作文はオリジナリティにこだわらない。セブ日記 12

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こうじゃなくちゃなあ。と、大きな窓

記事を読む

neet

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

cebu-diary-04-1

落ち着く暇などありゃしない。セブ日記 4

本日のセブシティは晴れ。日中の最高気温は32℃。 日中はさすがにムッと暑い瞬間があるも

記事を読む

takamatsu_126

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

Comment

  1. タエコ より:

    かなり前から、同年代でフリーランスの共感を一方的に感じ、拝読させていただいております。

    約18年関東に住まい、去年生まれ育った神戸に戻ってきました。

    で、どうして初コメントさせていただいたかというと三宮のジュンク堂さんに「ひとりぜいたく晩酌帖」がメインのいい場所に置いてあったのです!

    なんだか嬉しくて写真も撮りました♪がコメント欄では送れないのですね〜

    とにかく一階のメインの所にありましたよ!とのご報告でした。

    • crispy-life より:

      タエコさん

      コメントありがとうございます。

      聞くところによると、関西のジュンク堂さんで拙著がちょこちょこ動いているらしくありがたく思っております。地元の方が応援してくださってるのかなと勝手に喜んでいる次第です。帰省中に三宮店の様子を見に行ってみようと思います、ありがとうございます!

      同年代、同郷、同業のよしみで、今後ともよろしくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

osaka_shinsekai_15
コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買

鶏もも肉塩焼き献立
鶏もも塩焼き、せりとえのきのおひたし献立。

肉を焼いて、レモンをキュッと絞って食べよう。 と、張り切

arakawa28
自分大好きな人、自己肯定感の育て方。

友人がお子さんの幼稚園の順番待ち真っ最中だという。 なん

ota_64
夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

→もっと見る

PAGE TOP ↑