モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 2015 その4。

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 旅人への道

モアルボアル 必需品

4回目となったモアルボアル滞在記、今回でラストです。

参考 モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録2015 その1。

参考 モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録2015 その2。

参考 モアルボアルのレストラン。モアルボアル滞在記録2015 その3。



モアルボアルに限ったことではないのですが、南の島で海遊びするのならこれはあったほうがいい!というアイテムをご紹介します。

基本的に旅の持ち物はなるべく増やしたくない私ですが、それでもビーチにいくならあったほうがいいと思うものがあるのです。というのも、これまで失敗もしてますからね。

常夏の日差しをなめるな!日焼け対策

moalboal-4-3

海で遊ぶならなんといっても日焼け対策をしっかりとしなければいけません。

初めてモアルボアルに行った時はあまりのおさかな天国っぷりにはしゃぎまくって体がふやけるほど海に入り浸ってしまい、それはそれはいい大人がなにもそこまで…というほど焼けました。

ええ、後が大変でしたよ…。

もちろん日焼け止めクリームは塗っていたのですが、海に入ったらそんなの意味ないし、夢中で海の中を見ているものだから、背中がどれほどまでに日差しを浴びているかに気付かない。

海の中は心地よく冷たくても、日差しは空から容赦なく降り注ぐのだ。
って、当たり前ですが。

というわけで40過ぎてから小学生の夏休み以来の日焼けを経験してしまった私は次回から学習しました。

 

ラッシュガード。
これをつけて海に入っていると全然違います。ホントに焼けません。

割と重い素材だし上下用意すると確かに嵩張るのですが、あるとかなり安心。今回も目いっぱい遊んだけれど、日焼けに悩まされることはありませんでした。

まあ、これをバンコクに持っていったのは失敗だったわけですが。

参考 ソンクランの準備と服装。ソンクラン参戦記 2015。

ビーチに似合う夏アイテム

moalboal-4-2

後はもう何回もここで紹介している、カンガとギョサン。

モアルボアルにいる間は水着のままカンガをワンピース風に巻いて近くのバーに行ったりしていました。濡れてもすぐ乾くのがまたいいんですよね、ホント助かります。

 

ギョサンは海で使うとそのグリップのよさを実感します。
もともとどんくさいのでデザイン性重視で底がツルツルのサンダルなんか履こうものなら見事に転んでしまうことでしょう。せっかくの旅、怪我だけはしたくないですからね。
実は今回泳いでいる時にうっかりギョサンが脱げてしまい焦って潜って拾い上げたのですが、深い場所だったらアウトだったな…と反省。すぐにトレンカのかかと部分を引っ掛けて履きなおしました。こうすると脱げる心配ないもんね。

以上、モアルボアルに限らず海で遊ぶならあったほうがいい!というアイテムたちでした。

ところで白人の人って女性でもガンガン焼いてる人多いですよね。今回もモアルボアルで甲羅干しになっている若い女性をたくさん見かけました。元が白いだけに焼けたら赤くなってすごく痛そうなんだけど、なぜみんな焼くんだろう…健康的に見えるから?




関連記事

Hualien_lunchbox18

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが

記事を読む

hongkong-foods-13

一人飲茶を堅尼地城で楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 香港年末一人旅 クリスマスの過ご

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

naia1

マニラニノイアキノ空港ターミナル移動で疲労困憊。

眠いです。 ただ今マニラでトランジット中。 セブパシフィック使って珍しくオンタイムに

記事を読む

osaka_shinsekai_2

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

By: HaPe_Gera

タイ チェンマイで瞑想修行。

By: Jaume Escofet[/caption] そんなわけで只今チェンマイにいます。

記事を読む

counter

おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。 神社仏閣巡りを筆頭に、

記事を読む

cebu-diary-02-1

君さえいれば何もいらない。セブ日記 2

本日のセブシティは晴れ、日中の最高気温は31℃。当然のことながら、夏である。 夏とくれ

記事を読む

By: Mainstream

旅行、外出先での白髪対策。

By: Mainstream[/caption] 白髪が増えてきてしまったので、カラートリー

記事を読む

By: Jirka Matousek

オンライン英会話レッスンを申し込んでみた。

By: News Oresund[/caption] 来月久しぶりに国外に出ることを決めまし

記事を読む

Comment

  1. STREET・F より:

    はじめまして。STREET・Fです。

    モアルボアルの情報。役に立ちました。

    何度もフィリピンに行っているのですが、今年(2018年)の初めに初めてセブに行きます。

    セブ・ボホール・モラルボアル・セブという日程で航空券だけはもう抑えてます。

    ダイビングライセンス持っているので、ボホールとモアルボアルでは楽しもうと思ってます。

    参考になりました。モアルボアルのホテルはもう少しにぎやかなところに泊ると思います。

    にぎやかな方が好きなのとやはり冷蔵庫は必衰なので。

    • crispy-life より:

      STREET・Fさん

      コメントありがとうございます。

      去年末もセブに滞在していたのですが、モアルボアルまで足を伸ばすことができず残念でした。セブ在住時は近隣のいろんな島やビーチに出かけましたが、中でもモアルボアルはお気に入りの場所です。海の美しさなんかはアポ島などには及びませんが、のんびりだらだら酒飲んで、が基本的に好きなもので。

      ダイビングされるならモアルボアルはいいスポットなのではないでしょうか。どうぞお気をつけて、そして楽しんできてくださいませ!

  2. bakpak より:

    2018年2月にセブに初めて行きます。
    最初の二泊はマクタン、次の二泊はモアルボアルのドルフィンハウスに宿を取ったので、どうやって行くかなど調べていたら
    こちらにたどり着きました。バスでの移動や、パナグサマビーチが賑やかで楽しそうということ、 ギョサンなどとても役立ちました!しかし私が宿泊するのはパナグサマビーチから離れているので、残念です。また、滝にも行きたいと考えてます。こちらも、トライシクルで気軽に行けるものでしょうか。
    スノーケリングもとても楽しみです!オススメのレストランにも訪れたいと思います♪

    • crispy-life より:

      bakpakさん

      コメントありがとうございます。

      セブ行かれるのですか、いいですね!日本が寒い時期に暖かい所に旅するとものすごいお得感がある気がします。

      宿泊されるのがどのあたりなのかわかりませんが、モアルボアル泊の旅行者はカワサンに行く人が多いので、ホテルにお願いすれば移動手段手配してくれると思いますよ。食はあまり期待できないですが…まあそれも異文化の楽しさってことでw

      THE・リゾート!のマクタンと、ローカル感ぷんぷんのモアルボアル、どちらも楽しんできてくださいね。快適な旅になりますようお祈りしております。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

crispy-life にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き
新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き献立。

蕗味噌、これにて終了です。 にらの卵炒め、蕗味噌献立。

setagaya_22
買わない生活の清々しさとルールブック。

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか

初心者 瞑想
何一つ変化していないのに揺れる不思議。

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先の

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。
豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

冷え性改善生活を続けているので、家飲みでのビールは控えめにして

Aurora Soho
激しい朝活女子の真実。

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑