何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

公開日: : 最終更新日:2017/04/08 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書きましたが。

関連 執着心の強い女の持たない暮らし。

メーカーのサイトには該当機種修理に関する記載があったので営業所に直接持ち込もうと前のめりになるも、ページによっては取り扱い不可の記載も。
少々弱気になって出かける前に電話で問い合わせしてみると、

「大変申し訳ないのですが、取り扱い終了機種でございます」

と、電話越しでもわかるくらしに心から申し訳なさそうにお断りされてしまいました。いえいえ、仕方ないことです、こちらこそすみません。




愛用品が教えてくれたこと

さて、この機種の修理期間がいつ終了していたのかは定かではありませんが、もしかしたら修理が必要だなと最初に感じた2年前にはもう既に終わっていた可能性もあります。

あの時さっさと行動していたら、ああ、あのカメラどうしようかな、なんていう思いを頭の片隅でもやもや発酵させることはなかったのですね。いや、もちろん毎日毎日カメラのことを考えて暮らしていたわけではないけれど、未完了項目はいつだって体に悪い。

関連 片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

大切にしていたモノに改めて教えられた気分です。

教えられたはいいけれど、じゃあ仕方ないねと諦めることもできず、バタバタと検索。いくつか問い合わせた中で

「古い機種なので修理できる保証はありませんがか、一度見せて下さい」

との返事が一通。ありがとうございます、早速手配します。やるだけやってダメだったらいよいよ諦めもつくからね。しかし次の旅までに修理が間に合うのかという問題はある。

やれやれ、物事を先送りにしてるとこういう羽目になるのです。やるやるっていつやるの、来世かってね。

そんな訳で、もしも無事に修理ができたら今回の旅はコンパクトカメラで。無理ならいつものように一眼持参。そして当初の計画通りいずれの場合も手提げ一つで行ってみようと思います。

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: AnneCN

2泊3泊なら全然問題ないけれど、そこそこ長期間の旅、どこまで減らせるか?と自分に問うてみたのですが、今回は細かい移動を伴うさらに全く土地勘のない場所への旅、これは身軽であればあるほど楽だと判断しました。

旅の荷物を減らすためにはアイテム数を絞るのも大切だけれど、カバンのサイズと重量の上限を厳守するために大切なのはむしろ数ではなく大きさ、重さなのは明白。例えば、ちょっと厚手の生地のワンピースを1着よりも薄手で軽いトップスとスカートの2着セットのほうが嵩張らないのであれば、選ぶべきは後者なのですね。

と、改めて書くと至極当たり前だけれど、数字にばかりこだわってしまうと時に本質が見えなくなる。

よし、今回のコンセプトは決定した。したらばどのメンバーでどんな打線を組むべきか。
などと考えていたら、嫌いな旅の準備もちょっとだけ楽しくなってくるような。こないかな。

関連 整理整頓が下手な人間が旅するための整理整頓。

とにかく準備が苦手で面倒くさがりのスットコドッコイなものでこの手のプランニングはあまり好きではないのですが、まあこれもパズル的なお遊びと考えればまた楽し。やたらめったら新しいアイテムを投入しない、といういつも通りのルールに則り、このゲームをプレイしてみようと思います。

モノを持たずに身軽に暮らす

しかしなんですな。
旅行には行きたいけれど綿密な計画や準備は嫌いで重い荷物も持ちたくない。だからといって旅先で着の身着のまま過ごすのもイヤで好きな装いを楽しみたい。
アレはイヤだこれは面倒、でもあれはしたいこれもしたい。結局のところワガママで欲張りなだけですね。

まあでもいいじゃないか、やりたいことあるけどまた今度ねいつかそのうちにね、っていつやるの、来世かってね。

 






関連記事

By: Håvar og Solveig

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

減らす計画、掃除機はいるのかいらないのか。

By: Ohio Redevelopment Projects - ODSA[/caption]

記事を読む

140802lg

ブックオフが9/15までキャンペーンを実施中。

いつも書籍やCDの買取でお世話になっているブックオフが今日9/10から9/15までの6日間「

記事を読む

dg2

執着心の強い女の持たない暮らし。

By: Kylir Horton[/caption] 次回の旅の計画をしています。 ち

記事を読む

passport

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

By: PascalSijen

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばら

記事を読む

By: Steven S.

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

By: Steampunk Family the von Hedwigs

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

40代女性 カジュアルコーデ

買いすぎ症候群から買えない症候群へ。

By: dvdmnk[/caption] 手持ちアイテムの魅力再発見キャンペーン、未だ継続中

記事を読む

By: dave.see

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立
ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくな

サングラス
大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

→もっと見る

PAGE TOP ↑