伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

公開日: : 最終更新日:2019/06/21 旅人への道, 食べること ,

ito_14

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。

日本国内、各地で散歩

海水浴をするわけでもなく、温泉に入るでもなく、特に予定を決めないぶらり旅。

終わってみれば山を抜け、海沿いを走り、ただただ海を眺めただけの日帰り旅行となりました。

伊東まで日帰りドライブ

ito_2

ドライブ、と言ってもわたくし筋金入りのペーパードライバーです。

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

よって今回の静岡散歩は友人らとのお出かけ。レンタカーの手配も行き帰りの運転もルート設定も全て人任せ、私は後部座席に収まっているだけというおんぶにだっこの旅であります。

ito_3

前日の静岡は大荒れだったので天気が少々心配ではありましたが、ご覧の晴天。

ito_1

人に任せっきりゆえにどんな経路をたどったのかすら定かではありませんが、だいたいこんな感じでしょうか。

道中はとにかく、話通し。

ここでネタにできるようなクリーンな話題は残念ながらない、というか、むしろ絶対に披露できないことだらけでしたが、女だらけの水泳大会的ドライブってのもいいもんだなあと思う。いや、誰一人水着なんて着てないんだけど。

ito_4

ファミリーが賑わう海水浴風景を眺めるのもまた夏休みっぽく。

ito_5

お盆真っ只中で混雑するかと思いきやそう大きな渋滞に巻き込まれることもなく、都内から道の駅・伊東マリンタウンまで約3時間で到着しました。

伊東マリンタウンの海鮮丼とお土産

ito_15

で、到着してから気付いたんですが、7年前くらいにここに来たことあったんだ。

久しぶりにがっつり常駐で仕事をすることになり、そうなると平日フラフラ旅行なんて行ってられないし、最後に近場の温泉でも、と考えての一人旅。伊東駅からここへぶらぶら散歩に来て、レストランで地ビール飲み比べセットか何かをオーダーした記憶が蘇る。

ito_6

しかし今回はちゃんとランチを食べますよ。ドライバー氏に敬意を表して(?)のノンアルコールランチであります。

ito_8

立派な洗面器大のうつわに盛られて登場した海鮮丼。しらすや桜えびも入ってる。

ito_9

今時のインスタ映えかき氷のごとき盛りで登場したづけ丼。

どうですか、正しい観光客っぽいでしょう。誰かと一緒に出かけると、一人ではしないことに挑戦できるのがいい。

海鮮丼ごときで挑戦ってのもなんですが、酒も飲まずに米粒食らってる時点で私にとっては大チャレンジと言えましょう。

ito_28

マリンタウン内はお土産売り場が広くて海鮮モノやお茶やスイーツやらのお土産物がてんこ盛り。この辺りはみかんなどの果物が採れるので、みかんジュースやジャムなどの品揃えも豊富でした。

ito_27_2

友人らはしらすせんべいやらスイーツやらを、私は酒を購入。

ito_29

さて出ましょうか、というところで突然西瓜に引き寄せられる友人。そっか、車だから余裕で持って帰れるもんね、ということで丸々ひとつお買い上げ。大好物なんだって、西瓜。

いいなあ。西瓜が好きだと、夏のお楽しみがひとつ増えるような気がする。と、西瓜やメロンにイマイチ惹かれない私は羨ましく思うのです。

ito_30

途中トランク内で天然西瓜割りショーが開催されることもなく、無事東京まで移送されました。

============
伊東マリンタウン
〒414-0002
静岡県伊東市湯川571-19
TEL 0557-38-3811

遊覧船には乗れなかった

マリンタウンへは食事とお土産目的で来たのではなく、実は遊覧船に乗ろうかと考えていたのです。

伊豆の海を、海中・船上から満喫しませんか?(伊東マリンタウン)

ポートセンターは、スパ棟の南に位置する遊覧船の船着場です。イルカ型かわいいの「はるひら丸イルカ号」と、海賊船「ゆーみんフック」が運行中。伊豆の海を、海中・船上から満喫しませんか?

が、2艘ある遊覧船は先日の台風及びこの前日の大雨の影響で故障したため、運休。残念ながら海上散歩は叶いませんでした。

ito_14

ならば腹ごなしにとマリーナを歩いていると、向こうに海沿いを歩いている人が見えたので、行ってみる。

ito_17

テトラポットの脇に「幸せの風吹く伊東マリンロード」と名付けられた海沿いの桟橋が整備されておりました。ただ、ここも前日の嵐で高波に襲われたのことで、一部立ち入り禁止。係の方の説明によると、この桟橋をゆうに超える波があったのだとか。

ito_20

夕暮れ時間も近く、ちょっと曇って来ちゃったけど、潮の香りが気持ちいい。

ito_21

緑もたくさん目に入るしね。

ito_24

この桟橋には「恋人の聖地」なるキャッチフレーズが冠されており、柵にカラフルなリボンが結ばれていました。あ、アレですね。

台湾一周一人旅 噴水広場に東石漁港、嘉義で行ったところ。

永遠の愛を誓う、おまじない的なやつでしょう。

ito_26

しかし結ばれたリボンにしたためられた文言を確認してみると

「お金がたくさん貯まりますように」

などと書かれてある。聖地とは。

ito_16

聖地とは。お金、たくさん貯まるといいね。

遊覧船に乗ることもできず、帰りの渋滞も怖かったので、結局滞在数時間にてそそくさと退散。帰りはしばらく高速に乗らずに海岸沿いを走り、海辺の夕暮れと地元の雰囲気を味わいながら、またまた大トーク大会を繰り広げる。

ito_31

なんかご飯食べてお土産買って喋ってただけだったねー、とか言いながら、渋谷まで戻ったのは21時過ぎ。約10時間の日帰りドライブ旅となりました。

今回のコンセプトは

「たまには夏っぽく海でも見に行こう」

だったので、一応計画通り、かな。みんな、遊んでくれてありがとうね。次回はまた、秋の旅だな。さて、どこへ行こうかしら?




関連記事

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

黒はんぺん焼き

黒はんぺん焼き、春菊の白和え献立。

黒はんぺんをいただきました。 最近なぜか静岡方面のお土産を頂戴することが多いです。

記事を読む

焼き鳥

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

年末年始の帰省中に、家族で焼き鳥を食べに行ったんですよ。 ここ数年、帰省時外食は中華と

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」 です。

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひど

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

新年に考える今年の食計画。

1週間ぶりに自宅に戻ったので、毎度おなじみきのこスープで体内のご機嫌を伺いました。 旅

記事を読む

秋の献立

秋刀魚の梅煮、蕪の温サラダ。

ついに来た! そろそろかなー、もう少し待つかなー、と、9月に入った辺りから鮮魚売り場をそわそわ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑