70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

公開日: : ミニマルライフ

sakura4

今年もお正月は両親宅にて過ごしました。

毎回の帰省イベントを少々の緊張とともに迎えるのは私だけではないでしょう。年に数回しか高齢の親と会わない生活をしている方ならば、姿勢や歩く速度、食事の仕方、会話のキャッチボールのテンポなどに現れるちょっとした変化に敏感になるもの。

70代後半にしてはすっきり整った家で快適に暮らす我が両親の場合は部屋の散らかり具合がひとつの目安になるのではないかと考えています。

さて今年はどうでしょうとびくびく訪問してみたところ、お蔭さまで相変わらず、なのでした。



70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

ミニマリストのキッチン

今年もどこかしら室内の写真を隠し撮りしてやろうかと思ったのですが鬼畜すぎるので自粛。

関連 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

今年も全くこの通り。

前回の訪問同様モノが少なく掃除は行き届き買い置きはせず、毎日きちんと化粧をして食材を買い出しにいくスタイルの母は健在でした。相変わらずテレビ大好き主婦なので年末はスマスマ最終回をじっくり堪能したそうです。よかったね。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

お茶を入れるたびにシンク下にあるミルクパンでお湯を沸かす様子を見てティファールの電気ポット買ってあげようかと申し出ると

「んー、今は要らない。そのうち面倒になってからでいいわ」

とのお答え。便利と言われてもモノを増やしたくはないのでしょう。うんうん、元気な証拠だな。

ホッとしつつ毎年恒例家族揃っての年越し鍋をつついていた大晦日の夜、ふいにインターホンが鳴りました。

悪くない人生の後半戦

ご近所同士のご挨拶もすっかり済ませた午後8時過ぎ、高齢者ばかりの集合住宅の来客としてはかなり遅い時間。

これは事件か?と食卓に緊張が走る。

母が応答してみると何のことはない、訪問者はお隣で一人暮らしのご婦人。どうやら玄関の照明がつかなくなってしまったとかで足の不自由なご婦人が父に助けを求めていらしただけのことでした。大晦日の遅い時間に申し訳ない、と恐縮するご婦人にいえいえこれくらいいつでも大丈夫ですよと腕まくりの父。

「もう大分飲んでるんだから高いところに上ったりするのは危ないわ。アンタも一緒に行きなさい」

母に促され後をついて出ていくも、父は既に作業を終えておりました。仕事早いな。

3年ほど前に倒れた時は後遺症を覚悟したものの現在は普通に話し、歩き、自転車で街をならし、酒もそこそこ嗜んでいる父。さらにはご近所さんからこうして頼りにもされているなんてなかなか悪くない人生の後半戦ではないですか。

「結局何のトラブルだったの?電球切れ?」
「いや、ウィンドブレーカーが落ちただけや」

お父さん。それ電気やない、ジャンパーや。

ミニマリストの持たない暮らし

毎回帰省してはくだらない両親ネタを書いている気がしますが、もしかしてこの記録もいずれ懐かしく読み返す時がくるのかもしれない。そう考えると特に面白みはなくとも毎度書き続けようかなと思うのでありました。

 




関連記事

code1

寝坊した日に選ぶ服。

うっかり寝坊してしまった朝。 ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パン

記事を読む

By: Tara Angkor Hotel

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

closet-hanger

ラクな服、これでいいのか。

台風まで来てしまったし、今回はやや失敗気味だったか。 関連 重視すべきは大きさよりも重

記事を読む

tramando コーデ

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

By: ParisSharing[/caption] 寒いじゃないか。 ということでロ

記事を読む

By: Steven S.

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

doublewindow.min

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

By: JD Hancock

旅の準備が簡単になった理由。

By: JD Hancock[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が苦手で.

記事を読む

moving141216

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

By: twitter.com/mattwi1s0n

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなか

記事を読む

travel15115

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑