今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び続ければそのうち納得のいく環境を作り上げることができるだろうか。

そんなことを昨日書きました。

関連 割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

途中で話がこんがらがっている感は否めませんが、まあ今後も上手にモノと付き合っていきましょう、ってとこは変わらず。

洋服に関してはかなりいい状態になってきていると感じています。

今日捨てたもの

今日捨てたもの

  • ボーダーのタートル

シンプルな白×黒ボーダーのタートルニット。以前ここにも登場したことがありました。

関連 定番コットンカーディガンを着回してみる

これ、いつどこで購入したのかさっぱり覚えていません。が、かなり長く使っていることだけは確か。

なんの捻りもないシンプルなアイテムなので特別気に入っているわけでもなかったのですが寒がりのくせになぜか薄手、もしくは七分袖の服ばかり所有している私にとっては貴重な長袖でありました。年末年始の旅にも使ったしね。

じゃあなぜ手放すのだ。
それは、穴が空いているのを発見したからだ。しかも2箇所も。

いやー、いつ破けちゃったんだろうか、昨日今日ではないのかもしれない。もしかしたら穴空いたまま暫く着てたのかも。いやはや、相変わらず適当過ぎて呆れます。

記憶にない買い物は

たとえ大昔に購入したものでもそれなりに思い入れのあるお気に入りアイテムならば買った場所や欲しかった理由など、記憶に残っているものです。私の場合、いつ買ったのかまるで覚えていない代物は大体が適当に買ったもの、というパターンが多い。

これもそうなんだよね。

貴重な長袖としてそれなりに活躍はしていた、と言っても生地の肌触りとか首元のゆるさとかちょこちょこ引っかかる点はあって、それでもまあ着れない程じゃないし…で生き残ってきた、というのが正しい表現なのかもしれません。

穴が空いたのは寿命か、私の不注意か。
いずれにせよ、タイミングがきたのだと判断します。おつかれさまでした。

ミニマリストの持たない暮らし

モノをむやみやたらと捨てたくはないけれど、こうしてタイミングを見計らいつつ徐々に少なくなっていく服。これからはなんとなくじゃなくて、ちゃんと欲しいものだけを選ぶんだ、と決めてからは適当な買い物が本当にできなくなってしまいました。

関連 買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

洋服に関しては選ぶ基準が厳しくなりすぎているなあと思わなくはないものの、今のところ生活に支障ないのでよしとしましょうか。
必ず訪れるであろう新しい出会いを期待して。




関連記事

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

大量に処分したネイル用品。

使わないメイク用品や化粧品サンプルなどと一緒に大量にネイル用品も大量に処分しました。

記事を読む

付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランス

記事を読む

今日捨てたもの 8/21 食器は揃いじゃないとダメ?

8月は 「毎日ひとつづつ捨てる」 というルールを決め、日々実行中です。 お

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

By: Emily May[/caption] 今よりもう少しだけ持ち物を減らそうとしていま

記事を読む

2017年のスケジュール帳はどうする。

あああすっきりした。 昨日時間の使い方云々と書いた矢先ではありますが。 関連 デ

記事を読む

スヌードコーデ

服が少なくても同じものばかり着る

短い秋の時期しか着られないものを、どうにか活用してやろう。と、毎年虎視眈々とタイミングを伺

記事を読む

今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

By: Cristeen Quezon[/caption] どうにも物持ちがいいので痛んでし

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大きく変わらぬ通常モード。いつも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑