「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

公開日: : 旅人への道

kodama9

前回年末の帰省ラッシュ真っ最中に果敢に挑戦して玉砕(当たり前)してしまった「こだま☆楽旅IC早特」。

参考 開業50周年記念商品「こだま☆楽旅IC早特」が魅力的。

超のつく繁忙期ゆえ、座席の確保は叶わなかったけれど、新幹線で各駅停車の旅ってどことなく優雅だよなあなんて強く惹かれてしまいました。今回、怪我の功名(?)でまたまた関西方面に移動する機会ができたので、再びチャレンジすることに。

一応飛行機も想定していたのでいつものようにスカイスキャナーで検索。
結果、Peachで往復1万円以下の便が取れそうだったので候補に入れるも、今回の第一希望はあくまでも「こだま早特」なのです。

予約画面はきちんとチェックを

kodama11

「早特」で乗車できる席数は列車ごとに決まっているようなのですが、移動が平日の昼間だったからか、一発で予約できた!
東京から新大阪まで、約4時間の各駅停車の旅決定です。やったね。

前回もわかりにくいと文句を言っていたEX予約画面ですが、この「こだま☆楽旅IC早特」の予約と普通のこだまの予約もごっちゃになりやすいのでやや注意が必要。

予約内容確認画面で

  • 設備 グリーン車
  • きっぷの種類 こだま☆楽旅IC早特
  • 合計額 9,500円

になっているかきちんと確認しましょう。

 

こだまで移動はかなり快適

kodama8

さて、さっそく出発です。
車両は普通に700系で快適そのもの。さらに同時刻のぞみのグリーンと比較しても、かなり余裕のある乗車率。ええ、ガラッガラです。そりゃそうか。

さっそく準備を整え、お楽しみのお食事タイムに突入です。

ekiben8

参考 品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

うふふふふ。
が、ここではたと気づく。

のぞみだと、とりあえず新横浜を過ぎれば名古屋まで気にしなくてもいいけど、各駅停車だから、誰かが隣に乗ってくる可能性がゼロではないのか。

品川の出発時点で既にゆったりと2席使って荷物を置いて、靴まで脱いで寛いじゃってる私。

平日ガラガラの時間帯にのぞみグリーンに一人で乗車して隣の席が埋まることなんてまずないのだけど、各駅停車って乗ったことないし、事情がわからない。

kodama7

小田原とか

kodama4

熱海でごそっと乗ってきたりするのかしら…?

と急に弱気になったのですが、酒を呑んでいるうちにそんなこともすっかり忘れる。はっはっは。

そして当初の心配は杞憂に終わりました。
隣に誰も乗ってこないどころか、終点の新大阪駅まで乗ってるの同じ車両に3人くらいしかいなかった…。

 

時間をゆったりと使うのもまた「贅沢」

kodama

のぞみに比べると「4時間」はかなり長く感じられるかもしれませんが、ご飯食べたり本読んだりお昼寝したりであっという間。停車時間も少々長いので、

kodama5

kodama6

こんな風に売店冷やかすくらいの余裕もあるしね。
ちなみに写真は掛川。お茶でも欲しいなーでも浜松の売店も見たいよねーなんて思ってスルーしたら、浜松通過時はうっかり寝落ちしておりました。

10分で寝落ち。幼児か。

kodama3

そして今回発見したのは、「米原」の声を聞くととたんに関西に来たな~と実感すること。あまり接点もなければ降りたこともない駅なんですけどね。
私の中での内と外の境目は「岐阜羽島」と「米原」のようです。みんなそうかな。

kodama2

そして新大阪着。
普段2時間半で移動している距離を4時間かけるなんて疲れるかなと思いきや、なんだかとてもいい時間を過ごせました。
4月からも何か魅力的なキャンペーンがあるといいなあ。

参考 東海道新幹線開業50周年記念商品「こだま☆楽旅IC早特」を発売します!(EX予約)

≪設定日≫
平成26年6月17日~平成27年3月31日
※平成26年6月14日からご予約開始

≪おねだん例≫(大人1名片道利用)
●東京・品川 ⇔ 静  岡 :5,930円(通常のきっぷに比べて2,650円お得 [ 約31%割引 ]※)
●東京・品川 ⇔ 名古屋 :8,900円(通常のきっぷに比べて5,570円お得 [ 約38%割引 ]※)
●東京・品川 ⇔ 新大阪 :9,500円(通常のきっぷに比べて9,420円お得 [ 約50%割引 ]※)
※「こだま」号グリーン車の所定運賃・料金(大人1名片道利用)との比較です。

さてこの嬉しい記念商品、設定日は3/31まで。期間中に移動予定のある場合は是非候補に加えてみてはいかがでしょうか。
どうしても急ぎで移動しなくちゃいけない、というケースでなければ、いや、むしろ普段慌しく時間に追われていて疲れている時こそゆっくり各駅停車で旅するのもいいかもしれません。
お値段は随分とお得だけれど、時間をゆったりと使って移動するという「贅沢」が味わえますよ。




関連記事

台湾一周一人旅 国立美術館に高美湿地、台中で行ったところ。

台湾2都市目、台中に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 台北をほと

記事を読む

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

姫路城

世界遺産、万燈祭、アーモンドトースト 姫路は侮り難い街だった。

お出かけ系ポスト連打の今日この頃。 スペインの旅記録がまだまだ途中ですが、ちょっと場所を変えて初

記事を読む

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

台湾一周一人旅 台中、嘉義の不思議なホテル。

台北編に続いて台湾一周で利用した宿情報です。 関連 台湾一周一人旅 台北 駅近 空港移

記事を読む

僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは 「旅に出るため」 です。

記事を読む

香港年末一人旅 東の筲箕灣、西の堅尼地城。

トラムが楽しい、の続きです。 関連 香港年末一人旅 香港島をトラムで歩く。 香港

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その1. 台北駅 懐舊排骨便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を楽しもうじゃないかという旅をしています。 関連 台

記事を読む

高美湿地へのアクセス方法と帰り方 台湾一周一人旅。

台中の旅行記にてまた改めて書きます、と宣言しておきながら書いていなかった高美湿地の詳細記事。

記事を読む

どこも行けなくて・夏。

奥さん、8月です。 真夏です、盛夏です。今年も残すところあと153日となりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑