4月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

qv8

昨日に引き続き定例ポストを。

4月は自宅に全くいない状態でしたが、それでも少しだけモノは減りました。今回の旅を最期の舞台にしてお別れしよう、と思って持参したものがいくつかあったからです。
中には別れるのが切ないものもありましたが、モノを増やすのも手放すのも全てタイミング。

参考 これまでに捨てたものリストと買ったもの

ここ1年で多くのモノを手放してきたので「タイミング」に対する感度は磨かれてきたように思います。

4月 1ヶ月で捨てたものリスト

ボディバッグ

今日捨てたもの

  • 靴下、下着(靴下と一緒に捨てました)

ボロボロに使い倒してしまったボディバッグとの別れは少々胸が痛みました。でも、旅を共にした相棒と旅の途中で別れる、というのは出来過ぎなくらい上出来な別れだったと思えます。記念として大事に取っておくこともできたけれど、このタイミングで手放せて本当によかった。

4月に買ったもの

ナシ。

厳密に言えば少量のお土産と30gのニベアミニ缶は購入しています。

参考 最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

が、他人の手に渡るものや化粧品、食品などの消耗品はここではカウントしていません。

今回は洋服をあまり持ってこなかったので途中で買い足すことになるかな?なんて思っていたのですが、十分着回すことができました。

あれ?
先月よりもモノを捨てていますね、旅の途中だというのに。そして増えてもいない。

若かりし頃は

「せっかく旅行に来たんだから何か記念のモノを買わなくちゃ!」

なんて特に必要ではないものを買って結局一度も使わない…なんていうことも多々ありましたが、そんな経験を経たからこそ今のスタイルがあります。

本当に欲しいモノに出会ったならば例え少々嵩張ろうが重かろうが手に入れるべき。でも、なんとなく買わなきゃいけないような気がしてなんとなく買ったものとの未来はさほど明るいものではありません。モノを買わなくても、旅の思い出も経験もしっかり自分の中に蓄積されていくんだしね。

モノを持たずに身軽に暮らす

今回の旅が私にもたらした効果については旅を終えてからまとめたいと思いますが、やはり旅や引越しなど、「移動することでモノは減る」の法則は真実のようです。

 




関連記事

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。 春への衣替え、ペラ

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

ものがない、服もない。ないないづくしの快適さ。

この4週間書き続けてきた滞在日記。最初から計画していたわけではないのだけど、途中からは意図的

記事を読む

毎日ひとつづつ捨てるという試み。

今日で7月も終わりですかー。 今月は新居での生活にも慣れ、新しい生活のペースを確立した

記事を読む

来年からやめようと思っていること。

12月に入ると、さて来年はああしたいこうしたい、などと考え始めるのが人間というものです。

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

終わった後に、捨てるご褒美が待っている。

準備だけ整えて、最終段階には至らず放置すること数日。 「ハア?準備だけ終わった? 書い

記事を読む

今日捨てたもの キープしすぎて旬を逃す。

使わずに大切にとっておいて結局旬を逃してしまう。 これ、洋服によくありがちな失敗ですね。 お

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑