70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

公開日: : ミニマルライフ

sakura4

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。

毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるのは私だけではないでしょう。年に数回しか高齢の親と会わない生活をしている方ならば、姿勢や歩く速度、食事の仕方、会話のキャッチボールのテンポなどに現れるちょっとした変化に敏感になるもの。

70代後半にしてはすっきり整った家で快適に暮らす我が両親の場合は部屋の散らかり具合がひとつの目安になるのではないかと考えています。

さて今年はどうでしょうとびくびく訪問してみたところ、お蔭さまで相変わらず、なのでした。

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

ミニマリストのキッチン

今年もどこかしら室内の写真を隠し撮りしてやろうかと思ったのですが鬼畜すぎるので自粛。

関連 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

今年も全くこの通り。

前回の訪問同様モノが少なく掃除は行き届き買い置きはせず、毎日きちんと化粧をして食材を買い出しにいくスタイルの母は健在でした。相変わらずテレビ大好き主婦なので年末はスマスマ最終回をじっくり堪能したそうです。よかったね。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

お茶を入れるたびにシンク下にあるミルクパンでお湯を沸かす様子を見てティファールの電気ポット買ってあげようかと申し出ると

「んー、今は要らない。そのうち面倒になってからでいいわ」

とのお答え。便利と言われてもモノを増やしたくはないのでしょう。うんうん、元気な証拠だな。

ホッとしつつ毎年恒例家族揃っての年越し鍋をつついていた大晦日の夜、ふいにインターホンが鳴りました。

悪くない人生の後半戦

ご近所同士のご挨拶もすっかり済ませた午後8時過ぎ、高齢者ばかりの集合住宅の来客としてはかなり遅い時間。

これは事件か?と食卓に緊張が走る。

母が応答してみると何のことはない、訪問者はお隣で一人暮らしのご婦人。どうやら玄関の照明がつかなくなってしまったとかで足の不自由なご婦人が父に助けを求めていらしただけのことでした。大晦日の遅い時間に申し訳ない、と恐縮するご婦人にいえいえこれくらいいつでも大丈夫ですよと腕まくりの父。

「もう大分飲んでるんだから高いところに上ったりするのは危ないわ。アンタも一緒に行きなさい」

母に促され後をついて出ていくも、父は既に作業を終えておりました。仕事早いな。

3年ほど前に倒れた時は後遺症を覚悟したものの現在は普通に話し、歩き、自転車で街をならし、酒もそこそこ嗜んでいる父。さらにはご近所さんからこうして頼りにもされているなんてなかなか悪くない人生の後半戦ではないですか。

「結局何のトラブルだったの?電球切れ?」
「いや、ウィンドブレーカーが落ちただけや」

お父さん。それ電気やない、ジャンパーや。

ミニマリストの持たない暮らし

毎回帰省してはくだらない両親ネタを書いている気がしますが、もしかしてこの記録もいずれ懐かしく読み返す時がくるのかもしれない。そう考えると特に面白みはなくとも毎度書き続けようかなと思うのでありました。

 




関連記事

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

たんまり撮りためたデジタル写真、で、その後どうなるの?

By: Nana B Agyei[/caption] 「デジタルになってから撮る量が増えて大

記事を読む

1人暮らしで自炊することにメリットはあるのか?

最近はひじきの煮物や鯖の味噌煮なんていう家庭的なお惣菜がコンビニでも買える時代。 だか

記事を読む

収納が少ない部屋で大量に収納する方法。

今朝は暑くならないうちに図書館へ返却に。そのついでにいつもの美味しいパン屋さんに寄りました。

記事を読む

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

ブランドの空き箱が捨てられない!大事に取っておく理由。

By: scarletgreen[/caption] 近頃は過剰な包装を排除する風潮が強くなりまし

記事を読む

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑