70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

公開日: : ミニマルライフ

sakura4

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。

毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるのは私だけではないでしょう。年に数回しか高齢の親と会わない生活をしている方ならば、姿勢や歩く速度、食事の仕方、会話のキャッチボールのテンポなどに現れるちょっとした変化に敏感になるもの。

70代後半にしてはすっきり整った家で快適に暮らす我が両親の場合は部屋の散らかり具合がひとつの目安になるのではないかと考えています。

さて今年はどうでしょうとびくびく訪問してみたところ、お蔭さまで相変わらず、なのでした。

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

ミニマリストのキッチン

今年もどこかしら室内の写真を隠し撮りしてやろうかと思ったのですが鬼畜すぎるので自粛。

関連 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

今年も全くこの通り。

前回の訪問同様モノが少なく掃除は行き届き買い置きはせず、毎日きちんと化粧をして食材を買い出しにいくスタイルの母は健在でした。相変わらずテレビ大好き主婦なので年末はスマスマ最終回をじっくり堪能したそうです。よかったね。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

お茶を入れるたびにシンク下にあるミルクパンでお湯を沸かす様子を見てティファールの電気ポット買ってあげようかと申し出ると

「んー、今は要らない。そのうち面倒になってからでいいわ」

とのお答え。便利と言われてもモノを増やしたくはないのでしょう。うんうん、元気な証拠だな。

ホッとしつつ毎年恒例家族揃っての年越し鍋をつついていた大晦日の夜、ふいにインターホンが鳴りました。

悪くない人生の後半戦

ご近所同士のご挨拶もすっかり済ませた午後8時過ぎ、高齢者ばかりの集合住宅の来客としてはかなり遅い時間。

これは事件か?と食卓に緊張が走る。

母が応答してみると何のことはない、訪問者はお隣で一人暮らしのご婦人。どうやら玄関の照明がつかなくなってしまったとかで足の不自由なご婦人が父に助けを求めていらしただけのことでした。大晦日の遅い時間に申し訳ない、と恐縮するご婦人にいえいえこれくらいいつでも大丈夫ですよと腕まくりの父。

「もう大分飲んでるんだから高いところに上ったりするのは危ないわ。アンタも一緒に行きなさい」

母に促され後をついて出ていくも、父は既に作業を終えておりました。仕事早いな。

3年ほど前に倒れた時は後遺症を覚悟したものの現在は普通に話し、歩き、自転車で街をならし、酒もそこそこ嗜んでいる父。さらにはご近所さんからこうして頼りにもされているなんてなかなか悪くない人生の後半戦ではないですか。

「結局何のトラブルだったの?電球切れ?」
「いや、ウィンドブレーカーが落ちただけや」

お父さん。それ電気やない、ジャンパーや。

ミニマリストの持たない暮らし

毎回帰省してはくだらない両親ネタを書いている気がしますが、もしかしてこの記録もいずれ懐かしく読み返す時がくるのかもしれない。そう考えると特に面白みはなくとも毎度書き続けようかなと思うのでありました。

 




関連記事

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

モノを持たないミニマルな生活で「節約」できるのか。

タイトルの通りです。 持たない暮らしとお金の関係性について、 「ミニマリストは普

記事を読む

友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わかりやすい酒」 というと

記事を読む

シンプルスタイル 1年ぶりのチャージ完了。

By: Steve Jurvetson[/caption] 現在私は携帯電話を持っていません

記事を読む

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

今日捨てたもの 8/25 使用期限切れの薬。

毎日何かひとつ手放していく試み。 早いもので、残すところあと1週間となりました。

記事を読む

「今の自分」に似合う服 パーソナルスタイリストの視点とは。

By: Jason Hargrove[/caption] 随分昔の話ですが、知り合いからとあるイ

記事を読む

つまらない人生、つまらない暮らし 犯人は誰だ。

By: Thangaraj Kumaravel[/caption] ものをあまり持たず、買わ

記事を読む

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑