バンコク女性一人旅。トンロー駅近くのホステルに滞在する。

公開日: : 最終更新日:2017/07/22 旅人への道

hi-sukhumvit-hostel10

今回はバンコクでホステルにチャレンジするぞ!という妙な目標を設定した私。

参考 バンコク女性一人旅。ゲストハウスに泊まってみる。

実際に泊まってみると想像以上に使い勝手がよく、こりゃなかなかいいもんだね、とすっかり味をしめてしまいました。

本当は試しに1箇所だけ泊まれば満足、だったのですがせっかくならあちこちチャレンジしてみようと予定変更。わざわざ場所を変えて違うホステルに泊まってみることに。
同じようにホステルを使った旅に関心がある人、また、予算が少ないけど旅を楽しみたい若い人たちの参考になれば幸いです。

トンロー駅から徒歩5分 Hi-Sukhumvit Hostel

Hi sukhumvit hostel

ホステル潜入第2弾として選んだのはHi sukhumvit hostel(ハイスクンビットホステル)。

前回と同様駅近なことと、これまでトンロー駅周辺にあまり馴染みがなかったことが決め手となりました。

Hi sukhumvit hostel

トンロー駅といえば、ソイ38の屋台街。

Hi sukhumvit hostel

Hi sukhumvit hostelはこの屋台街を抜けたところ。ホテル自体は大通りから1本入ったところにあるものの、辺りが夜遅くまで賑わっていているので安心感があります。

Hi sukhumvit hostel

Hi sukhumvit hostel
こちらがフロント。チェックイン時に現金300バーツ(約1,110円)をデポジットとして預ける必要があります。
フロントの男性はとてもクリアな英語を話す親切な若者でした。

前回のスクンビット駅近くのホステルは非常にモダンな内装でしたが、こちらはかなりクラシック。ナチュラル嗜好の方はこちらのほうが好きかも。

1Fはフロントと共用スペース。

hi-sukhumvit-hostel13

日中は常に窓が開け放されていて開放的。緑も多い。

hi-sukhumvit-hostel8

が、その分蚊も多い。蚊取り線香を焚いてくれていますが、虫除け対策は必須です。

hi-sukhumvit-hostel5

大きなダイニングテーブルの横には無料のコーヒーと紅茶が用意されています。ちなみに犬の鼻から出ているのはティッシュです。朝はトーストとシリアルの簡単な朝食付き。

hi-sukhumvit-hostel6

奥にはキッチンスペースがあり、自由に使える冷蔵庫も設置されています。

hi-sukhumvit-hostel26

hi-sukhumvit-hostel14

客室階はフロア毎に違ったコンセプトのインテリアになっていました。

hi-sukhumvit-hostel24

残念ながら空きがなかったので今回もドミトリーに泊まったのだけど、個室も明るくてなかなかよさそう。

そして最上階には強い日差しの降り注ぐテラスが。

hi-sukhumvit-hostel20

hi-sukhumvit-hostel17

hi-sukhumvit-hostel18

ゴロ寝できるスペースもあり。
屋上で背中をこんがり焼いている若い女性の姿もありました。

hi-sukhumvit-hostel25

屋上からの風景。
もちろんここに洗濯機&物干し場アリ。あっという間に乾きます。

その他、室内と水周りは例によって人がいたので写真は撮れず。気になる方はこちらでチェックして下さい。

よかったところ、悪かったところ

hi-sukhumvit-hostel21

前回泊まった3 Howw Hostel at Sukhumvit 21と比べると設備としては古さを感じるものの、内容は決して悪くはありません。掃除もきちんとされているし、客層もよくロケーション抜群。海外旅行に不慣れな女性一人でも安心して泊まれそうです。

よかったところ

  • 共有スペースが充実している
  • WIFIが快適
  • 場所がわかりやすく便利
  • 近くに屋台があり、食事に困らない
  • コーヒー、紅茶が自由に飲める
  • 朝食が出る
  • キッチンで食器やナイフ、冷蔵庫が自由に使える
  • 屋上で洗濯物が干せる
  • ベッドにカーテンがついている
  • 水周りは男女別

こちらもWIFIは共有スペース、部屋ともに快適でした。バンコクのホテルはWIFIが弱いところはあまりないのかも。

また、フロア自体が男女別になっているのでシャワーやトイレなども女性専用。やっぱりこのほうがなんとなく落ち着きます。

そして屋上のテラスは広くはないもののなかなか気持ちいいです。Agodaのレビューで屋上の居心地よさについて言及している人が何人かいたのも納得。

悪かったところ

  • 室内ベッドまわりにロッカーがない
  • ベッドの寝心地がよくない
  • 水周りが少々古い
  • 蚊が多い

hi-sukhumvit-hostel16

廊下に小さなロッカーが設置されているものの、部屋内には荷物を置く場所がなく、ベッドの上で保管する以外ありません。これは少々不便。

ただし、このロッカーはチェックアウト後も1週間程度は使用できる(※宿泊中は無料、その後の延長使用は有料。期間によって金額は変わるが100バーツ程度)システムなので、このゲストハウスを拠点として地方へも足を伸ばす人には使い勝手がいいかもしれません。

残念なのはベッド。
カーテンがついているところはいいのですが、本当に簡易のパイプベッドなのでかなりチープです。ベッドが硬いと寝られない、腰が痛くなる、という方にはあまりおすすめできません。まあ値段が値段なので心地いいベッドを望むのは少々贅沢かしら?この点は個室を選べば問題なさそうです。

hi-sukhumvit-hostel19

というわけでいくつか気になるポイントはあるものの、ロケーションとしてはとても気に入ったこのホステル。
夜遅く戻って来ても駅からホテルに着くまでに屋台があるとついフラフラと寄り道してしまう私なのでした。

Hi-Sukhumvit Hostel
23, Soi Sukhumvit 38, Phra Khanong, Klong Toei, Sukhumvit, Bangkok, Thailand 10110

 

関連 バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。




関連記事

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

一人飲茶を堅尼地城で楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 香港年末一人旅 クリスマスの過ご

記事を読む

セブ島長期滞在におすすめ キッチンつきアパートメントホテル。

今回セブシティで滞在したキッチンつきのアパートメントホテルがなかなか快適だったのでご紹介しま

記事を読む

東京タワー

東京の中心で、エクスキューズミーと叫ぶ。

東京は夜の7時。約束の場所へ移動するため、地下鉄の駅へ向かう。 深くて安心、大江戸線の

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

灘の酒蔵巡り アクセス便利でおすすめ。 その1. 櫻宴 櫻正宗記念館

先日「観光地ではない普通の街並みをただ歩くような旅が好き」と書きました。 参考 鉄人2

記事を読む

ダウンタウンの街散策、橋から眺める女神の姿。

ニューヨークの旅、先日のアップタウン編に引き続きダウンタウンその他編です。 関連 アッ

記事を読む

台湾一周一人旅 高雄、台東、花蓮で利用したお手頃で便利なホテル。

台湾一周旅行で利用したホテルのまとめ。 台北、台中〜嘉義、台南に続き今回はラスト3都市で泊ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善記録、椅子がこわい。

腰痛改善計画の続きです。 長年苦しみ続けている腰痛を改

Speed Wi-Fi 5G X12 NAR03に機種変更。

数年に1度のことなのに、なぜ毎度毎度こんなに面倒なのだ!と吠

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

→もっと見る

PAGE TOP ↑