灘の酒蔵巡り その2. 浜福鶴吟醸工房

公開日: : 最終更新日:2018/07/18 旅人への道 , ,

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴吟醸工房 hamafuku

灘の酒蔵巡り、続きです。

参考 灘の酒蔵巡り2015

今津郷、西宮郷、魚崎郷、御影郷、西郷からなる「灘五郷」。今回は阪神魚崎駅からスタートして阪神御影までを歩くコースです。

「コースです」とか言ってますが、ただの散歩です。次回は西宮のほうにも行ってみたい。



2蔵目、浜福鶴吟醸工房

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴 hamafuku3

2蔵目は櫻正宗から徒歩3分程の位置にある「浜福鶴」吟醸工房。

参考 浜福鶴

年間を通して酒造りの出来る設備をそなえた『吟醸工房』は、伝統の酒造りを皆様にお伝えしたいとの思いを込めて、全工程をガラス張りでご覧いただける設備をそなえて、平成8年3月22日にオープンしました。

こちらは小さいながらも酒作りの工程がガラス越しに見学できるようになっています。

さて、こちらの蔵。運営会社は小山本家酒造です。
小山本家酒造は創業1808年の埼玉の会社。ん?もともと灘の酒蔵じゃなかったのか…と思ったのですが、そうとも言えないようで。

参考 会社沿革(小山本家酒造)

小山屋又兵衛は、宝暦十三年(1763年)播州・宮北村(兵庫県播磨町)に生まれました。
時は江戸時代末期、11代将軍家齋の頃、清酒の本場・灘で酒造りの技術を修得した又兵衛は「最高の清酒を造る」という志のもと、灘を後にして、単独で日本全国を旅しました。
そして、武蔵之国北足立群(現在の小山本家酒造所在地)に良質で豊かな湧き水があるのを発見しました。

昔のことなのでどこまで本当かはわかりませんが、「酒造りを志し旅に出る」って、いいですね。
結局のところは湧き水に惹かれて埼玉の地で開業することになったそうなのですが、酒造りの技術は灘仕込み。「とっておきの酒を少しだけ」にこだわった酒造りを続けていたようです。が、時代の流れと共に大量生産を軸とする企業へと変わって行きます。

そしてその後、1980年代から既にグループ会社となっていた灘の浜福鶴を吸収合併するのですが、これは創業者の灘の酒造りに対する思いを継いでのことだったのかも?なんて思ったり。
パンフレットにもオフィシャルサイトにもこの蔵に関する震災以前の記述がないので憶測に過ぎませんが、浜福鶴大吟醸の名称が「小山屋又兵衛」となっているところからもいろいろ想像が膨らむわけです。

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴 hamafuku5

先ほど櫻正宗にて大正の酒造りの様子を見たばかりだったので、いやあ一気に近代化したねえとか思ってしまうのですが、よくよく見てみるとわりとアナログだったりして。

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴 hamafuku7

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴 hamafuku6

杉の木造りの麹室

この日は平日だったので空いてはいたのですが、何故か既に酒蔵巡りの試飲でほろ酔い、おおはしゃぎのご高齢団体とぶつかってしまい、圧倒されてあまり資料を落ち着いて見ることができませんでした。
醪(もろみ)の音と香りを体験できるコーナーでは団体さん全員こぞってボタンを連打、連打。
子供か!というようなはしゃぎっぷりに少々押され気味でしたが、いやあ、お元気そうでなによりです。

灘の酒蔵めぐり 浜福鶴 売店 hamafuku2

お土産によさそうなミニ樽

最後はお決まりの物販コーナー。
ここで団体さんがこぞって食べていたのが大吟醸ソフトクリーム。うーん、美味しそう、美味しそうなんだけど、ご飯食べる前に甘いもの食べるってできないのよね…ソフトクリームってデザートだもん。と、ヘンなところで気難しい私はスルー。食後だったら食べてたな。

受け継がれる伝統のブランド

さて、帰ってから改めてサイトをじっくり見ているとちょっと気になる記述が。

参考 七ツ梅の歴史(浜福鶴)

葛飾北斎や喜多川歌麿の絵にも登場する伊丹生まれの七ツ梅。江戸で圧倒的な人気を誇ったこの酒は木綿屋、田中藤左衛門商店の廃業を経て、現在浜福鶴がブランド継承しています。

料理と酒の相性を通じて「酒はあくまで料理を引き立てる脇役であり主役では無い、料理や素材の持ち味を引き出し旨味を増幅させるためのものだ。」ということを、私に伝えたかったのです。・・・「目から鱗」の思いでした。
ようやく私は、『七ツ梅』の味をどうするべきか分かったのです。そしてその味は「どんな料理のジャンルも問わない、飲み飽きしない食中酒を目指そう!」と決めました。

歴史あるブランドを受け継ぐのはやはり大変なことのようで。
日本酒は絶対食中酒!美味しいものと一緒に呑みたい派の私にはいいかも。

浜福鶴吟醸工房
神戸市東灘区魚崎南町4-4-6
TEL078-411-8339

灘の酒蔵巡り、もう少し続きます。




関連記事

chiangmai6

チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

初のチェンマイ上陸を果たした今回。 ...だったのですが、何しろ目的がお寺での瞑想修行

記事を読む

酒心館で利き酒

灘の酒蔵巡り その6. 福寿・神戸酒心館で利き酒を愉しむ。灘五郷リターンズ ’16

2015年、2016年と新年行事のように足を運んだ灘五郷の酒蔵巡り。 参考 灘の酒蔵巡

記事を読む

cebu-diary-01-2

必要最低限の部屋、夢も希望もありゃしない。セブ日記 1

本日のセブシティは晴れのち曇り。日中の気温27度。朝夕はエアコンなしで過ごせる気候でエアコン

記事を読む

By: dave.see

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

isuzu2

神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

moalboal_2016_4

ビーチリゾートお気軽一人旅 2016。

またまたやって参りました。 関連 モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方 201

記事を読む

mt.fuji

行ったことのある都道府県マップを作ってみた。

タイトル部分に「旅に纏わるライフログ」と書いてあるわりには旅についての記事が少ないこのブログ

記事を読む

chiayi_lunchbox_26

台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文学館、台南の街を散策する。

台湾4都市目、台南に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 台南は今回

記事を読む

subwaysta

僕らが旅に出る理由 その2 ~世界が広いことを知った30代~

40過ぎてシェアハウスに住んだり、どんどんモノを減らしたりしているのはいつも身軽でいたいから

記事を読む

cebu-diary-122

英作文はオリジナリティにこだわらない。セブ日記 12

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こうじゃなくちゃなあ。と、大きな窓

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_25
50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が

セロリ卵炒め
セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油

tainandog9
いい人になる方法。

人は誰しも裏と表の顔があるのが当然で、いついかなる時も誰に対し

秋刀魚のしょうが煮献立
秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚

ipod_code2
自由な私をもう縛らないで。

最近カバーがパカパカするようになったので、おや?と思い、中身を

→もっと見る

PAGE TOP ↑