モアルボアルへの行き方とセブシティへの帰り方。

公開日: : 最終更新日:2019/04/07 旅人への道

モアルボアル滞在記2016

夏休みはフィリピン・セブ島のビーチリゾート、モアルボアルで過ごしました。

またか、という感じですね。

セブ島には多くの美しいビーチがあるのですがなぜかここ数年モアルボアル以外のビーチリゾートに行っていない私。今回は別のところで過ごそうかと考えていたのですが、結局またまたモアルボアル。

せっかくなので昨年の滞在記と比較してみようと思います。

モアルボアルを選ぶ理由

トライシクル

これまでもオランゴ島やネグロス島などの離島をはじめセブ島からいろんな場所へ出かけてはいるのですが、なぜかここしばらくは気づけばモアルボアルばかりを選んでいる謎。今回セブ入りしてからしばらくの間は夏休みをどこで過ごすかまだ決めておらず、海好きのセブっ子に意見を求めたところ

「気合入れていくならバンタヤンとかもいいけど、セブシティから気軽に行けるビーチでベストなのはやっぱりモアルボアルじゃないの?」

と言われて納得。

そうなんですよね。バスで3時間弱と聞くとそう近くもないじゃないかと思われるかもしれませんが、セブ市内から乗り換えなしで行ける気軽さは魅力的。他の候補もあれこれ考えてはいたのですが結局またもやモアルボアルを選んでしまったのでした。簡単は正義。

モアルボアルへの行き方

moalboal_2016_30

さてモアルボアルへの行き方は去年書いた通りです。

関連 モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録2015

セブシティのサウスバスターミナルからモアルボアルまでバスで1本。ぐーぐー寝てたら着くので簡単です。が、今回は到着までに思いのほか時間がかかり3時間少々かかりました。

moalboal_2016_32

セブ市内の渋滞は道路の整備や信号の設置により緩和されつつあるのかな、と感じていたのですが、一方でトラフィック自体は増え続けているのかこの日も道中の序盤に位置するナガとカルカー辺りが激混み。動かない。時期や時間帯にもよるでしょうが、余裕をもって3.5時間くらい見ておいたおいたほうがいいかもしれません。

moalboal_2016_31

今回も黄色いセレスバスに乗車。運賃は116ペソ(=約244円)でした。
バスでお釣りが出ないようにと小銭をたくさん用意して出かけたのにサウスバスターミナルまで乗ったタクシーのドライバーにお釣りないもんねー、と言われコイン総取りの刑に遭う。ゆえにバスでは200ペソ札を出しましたがちゃんとお釣りをくれました。お釣りが出ないことの多い長距離バスですが、これくらいならおそらく大丈夫かと。

moalboal_2016_36

余談ですが行きは進行方向に向かって右側、帰りは左側の窓際を陣取ると車窓から海が見渡せます。

moalboal_2016_33

山越えした後、バリリという街にてトイレ休憩があります。

moalboal_2016_35

いつもならここまで来たら後はスイスイ、だったような記憶があるのですが、今回はここからも少々時間がかかりました。そのせいかドライバー氏に眠気が来たようで運転しながら何度も立ったり座ったり思いっきり自己ビンタで過度な衝撃を加えたりしている姿を手に汗握って見つめておりました。何事もなくてよかった。

モアルボアルのバス停、降車場所は?

moalboal_2016_37

さて、トイレ休憩が終わったら結構早い段階で沿道に「Welcome to Moalboal!!」なんて表示が出てくるのでしばらく走っているとあれ?通り過ぎちゃった?なんて不安になるかもしれません。実際お隣に座っていた白人のご夫婦も

「モアルボアルはまだか?」

と何度も乗務員さんに尋ねておられました。が、到着までの目安は沿道に点在する「マクドナルドまで後◯km」の看板。2年前にオープンしたマクドナルドが入っているショッピングモール、ガイサノモアルボアルさえ見逃さなければ大丈夫です。

昨年来た時は

「モアルボアルのバス停とガイサノの場所が離れてるの不便だよなあ」

なんて思っていたのですが、今年はガイサノの前でバスが止まるようになっていました。
というかこのバス、降りたいところで止めてもらえるのであらかじめ乗務員さんにガイサノ前で降ろして欲しいと伝えておけばいいかも。モアルボアルのバス停よりもガイサノ前のほうがわかりやすいのでここで降りて買い物などを済ませてからトライシクルでパナグサマビーチへ移動するのもひとつの手です。トライシクルの料金はいずれの場所からも100〜150ペソ前後(=約210〜315円)。

パナグサマビーチ周辺のレストランでは今年もやっぱりクレジットカードは使えず、ATMもナシ。よって両替はセブシティで済ませておくのが安心です。ガイサノやモアルボアルのバス停前薬局にもATMはあるけれど、ここが故障してたり現金が入ってなくてアウトだったらもうどうしようもないですからね。ここでの出金は最終手段と考えておきましょう。

モアルボアルからセブシティへの帰り方

moalboal_2016_27

行きはいつものようにモアルボアルのバス停で降りたのですが、帰りはせっかくなのでパナグサマビーチからトライシクルでガイサノまで移動。ガイサノ前からバスに乗ろうと思いそこらでたむろしている現地の人と世間話をしていたら、セレスバスを2台も逃してしまいました。

moalboal_2016_28

どうやらセブシティ行きのバスはモアルボアルのバス停には人がおらずともきちんと停車するけれど、ガイサノ前はこちらから乗りますアピールをしないと止まらない模様。

「大丈夫大丈夫、俺らがちゃんとバス止めてあげるからここに座ってて」

という彼らの親切心に任せていたら

「スシオイシイ」
「ヤキソバスキスキ」
「トーキョー、オキナワ、オオサキ」

などと知ってる日本語をそれぞれに一通り発表されただけでバスのことなど完全に忘れ去られておりました。親切って素敵、自分のことは自分でやりましょう。

moalboal_2016_29

新し目のエアコン付きセレスバスを逃した後にやってきたのは年季の入ったノンエアコンバス。窓どころかドアさえも開け放しという非常に夏らしく開放的な状態でセブシティまで帰ったのでした。
ノンエアコンバス、山道を走っている時は風通しよくなかなか気持ちいいのだけど、木の枝とか葉っぱとかが容赦なく窓からこんにちはしてくるので手や顔を傷つけないようご注意を。

しかし件の日本語お披露目会、東京、沖縄ときてなぜ大崎なんだ?と書きながら改めて考えてハッとする。もしかしたら「大阪」を覚えまちがった結果の大崎なのではなかろうか。オオサカオーサカオーサキオオサキ。うん、有り得るな。ものすごくどうでもいいことだけどなんか合点がいきましたよ、めでたしめでたし。

おっと、モアルボアルについては去年散々書いたので今年はサクッと1記事にまとめようと思っていたのに行き帰りの方法だけでまたも長々と書いてしまいました。相変わらず話が長くてすみませんねというわけで肝心の滞在記はまた次回。

関連 ビーチリゾートお気軽一人旅 モアルボアル滞在記2016。




関連記事

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

日帰りで攻略する 益子陶器市 その2

栃木県・益子町の陶器市に行ってきました。 関連 やきものライナーで行く 益子陶器市 そ

記事を読む

大人の神戸散歩 開園60周年の須磨海浜水族園が楽しい。

神戸市須磨区にある須磨海浜水族園に行ってきました。 前回行ったのはいつだったか全く思い

記事を読む

台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

台湾一周一人旅、6都市目の台東に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

大人の短期語学留学ライブ記録 1週目を終えて。

フィリピン・セブ島にて1ヶ月の短期語学留学体験中です。 関連 大人の短期英語留学記録

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

家を持たないホテル暮らしで困ること。

家を持たない生活をする人、増えているのでしょうか。 自分もそんな暮らしをしていた経験が

記事を読む

モアルボアル レストラン

モアルボアルのレストラン。モアルボアル滞在記録 その3。

モアルボアル滞在記録第3弾です。 参考 モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録

記事を読む

少ない洋服を着回す旅、デニム以外の選択肢。

デニムが好きなので、年がら年中デニムばっかりはいています。 今回の旅でも移動中はもちろ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑