きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること ,

きつね納豆献立

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。

今回の旅の食関連に関してもまた改めて書きますが、今きつね納豆の写真をみて我ながら旨そうだなと思いました。

アメリカもね、特にニューヨークはね、お金を出せば美味しいものなんていくらでもあるんだけどね。

貧乏くさい地味なつまみでの晩酌タイムはもう暫くおあずけです。

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープで晩酌

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

  • キャベツの浅漬け
  • 大根と豆苗のしょうがスープ
  • 大根葉のオイル蒸し
  • 蕪の梅しそサラダ
  • きつね納豆

キャベツの浅漬け

ちぎったキャベツと千切りの大葉を塩もみしたもの…なんですが、まさかの写真撮り忘れ。集合写真の中央奥にある物体がそれです。

大根と豆苗のしょうがスープ

大根と豆苗のスープ

鍋に太白ごま油を熱し千切りの大根を炒めて鶏ガラスープを注ぎ柔らかくなるまで煮ます。豆苗とおろししょうがをを加えてさっと火を通したら胡椒とごま油で調味して完成。

大根葉のオイル蒸し

大根葉のオイル蒸し

ざく切りにした大根葉をフライパンに入れ塩、唐辛子、太白ごま油を回しかけ蓋をして蒸し煮に。

蕪の梅しそサラダ

蕪の梅しそサラダ

スライスした生の蕪を千切りの大葉、梅肉、酢、オリーブオイルで和えた酸っぱいサラダ。

きつね納豆

きつね納豆

納豆に葱のみじん切りをたっぷり加えたものを開いた油揚げに詰めて口を楊枝でとめてフライパンで焼きます。付け合せは一緒のフライパンで焼いた白葱を。

野菜ばっかりですね。肉も魚も好きだけど、やっぱり野菜が一番好きなんだな、と改めて思う。

日本酒にあうおつまみレシピ

野菜だらけの粗食飲みが恋しい、などといいつつも今週は毎日ご馳走ばっかり食べていてそれはそれで幸せなんですけどね、贅沢ですね。

撮りためた晩酌関連の写真がそろそろ底をつくのでその後は暫く家飲み記事はお休みです。ああ、時間ができたら書きたいことがいっぱいあるなあ。




関連記事

蒸し鶏のガーリックオイルソース 7/30 一人暮らしの晩ご飯。

昨日いつものスーパーで野菜の安売りをしていました。 鰹のたたき用薬味が欲しかったこともあり、つ

記事を読む

こんにゃく麺

休肝日のメニュー 鶏出汁こんにゃく麺。

基本的に1年365日欠かさず酒を呑んでいます。 酒は好きだけど酒豪ではないので、1日の

記事を読む

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

豚ねぎ丼献立

休肝日ごはん ねぎ塩豚丼献立。

休肝日の夕食は味噌汁とごはんを基本としたあっさり・シンプルなものが多いけれど、今日はガッツリ

記事を読む

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑