仕事を捨て去る。

公開日: : 最終更新日:2017/10/24 これからの働きかた, ミニマルライフ, 捨てる

meguro18

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。

関連 今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

有言実行。

覚えているうちに取り掛からないと、うっかり忘れてしまいそうなので。



今日捨てたもの

160910lg

  • 資料

以前からなんとかしようと考えていた、かさばる&処分に困る形状の資料をようやく処分しました。

本来の意味で「捨て難い」ものは、要らないと思いつつもついつい後回しにする傾向があります。単に、めんどくさいから。

関連 今日捨てたもの 妙な「思い込み」を発見する。

先延ばしにしてしまうのは申し込みが必要とか曜日が決まっているとかかさばるとかそういう物理的な理由以外に、心理的ハードルの高さゆえ、のこともあり。

私の場合、仕事がらみのものがそれに当たる。今日ようやく処分に踏み切ったのもまさにそれであります。

まあなんでもかんでも考えなしにパッパカ捨ててたら後々困ることもあるので慎重になるのは当然のこと。実際、捨てなくてよかった、という経験を何度かしているしね。

関連 捨てなくてよかった昔の記録。

ただ、再利用の可能性が一切ないとはっきりわかっているものに関しては、もうちょっとドライかつスピーディーにやってしまいたい。他の思い出グッズに関してはためらうことなくバッサリいけるのに、仕事関連に関してはこういうことが起こるのは、多分アレですね。

ストレスを感じるのは、大切なフィールドだけ

チェンマイ 瞑想

先日友人にも話したのだけれど、ストレスを感じるのはその領域が自分の核になる、大切なものだからである可能性が高い、らしい。

関連 ストレスを力に変える教科書 その思い込みは何のため?

仕事まわりでストレスを感じるのであれば、それはやはりあなたがそれだけ一生懸命業務に取り組んでいるからだし、仕事をとても大切に思っている証なのかもよ、と。

私の場合はストレス云々ではないけれど、ものを持ちたくないくせに資料は溜まりがち、という症状も似たようなものなのかなと。大事にしているというよりも、自分のやってきた仕事に対して強い執着心があるのかもしれない。

そりゃこれまでの実績は大切だけれど、理想はどんどん捨て去っていくスタイル、なんだけどなあ。

関連 お金と自由と持たない暮らし。

学生時代、結構早い段階から始めたアルバイトを含めれば「働く」ということをもう30年も続けている。そして運が良ければあと30年くらいは仕事ができると考えるなら、今がちょうど真ん中あたり。

ひとつのことを極めに極める職人の道は歩めなかったけれど、変化の激しい時代に折れることなく柔軟に対応できるしなやかさは身に付けたい。ならば、これまでのやり方を否定はしないまでも、執着している場合ではないねえ。

ミニマリストの持たない暮らし

そんなにうまくいくかどうかはわからないけど、活動期間はあと30年。30年もあったら、そこまで折れずにいたら、いろいろできるはずなのだから、牛歩でも進むべし。捨てながら前へ進め、と、資料を始末しながら鼓舞するのでした。

 




関連記事

Taichung-hotel-10

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

manytipeofcoin

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

By: Wonderlane

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

今日捨てたもの

ポケットにものを詰め込みがちな女。

凍えそうな両手を突っ込みながら、あれえ、なんかやたらもぞもぞするなあと思い、帰宅後に確認。

記事を読む

sunnysideup

今日捨てたもの 8/5 ティファールの鍋セット。

「これ、もういらないかも」 それまでは全く捨てるつもりがなかったものでも、突然そんな風

記事を読む

newbluebag

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

By: Vlastimil Koutecký

妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

By: Karyn Christner[/caption] 先日とある会で知り合った女性が食

記事を読む

puccibag

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

shirtsdisp

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

baila_6

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーが降ってきた。

省スペース設計で滑り止め加工つきのハンガーを手に入れました。 ずいぶん前にハンガー全と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

chiyoda_sanpo_9
なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん
休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごは

code1
手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち

→もっと見る

PAGE TOP ↑