モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録 その2。

公開日: : 最終更新日:2019/05/13 旅人への道

モアルボアル ホテル おすすめ

前回から少し間が開いてしまいましたがモアルボアル滞在記録の続きをば。

参考 モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録 その1。

モアルボアルではいつもパナグサマビーチに滞在します。
というか、いつも同じホテルに滞在しています。最初に行った時にそのロケーションがすっかり気に入ってしまったので、わざわざ他のホテルを選ぶ必要性が感じられません。

豪華さはないけれど清潔で必要最低限のものが揃っていて、何しろ部屋の前の海ですぐ遊べるところがポイントです。

クオヴァディスダイブリゾート

クオヴァディスダイブリゾート

モアルボアルでの常宿と化しているのはクオバディスダイブリゾートというダイビングショップ併設のホテル。

ホテル、といっても田舎の素朴なリゾートといった趣の宿なのでかなり地味な佇まいです。

パナグサマビーチの一番端に位置するこのリゾートはモアルボアルのバス停からトライシクルで10分弱走ったところにあります。近隣の宿やクラブ、バーが密集している一帯から少しだけ離れている(十分徒歩圏内ですが)ので夜は静かに過ごせるところが魅力。ここ1年でリニューアルしたようで、旧称の「クオバディスビーチリゾート」から「ダイブリゾート」に変更、レストラン前に新しいレセプション棟ができていました。

クオヴァディスビーチリゾート

クオヴァディスダイブリゾートの魅力はなんといってもそのロケーションです。
ホテル敷地内のガーデンから短い階段を下りればすぐに海、という素晴らしさ。部屋で水着に着替えたらそのまま海にザブン。海から出たらそのまま部屋でシャワー、まさにプライベートビーチ状態なのです。

但し、砂浜ではないので裸足では歩けません、必ず履物の準備を。と言ってもダイビングショップで用具一式レンタルできるので手ぶらでも安心です。私はゴーグルとシュノーケルパイプのみレンタルで足元は安定のギョサン。それぞれ1日75PHPでした。

ウミガメに遭遇できるモアルボアル

さて、いそいそと海に入るとあんまり綺麗じゃなくて

「あれ?こんな感じだったっけな…?」

と毎回思ってしまうのですが、階段からまっすぐ沖に出ても海底の景色はあまりパッとしません。が、スイートルームの沖付近に出ると美しい珊瑚が密集しているポイントがあるのです。その辺りでぷかぷか浮かんでいるだけでも楽しい。リアルおさかな天国。

さらに、モアルボアルでは運がよければウミガメにも遭遇できます。

シュノーケリングで生のウミガメを見たのはモアルボアルが初めてだったのでかなり興奮しました。今回は残念ながら会えませんでしたが、またいつか。

※翌年の滞在では会えました!
関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

リゾート内でおすすめの部屋タイプは?

qv5

クオヴァディスダイブリゾートにはスイートルームをはじめ、いくつかのタイプのお部屋が用意されています。

参考 クオバディスダイブリゾートお部屋プラン(Expedia)

1~2名の少人数なら一番おすすめはやっぱりスイートルーム。

「スイート」と言っても設備はたいしたことないし広くもなく、一見「どこがスイート??」という感じなのですが、何せテラスからの景色が素晴らしい!

gv11

↑こちらは今回ではなく2年前に撮影したもの。ご覧の通り部屋が海に迫り出している状態なので、テラスにいると真っ青な海と一体化するような感覚が味わえます。
ここでビールを呑むだけでも価値あり。値段も高くないしね。

その他の部屋は定員数と眺め(ガーデンorシービュー)によって価格が変わってきますが、何せ田舎のビーチリゾート、どの部屋も格安です。

ガーデンビュー

私は今回初めて一番お手ごろなガーデンビューのお部屋をチョイスしましたが、このタイプが一番内装が綺麗だったのは何故でしょうか…。新しいのかしら?冷蔵庫がついていないのが残念ですが、ホットシャワーはストレスなく使えます。但し、残念ながらwifiは少々弱め。と言っても、メールチェック程度は大丈夫です。

せっかく海辺のリゾートに行くならもっと豪華なところに泊まりたい!という方には決してモアルボアルはおすすめしませんが、自然の中でゆったりとした時間を過ごすのが目的ならマクタンのリゾートホテルステイよりも楽しい、と個人的には思います。

qv3

ホテルの外を散歩する楽しみもあるし、物価も安いしね。

モアルボアルでの過ごし方

qv

このホテルでは今まで日本人と一緒になったことがなく、いつもフランス人やドイツ人を多く見かけます。彼らはモアルボアルに長期滞在していることが多いようで、見ている限りでは特に何もしていません。海を眺めて、体を焼いて、プールサイドで本を読んで、ビールを呑んで。本当にこの繰り返しです。

モアルボアルはセブ島でも有数のダイビングスポットだし、少し足を伸ばせばカワサンフォールなどの観光スポットもありますが、基本的には海と太陽を楽しむ以外にすることがありません。

qv12

せっかくの海外旅行なんだから、限られた時間内であちこち観光しなきゃ勿体無い!と思っていた時期が私にもありましたが、彼らの「何もしない休暇の過ごし方」はある意味理想的なバカンスだよなあと今では思うのです。

さてこのホテル、主要なホテル予約サイトは概ね取り扱っているようなので航空券と一緒に予約するなら同時割引があるExpedia、ポイントを貯めて次回の旅の経費に充てるならagoda、最安値保証システムを使って現地支払いするならBooking.comなど、使い勝手のよいサイトでチェックを。

Quo Vadis Dive Resort(旧クオヴァディスビーチリゾート)
Panagsama Beach, Moalboal, Cebu, Philippines 6032

ゆったり、のんびり自然と戯れる豊かな時間が過ごせるモアルボアル滞在記。
もう少し続きます。

参考 モアルボアルのレストラン。モアルボアル滞在記録 その3。

参考 モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 その4。




関連記事

海外在住日本人、外国人へのお土産を選ぶ。

By: Brian Jeffery Beggerly[/caption] 週末にお土産品を調

記事を読む

セブシティのホテル事情とおすすめバジェットホテル。

セブ島に滞在する際はよっぽどのことがない限りセブシティのホテルを選択します。 前回マク

記事を読む

日帰りで攻略する 益子陶器市 その2

栃木県・益子町の陶器市に行ってきました。 関連 やきものライナーで行く 益子陶器市 そ

記事を読む

高美湿地へのアクセス方法と帰り方 台湾一周一人旅。

台中の旅行記にてまた改めて書きます、と宣言しておきながら書いていなかった高美湿地の詳細記事。

記事を読む

東京タワー

東京の中心で、エクスキューズミーと叫ぶ。

東京は夜の7時。約束の場所へ移動するため、地下鉄の駅へ向かう。 深くて安心、大江戸線の

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。 昨年の同じ時期にはフェリーで同

記事を読む

10年間顔が変わらないのはイヤだという主張。

10年もこの顔を持ち続けるのは嫌! 友人Mはそんな理由で常にブルーのパスポートを選ぶと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑