本当に怖い、妙な考え癖と思い込み。

公開日: : 生き方と考え方

sugamo1_2

まだ後半を書いていませんが。

参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

巣鴨には辛い思い出がある、と書きました。

今回改めてそのことを思い出してみると、とにかくつっこみどころ満載だったので恥を忍んで記録しておきたいと思います。




巣鴨にまつわる辛い思い出

私が昔一度だけ巣鴨を訪れた理由、それは出張時に宿泊するため、でした。

えええ、なんでわざわざ巣鴨に泊まる必要が??と思われるかもしれません。具体的には忘れてしまいましたが、ちょうどその時期の東京では大きなイベントだか展示会が行なわれていてホテルが全然取れなかったのです。

もうほんっとぜんっぜん!

もちろん、1泊5万円以上するようなラグジュアリーホテルならば空きはあったのですが、ただの出張で泊まるには相応しくない。必死で探しまくってなんとか見つけたのが巣鴨のホテルだったのです。

都内のビジネスホテルはどこも満室、という時期に空室ありの巣鴨のホテル。
なんかもうフラグ立ちまくり、という感じですが。

深夜に到着した巣鴨は暗く、ホテルは駅から遠く、そして場所はわかり辛く(当時iPhoneなんかありませんからね)。地図を片手にどうにかこうにかたどり着いたのは超・怪しげなホテル。フロントは下町の銭湯の番台よりも狭く、部屋は窓がなくかび臭く、クローゼットすらない。旅の疲れを倍増させるに十分なパンチ力がありました。

「ここ、絶対普通のビジネスホテルじゃないよね…」

深夜着の早朝出発ゆえに滞在時間はほんのわずか。とはいえ、なんで頑張って働いてるのにこんな薄気味悪い宿に泊まらなきゃならないんだろう。なんか、惨めだ。

と、夜中にめそめそしていた、という悲しい思い出です。

あほか、と。

めんどくさい思考

もう書いてるだけでこっ恥ずかしく、当時の自分をグーで殴りたい衝動にかられます。

なんでこんなことでいちいちめそめそ落ち込むのか、と。

まあもちろんホテルのことだけが原因じゃなくて、他にもいろいろうまくいかないことが多かったりとか、その日の仕事に納得がいかなかったからとか理由はあるのですが、ホントにめんどくさい。

しかも、当時の同僚が平気で高いホテルに泊まってサクッと経費で落としているのを見て

「私のほうが会社のこと考えてこんなに頑張ってるのにアイツら無駄金ばっかり使いやがって」

とか思ってましたからね。関係ないっちゅうの。

今考えれば私は何をしたかったかというと

「こんなに頑張っているのに報われない私。そしてそれでも健気に頑張る私って偉い」

と「頑張る私」に酔っていたかっただけなのです。

コスト意識を持つのは大切なことですが、安いホテルに泊まることと仕事のパフォーマンスには一切関連性はありません。そして頑張りは報われたほうがいいに決まっているし、報われるような努力の仕方を考える必要もあるわけです。

それなのに

「逆境にもめげずに頑張る私、カッコいい!」

と強く実感したいがためにわざわざ辺鄙なホテルを選んでおいて嘆いたり、同僚の行動を非難したりしてみせる。後は休みなく働いたりバリバリ残業をやってたのも今考えれば同じ理由によるものです。
いやあ、若さゆえとはいえ、大分めんどくさいですね。「若さ」とか言っても28,9歳とか既にまあまあいい歳でしたけどね。

本当に怖い、妙な「考え癖」と「思い込み」

さて、タイムマシンがないので残念ながらグーで顔面殴りに行くことはできませんが、今ならそんなことはしないよなあと思います。ホテルの部屋が酷かったらとりあえずは笑うし、どうしても無理だったら宿を変えることもできる。別にめそめそする要素などどこにもありません。

そして

「状況が悪くても健気に頑張る私」

を実感したいがためにわざわざ逆境を準備したりもしません。今ならもっとストレートに欲しいものを欲しいと言えます。

辛い思いや苦労をたくさんしなければ、欲しいものは手に入らない。そんなルールはありませんからね、単なる勝手な思い込みにしか過ぎないわけで。

と、今でこそ散々自分の稚拙さを笑い飛ばしていますが、自分に妙な「考え癖」があることに気がついたのはここ数年のこと。変な考え方をする癖がすっかりついてしまっていたので、それが自分自身が勝手に創作した単なる「思い込み」であることに気づくのは容易なことではありませんでした。

参考 瞑想のすすめ。散らかった頭の中を整理する方法。

もちろん現在ではすっかり考え方が変わったよ、とまではいきません。長年蓄積してきた考え癖は結構厄介なものですからね。

それでも

「おっと、また妙なことを考えてやがる」

とハッとして方向転換できるようになったのはかなりの成長ではないかと思っています。
 






関連記事

daikanyama15

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

kobefood1608_4

70代ミニマリスト主婦の財布。

年末年始は地元に帰省すると決めております。 これは年がら年中なんの予定もなく自由気まま

記事を読む

By: dave.see

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

By: nature80020

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

By: markus spiske

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

By: Edward Betts

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

サンミゲル市場

継続してても足りてないこと。次の「通過点」はどこだ。

うっかり充電を忘れてしまう時もあるけれど、基本的に移動中は耳に挿さっています。 続ける

記事を読む

cebucity1608_4

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。 関連 私がカフェに行かなくなった理由。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑