便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

公開日: : 生き方と考え方

あ?ああ…あ”あ”あ”ー!

と、漫画のような叫び声が聞こえました。

どこからって、私の口から。

予定のない週末に昼間から、なんなら朝っぱらから酒を飲んでのんびりする。これこそが人生のミッションであると疑わない私が、珍しく重ための仕事にセコセコと取り組んでいた土曜の昼下がり。

ゴールの目処がたち、「あとここまでやったら飲みに行っちゃおうかな」などとルンルンし始めた矢先の出来事でした。

「自動保存」のありがたさ。

つまり、データが吹っ飛んだのです。

最初にフリーズした時、そういや今日の作業ここまで一切保存していなかったぞ、と気づいた私。最近は専らクラウドで作業することが多く、勝手に秒で保存される環境に慣れきっていたこと、さらには普段は使わないソフトで作業していたことも、私の判断を鈍らせたのです。

こういう時、どうするんだっけか…。

「応答なし」画面をしばらく見つめてから強制終了し、再度起動すると、フリーズ前のバージョンを復元しますか?のアナウンスが表示されてホッと胸をなで下ろす。

復元後作業に戻るとまたすぐにフリーズ。やれやれ、こういうパターン久しぶりだな、なんて考えながら同じ操作をして復元を選んだところ、なぜか復元されなかったのです。昼酒を我慢してせっせと作業した数時間が、きれいさっぱり亡き者にされていたのです。

そう、一度目に修復できた時すぐに、保存しなかったばっかりに。

ここで冒頭のおかしな声がお口から漏れ出しましたとさ、おしまい。

って終われたらいいんだけど、これ、急ぎなんだわ。これ以外にもう1つさらに重たい案件があって、さっさとそっちに取り掛からないと、週末全潰れなんだわ。

おのれWindows、おのれA****!と無駄に伏字で悪態をつきながら、また一から全てを作り直す。さすがに自分の粗忽さに腹が立ってきて、あまりの天気の良さがくやしくて、途中でビール飲んでやりました。フン。

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

結局当初予定していた時間を大幅にオーバーしつつ、どうにか格好はついたので余裕ぶって言っちゃうと、なんだかものすごく懐かしい痛みでした。

その昔、まだクラウドで作業なんて選択肢がない時代は、データ吹っ飛び顔面蒼白なんて、日常茶飯事だった気がします。1日1度は社内で誰かが雄叫びをあげていたと言っても過言ではないでしょう。はいそこ、バカばっかりとか言わない。

作業中に都度保存は基本中の基本!だったのが今や、サクサク勝手に記録してくれますからね。だからこそ今私もこの文章をシステムにベタ打ちしてるわけで。いや、ほんとはテキストエディタで作ってコピペするほうがいいんだろうけども。

半世紀生きてなお続くアップデート。

便利に慣れきって、以前は当然していたことを忘れていく。

そういえば、昔職場で毎回トイレを流さないことで大クレームを引き起こした某国の男性が

「自分の生活範囲のトレイはどこも自動水洗だから、流す習慣がないんだよ」

と言い訳していたっけ。

彼だって年齢的にはデジタルネイティブならぬ自動水洗ネイティブというわけでもなかろうに、勝手に流れていくことに慣れたらレバーを倒すことすら忘れ、できたての分身を同僚にチェックされるという羞恥プレイを重ねてもなお、なかなか癖が抜けなかったんだもんなあ。人間は便利さに対してかくも順応性が高い生き物なのか。私はなんの話をしているのか。

ただでさえ週末にやりたくない類の仕事なのに、自分の判断ミスで、さらに余計な時間をかけてしまった。

あまりにアホらしく、まあまあショックな出来事だったので、「懐かしい痛み」とかなんとか言って面白がらないとやってられませんわよねえ奥さん、という話です。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

By: matheuslotero[/caption] 大人になると日常生活で大概のことはう

記事を読む

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

先日コメントでぽこぴたさんからリクエストをいただいた「仕事術」について。 参考 【勝手

記事を読む

モノを溜め込む人とは友達になれない。

By: Steve Jurvetson[/caption] 「〇〇な人とは友達になれないわ」

記事を読む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過ぎたら誰も注目してくれなくなる

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

お花見ファッション、温度差考慮と負荷の重要性。

By: Peter Lindberg[/caption] 先日は今年初めてのお花見に。 こ

記事を読む

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっ

記事を読む

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

30代、40代 大人のシェアハウス生活は本当に「地獄」なのか。

中年世代のシェアハウス利用について。おそらくかなりの編集、という名の脚色がなされているのでし

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑