鶏むね肉の梅おろし和え、ピーマンの焼きびたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏むね肉の梅おろし和え

食欲の落ちる夏にぴったりの、さっぱりとした鶏肉料理。

などとそれっぽい書き出しでスタートしてはみましたが、わたくし、暑さで食欲が落ちたためしがありません。鈍感なので気付いていないだけという可能性もありますが、夏バテとは無縁であります。

そんな私でも、こういう酸っぱくて冷たいつまみをちゅるんといくと、ああ、暑い時期はこういうのが旨いな、と思います。

ご飯のおかずにはイマイチ頼りないので、完全に酒のアテですけどね。

鶏むね肉の梅おろし和え、ピーマンの焼きびたしで家飲み

鶏むね肉の梅おろし和え献立

  • エンサイと豆腐の味噌汁
  • ぬか漬け
  • ピーマンの焼きびたし
  • 鶏むね肉の梅おろし和え

エンサイと豆腐の味噌汁

エンサイと豆腐の味噌汁

エンサイと巨大豆腐の味噌汁。出汁はいつものいりこ出汁。巨大豆腐とか言ってますが、単に豆腐を大きく切っているだけのことです。見よ、この存在感を。味噌汁というより、味噌味湯豆腐といった風体です。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、大根、島オクラの3種盛り。

ピーマンの焼きびたし

ピーマンの焼きびたし

こちらは先日のなすと島オクラの焼きびたしと一緒に仕込んでおいたもの。出汁を張って、鰹節をのせて。

鶏むね肉の梅おろし和え

鶏むね肉の梅おろし和え

繊維を断ち切るようにそぎ切りにした鶏むね肉に片栗粉を薄くはたきつけて酒の入った湯でゆでて中まで火を通します。大根おろし、叩いた梅肉、しょうゆを混ぜたもので冷ました鶏むね肉を和えてうつわに盛り、千切りの大葉を添えます。

ひんやりと、ちゅるっと、そして酸っぱいおろし和え。さっぱりと柔らかいむね肉は永遠に食べ続けられそうです。冷やした日本酒との相性もよし。

日本酒にあうおつまみレシピ

本当はささみで作ろうと考えていたのだけれど、入手できずでむね肉になりました。この手の調理に使うなら断然むねですね、ももじゃない。

考えてみればむね肉の登場頻度はかなり高いのではなかろうか。体感で言えば

むね肉
===越えられない壁===
手羽先・手羽元
もも肉
砂肝
レバー
その他

の順でよく使うような。

残念なのは現在の住まい付近ではせせりが手に入らないこと。

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

おかげで大好きなせせり焼きが最近はめっきり登場しておりません。切ない。

 




関連記事

焼き春キャベツ献立

焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめ

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

トマト卵炒めごはん

休肝日ごはん トマト卵炒めごはん、キャベツとしらすのゆかり和え献立。

週初めは休肝日と決めておりますが、連休中浮かれて遊びまくったので、休み明けの1週間は禁酒する

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/3 餃子。

いやー、天気よくて気持ちいい日曜日でした。 なんだかテンションあがる。 朝からヘアケアボディ

記事を読む

せりと豚の梅和え

せりと豚の梅和え、焼きピーマン献立。

今週は肉肉しい献立が続きます。 牛ももたたきのおろし和え、トマトとわかめのナムル献立。

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

家飲み献立 生ピーマンと塩つくね。

2015年最後の家飲み献立です。 きれいさっぱり食べきって終了、を目指していたので最後

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

たらと白菜のしょうが煮、しらすとピーマンの酒煎り献立。

昨日に引き続いて本日も鱈。 なんのことはない、2切れ買ったからです。鱈連打です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑