豚と水菜のはりはり鍋で家飲み納め。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること ,

豚と水菜のはりはり鍋

撮りためていた晩酌記事もこれが最後。

冷蔵庫を空っぽにしたい&寒いから温かいものが食べたいを叶えるべく2016年ラストのメニューは鍋、鍋であります。

八百屋をのぞくと水菜が安く出ていたのは嬉しかったのだけどちょっと量が多かったので少々躊躇しつつも購入。こりゃちょっと余っちゃうかなあと考えながら食べ進めているとあっという間になくなる不思議。

そう、はりはりはシャキッとした水菜を驚くほどたくさん食べられるあっさり旨い鍋なのです。




豚と水菜のはりはり鍋で晩酌

豚と水菜のはりはり鍋献立

  • 白菜漬け
  • 蕪の梅しそサラダ
  • はりはり鍋

白菜漬け

白菜漬け

今年後半の晩酌献立の最多出場回数を誇る常備菜、白菜漬け。よきタイミングにて完食できました。

蕪の梅しそサラダ

蕪の梅しそサラダ

こちらは先日の残り物。一人鍋の時にもこういうちょこっとした箸休めがあると飽きずに食べ進められて何かと捗ります。

はりはり鍋

はりはり鍋

鍋に水と出汁昆布を入れ弱火にかけ昆布出汁をとります。出汁に塩、みりん、酒、しょうゆを加えて調味し刻んだ油揚げ、豚肉を順に煮ます。火が通ったら戻しておいた春雨を入れ、最後に水菜を加えてさっと煮たら完成。黒七味を振っていただきます。

そもそもは鯨で作るものだったはりはり鍋。究極にシンプルにするならば水菜と豚肉だけでも成立しそうだけれど、この薄味の出汁を吸った油揚げと春雨が好きなのでやっぱり毎回入れてしまいます。出汁をぐいぐい飲みながら食べる鍋ゆえにギリギリの味付けにするのがポイントでしょうか。それでも少ない材料でできるので在庫を出したくない日のメニューや一人鍋の選択としては最適かと思われます。

日本酒にあうおつまみレシピ

2016年の家飲みもこれにて終了、旅に出ている間以外は基本的に自炊にて地味な夕食を楽しんだ1年でした。飽きもせず質素な食生活を晒し続けておりますがなんだかんだでこの食記録もすっかり習慣となり本人は結構楽しんでいます。

2017年も引き続き一人暮らしの家飲み献立を書き続ける予定ですのでどうぞ宜しくお願いします。

さて、年末年始も飲みましょうかね。

 






関連記事

柿のチーズ和え

豚肉とピーマンの炒めもの、柿のチーズ和え。

店頭に柿が並んでいますね。 果物として食べる柿には実は全く興味がありません。そのまま剥

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

141014d

家飲み献立 10/14 豚と白菜の重ね蒸し他全5品で晩酌。

台風一過。 風の強い一日でした。 やっぱり昨夜の頭痛は低気圧によるものだったよう

記事を読む

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの、青菜のおろし和え献立。

久しぶりに切り昆布を手にとる。 昆布の煮ものっていいですね。何せ、出汁を取らなくていい

記事を読む

なすそうめん

ゴーヤと油揚げの炒めもの、なすそうめんで家飲み。

夏っぽい。 意識したわけではないけれど、売り場で目に付いたものを手に取って気づけばかな

記事を読む

新じゃが芋のそぼろ煮

新じゃがのそぼろ煮、出汁巻き染めおろしで日本酒を。

久しぶりに蕎麦でも食べに行こうかな、と考えていたのだけれど生憎の天候のせいかどうにも外食テン

記事を読む

一人暮らしの家飲み

家飲みメニュー 5/28 塩豚とキャベツの煮込み、鯖納豆。

あれ、なんかちょっとたんぱく質が多いなあ。 冷蔵庫の中身を脳内で確認してふと思った夕方

記事を読む

豚と牛蒡の柳川風献立

豚と牛蒡の柳川風、白菜の生姜煮浸し。

昨日は朝から「今夜は絶対柳川風」と固く心に決めていました。 その日のスーパーの品揃えを

記事を読む

肉豆腐献立

晩酌献立 肉豆腐、菜の花の辛子和え。

昨日は恒例の休肝日でした。 関連 休肝日を取っても意味がない、眠れない? おおお

記事を読む

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑