神戸で酒を呑むならば。

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道, 食べること ,

kobefood1608_4

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。

生まれ育った場所・神戸の飲食店にさほど明るくないのは地元で暮らしていた頃には一人で酒を飲みに行く習慣がなかったからだと思われます。

よって、足が向く店は幼少の頃に家族で行った店だったり、ここ最近の帰省中に新たに発見した店だったりと、美味しい料理で酒を飲める店ばかり。

いまどきの神戸スイーツやカフェの類はやっぱり全然わからないのでした。

暫定一位の店は健在だった

kobefood1608_14

以前も書いたことがある春日野道のお好み焼き屋さん。

関連 春日野道 お好み焼き「えみちゃん」

お好み焼き+ビールの組み合わせは冬場はあまりそそられないため年末年始の帰省時には足が向かなかったのだけど、今回は行ってきました。

kobefood1608_13

さすがに値上がりしているかと思ったのだけどまさかのお値段据え置き。

kobefood1608_12

基本のお好み焼きもビールも400円、今回選択したのはイカかす焼き、それでも550円。なんだかありがとうございます。

元町〜三宮 大衆酒場ハシゴ酒

kobefood1608_1

須磨でビールを飲んだ後は街の大衆酒場へ。

関連 須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

1軒目は元町にある大衆酒場すず。こちらは今回初めて伺いました。

平日の午後4時頃だったので人気なくまったりとしたひとときを満喫できましたが、週末は場所柄新聞片手にテレビ観戦のおじさまで埋め尽くされるそうな。となればここは先輩方の聖域、素人が出る幕はないかもね。

kobefood1608_2

ポテトサラダとか納豆入りのオムレツなどなんでもないアテがきちんと美味しいのが素敵。

kobefood1608_5

2軒目は神戸っ子にはお馴染み、家庭の延長皆様食堂。三宮の高架下で長年愛されてきた有名店です。

kobefood1608_7

kobefood1608_6

今回はカウンターでおでんが煮えているのを眺めつつ、おひたしとかチャーハンとかゴーヤの卵炒めなど、あれこれちょこちょこつまんでチューハイを飲みました。

私がこの店の暖簾をくぐったのはすっかり大人になってからですが、父は現役時代から長年お世話になっていたそうな。一緒に行ったことは未だないけれど、一応親子2代で通っていることになりますね。

神戸で食べるベトナム風中華料理

神戸の人間は中華にうるさく、どの家庭もいくつか行きつけの中華料理店を持っていると思われます。って最近はどうなのかはわかりませんが、私が暮らしていた頃はその風潮が強かった。そしてそれは元町の中華街にはないことがほとんどでした。

我が家も行きつけの店をいくつか持っておりましたが現在の両親の住まいは私が生まれ育ったところではないため、幼少の頃から慣れ親しんだ店とはちょっとご無沙汰。家族での外食は中心地の三宮となります。

今回私のリクエストで出かけたのは神戸中華の中でもやや異色な存在のベトナム風中華料理店・鴻華園。基本は中華なのだけど、春巻きのタレがヌクマムだったりとほんのちょっとベトナムテイストが入っているのが特徴です。

kobefood1608_15

kobefood1608_16

いつのまにか2号店ができていたので新店に初訪問、定番の蒸し春巻きやミル貝味付け、ベトナム風焼き飯などでビールや紹興酒を。ところでベトナムで食べる中華ってこんな感じなのでしょうか。ベトナムには何度か滞在しているけれど現地で中華は食べたことがないのです。よって、この店の料理は私にとってベトナムじゃなく神戸を懐かしむ美味。普段はコソコソと一人酒を楽しんでいる私ですが、こういう店はやっぱり大人数のほうが満喫できるなあ。

新しい店も気になるけれど

そして毎度のことながらケルンとイスズベーカリーにも寄ってしまいました。

関連 神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

パン屋に限らず新しいお店はたくさんできているのだから果敢にチャレンジすればいいのだけれど、やっぱり好きな店のそれが食べたくなる。

私は次々と新しい味を求める「食べ歩き」にはさほど興味がなく、好きな店の好きな料理を何度も食べたいタイプ。もちろん新しい出会いはとてもワクワクするものだけれど、この歳になるといつまでもあると思うな好きな店、を実感する機会が増えてきます。二度とお目にかかれなくなってから、ああもっと足繁く通えばよかったな、と後悔した経験を重ねるとついつい好きな場所にばかり通うようになるのです。

そんなお気に入りを各地で作り上げるのも観光スポットへ出向かない地味な旅の醍醐味のひとつ。

地元に限らず好きな店や味、酒場が全国、世界の各地にあってさらには度々フラリと再訪できるなんて、私はかなりの果報者ですな。

 




関連記事

榮川 純米吟醸生貯蔵酒

福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献立。

この季節は酒屋の冷蔵コーナーに陳列されている夏限定酒を見繕うのが楽しみです。アルコール度数低

記事を読む

わかめ炒め献立

わかめ炒め、なめこおろし献立。

生わかめを油で炒めたものが好きでよく作るのですが、毎度わかめを準備している時に 「これ

記事を読む

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

しっとり蒸し鶏の葱塩ダレ 献立

家飲み献立 2/17 蒸し鶏の葱塩ダレ、青梗菜と生姜のスープ。

さーむーいーよ!! 昨日のぽかぽか陽気からがらりと真冬の厳しさを思い知らされた本日。

記事を読む

鶏もも肉と桃と泡。

小ぶりな桃が店頭に並んでいたので思わず手に取る。 果物は全般的に好きですが、桃は中でも

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    タイムリーすぎです。

    今日昼休みに「えみちゃん」を検索して、営業時間を確認したばかり。
    午後から、脳内で神戸観光計画を立てつつ適当に(!)仕事をしてました。
    帰りの電車の中でブログを読んで、声をあげそうになりましたよ。
    「えみちゃん」がお盆休みだったら、どこのお好み焼き屋さんに行こうかと思ってましたが、記事のお店もいいですね。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      ! 運命ですね。

      神戸的なお好み焼きをご所望であればえみちゃん周辺に何店かありますよ。もちろん三ノ宮にはそばめしやぼっかけで有名な長田風お好み焼き店はじめあれこれ見つかりますが、春日野道周辺の店はここでしか食べられない感が強くておすすめです。

      どうぞ楽しい夏休みを〜!

  2. kyoko より:

    おいしそうな面構えのお店ばかりですね。
    近く神戸に行きたいと思っていたので、その際は、また覗きにきます。

    これはほんとそうですね〜>いつまでもあると思うな好きな店
    出会えたことがまず奇跡なので、できることはやはり一瞬一瞬大事に飲むことなんでしょうな。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      「いなたい」店ばかりを並べてしまったのですが反応していただけて嬉しいです。神戸にもいい店がたくさんあるなあと今回改めて認識しました。神戸というと神戸牛やスイーツ、南京町での食べ歩きが観光の定番とされているようですが、普通の店のレベルが本当に高いので地元民としては街の中華店もおすすめしたいところ。一人旅ならランチメニュー狙いもアリですね。

      >出会えたことがまず奇跡

      まさしく。
      今こうしていられる奇跡を存分に愛で味わう、これこそが人生を満喫する方法でしょうね。なんか話大きくなってますけども。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑