日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

ニューヨーク 地下鉄

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を空けていました。

ふらふら外を徘徊している間私は当然自宅におらず、持ち物を保管したり郵便物を受け取ったりするためだけに決して安くはない家賃を払い続けているわけでもったいないといえばもったいない話です。

関連 モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

そうは言っても家を空ける度に転居するのはあれやこれやの手続きも大変なので、短期間うろうろしてまた戻る今のスタイルならばこの方法が最適なのです。



旅は純粋な趣味ではない

DSC_1378

ならば旅行が趣味なのかといえば素直にYESとは言いがたく。

暮らしてもいない空間の家賃を払い続ける無駄は生じるし、準備は面倒だし、出発前は毎回なんとも説明のつかない緊張と不安のようなものが押し寄せてきてやめときゃよかったなんて思うくらいなので、手放しで100%旅行大好きキャッホー!みたいなことはありません。それでも帰ってきたらまた次の予定を立ててしまう。

なんなんでしょうか、この感じ。

旅を現実逃避のツールとは考えていないし旅に非現実も求めないので

「東京に帰ったらまた現実に戻るんだなあ」

なんて憂鬱になることもなければ、旅に疲れて自宅に戻った瞬間に

「やっぱり家がいちばんだ」

とも思わない。

関連 退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

何事にもこだわりがないと言ってしまえばそれまでだけれど、旅先でも自宅でも日常でも非日常でもいつどこでもどんな状況でもその場に応じた「お楽しみ」を見出せるのは案外役に立つ特技なのかもしれないなあと今回改めて感じました。

人生を豊かにするために必要な力

DSC_0326

初めてのニューヨーク滞在はもちろん非日常だし、誰かと一緒の部屋で寝起きし会話するのも非日常。朝早くから夜中まで街をうろつき、店を覗き、音楽を聴き、舞台を観て、酒を飲む忙しい毎日を送るのも非日常。それは大変にエキサイティングでああこの時間が長く続けばいいなあとうっとりしつつ、いつものなんてことない日々もそこそこ楽しんでいるよなあとあまりの寒さにストールをほっかむり状態に巻きつけつつ再確認したマンハッタンにすら妙な愛しさを覚えるおめでたさ。

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界なのではなく、何かを手に入れることだけが成功とは言えず、清貧はきっと正義ではない。つまりは考え方ひとつでいつでもどこでも楽しめる、楽しもうとする姿勢は誰の人生にも必要で限りなく強い力なのではないかと思うのです。

ミニマリストの持たない暮らし

やれやれ。今年も間もなく終了だというのに相も変わらず酔っ払いの戯言らしい駄文を書いてしまいましたが終わりよければ全てよし。

2016年もいろいろあったけど総合的にはいい1年だったじゃないか、と、非日常の旅も日常の生活も楽しんでいられる幸運をしみじみと噛みしめる年の瀬であります。

 

 

 

 




関連記事

140830lg

減らす計画、捨てる日々再び。

舌の根も乾かぬうちにとはまさにこのこと。 先日妙に嫌味っぽい記事を書いておいてなんです

記事を読む

By: larbelaitz

成功体験は、作れる。

By: larbelaitz[/caption] 人間が自分の行動や能力に自信を持ったり、こ

記事を読む

By: Anthony Easton

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみた

記事を読む

textfile

今日捨てたもの 8/11 残りがちな書類、手紙、写真。

今月は毎日何か1つを手放すと決め、日々実行しています。 今日は大掛かりな片付けをしよう

記事を読む

141106lg

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

By: Moyan Brenn

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

By: Tammy Strobel[/caption] お正月は帰省して両親宅で過ごすと決め

記事を読む

manybooks

思い出のモノを整理して、過去の自分と対峙する。

基本的に本や雑誌は読んだら処分しています。 私にとって必要なのはそれらから得られる知識

記事を読む

hongkong_tram4

香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。

若い頃に観た映画を久しぶりに見ると、当時とは別の捉え方になってしまう。 なんてことがよ

記事を読む

marketstore

短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

近所のスーパーの店長(だと勝手に思っている)が苦手です。 店長は30代半ば。時にはカウ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑