焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

焼き油揚げで晩酌

すご過ぎないものの力とは。

たまにものすごくおいしいものが食べたくなって、はて、おいしいものってなんだろう。わかりやすい豪華さを伴う品では、鮨とか肉とかその辺か。いや、カウンターだけしかない町外れの小料理屋で食べたきんぴらごぼうの素晴らしさに震えた経験だってあるのだから、素材は関係ないのかもしれないけど。

とにかく、そういう「すごくおいしいもの」の威力は改めて語るまでもないけれど、逆に、「おいし過ぎないもの」の底力も侮れないなと思うのです。

例えば、今日みたいな献立ですよ。

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたしで晩酌

焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。 

  • 卵とわかめのスープ
  • ぬか漬け
  • 小松菜のおひたし
  • 焼き油揚げの酢醤油かけ

卵とわかめのスープ

卵とわかめのスープ

蒸し鶏のゆで汁でわかめをさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけたところに溶き卵を流し入れたスープ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、キャベツ、新玉ねぎ、かぶの4種盛り。

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

ゆでた小松菜を鰹節としょうゆでいただく簡易版おひたし。

焼き油揚げの酢醤油かけ

焼き油揚げの酢醤油かけ

フライパンで両面カリッと焼いた油揚げにたっぷりのさらしねぎをのせ、酢醤油と黒七味でいただきます。

焼き油揚げと日本酒は大好物の組み合わせ。ここに野菜と汁ものを添えたらば派手さはなくともやけに満足度の高い晩酌献立になるのです。

おつまみレシピブログ

焼いただけの油揚げを筆頭に、どれもちゃんと旨いものばかりだけど、ご馳走と呼ぶには物足りない面々。おいしいけれど、おいしすぎない。だが、それがいい。

個人的には青菜のおひたしとかキャベツの酒蒸しなど、葉野菜をゆでたようなおかずがあると目や胃腸が満足する傾向が見受けられます。何があればうれしい、というのは人それぞれの好みによるのでしょうが、そのポイントさえわかっていれば、日々機嫌よく過ごせる確率が急上昇すること請け合い。

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

自分の体状態ついては無頓着でよく把握できていない私だけれど、体がどんなつまみを欲しているのかだけはよくわかっているみたいです。

 




関連記事

ハリハリ鍋

鍋で家飲み ハリハリ鍋。

ここ数日妙に暖かい日が続いていましたが、そろそろあれですね。 鍋の季節です。 昨

記事を読む

豚ともやしの酒蒸し献立

豚肉ともやし蒸し、里芋のクリームチーズ和え献立。

もやしワシワシいきたい熱発症につき、もやし蒸し。 もやしって給料日前の救世主的として広

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

葱と卵の炒めもの献立

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

困った時の卵炒めです。 葉野菜の値段にぶるぶる震える中、大好きな白葱がいい感じの太さに

記事を読む

ねぎと卵のチャーハン献立

ねぎと卵のシンプルなチャーハン献立。

卵とねぎだけのシンプルなチャーハン。シンプルなチャーハン献立。いずれの位置で切っても成り立つ

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

なすそうめん

ゴーヤと油揚げの炒めもの、なすそうめんで家飲み。

夏っぽい。 意識したわけではないけれど、売り場で目に付いたものを手に取って気づけばかな

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

ブコディムーロ 恵比寿

恵比寿Buco di Muro(ブコディムーロ)で週末の昼ワイン。

By: yoppy[/caption] 友人から昼酒のお誘いメッセージを受信した週末。

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑