行き方を他人に委ねて生きている。

cebu-driver_3

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそうも言っていられないので今回もそれなりに利用しています。

ちょっとばかりボラれたとかほんのり遠回りされた、なんてアジア各国ではありがちな状況以外には幸いにもタクシーでトラブルになったことはないのに今なお苦手とはこれいかに。

関連 マニラニノイアキノ空港ターミナル移動で疲労困憊。

これも慣れっちゃー慣れなんだろうなあ。実際滞在期間の長かったセブでのタクシー利用よりバンコクのタクシーのほうが未だに抵抗あるのはそういうことなんだろうね。などと思っていたのですが、今回不思議なタクシーに遭遇しました。



本当にタクシードライバーなのか疑惑

cebu-driver_1

バスターミナルからタクシーに乗り換えた時のこと。行き先を告げるもイマイチピンと来ていない様子の若きドライバー氏。セブのタクシードライバーであればだいたい理解してくれるメジャーな場所だったのにキョトンとされたものだからこちらも驚きました。

「??ここ、知ってる?わかる」
「わかんない」

正直ですね。
まあそういうこともあろうかと通りの名称と近隣の目印になりそうな建物をあれこれ告げてみるも全然通じない。

「ABCストリートにあるXYZレストランの角を曲がったところだよ?」
「わかんない」

まじですか。

「ABCストリートってDEF通りと交差してる?」

いや、それを聞かれても今度は私が答えられない。そう、私は道案内が苦手な女なのです。

道案内ができない理由

cebu-driver_2

これは別に英語で道を説明するのが苦手、という意味ではありません。日本語でも同様です。なぜならそもそも道の名前を知らない、交通ルールがわからない、道を覚えようとしないの三重苦だから。

よく女性は地図を読むのが苦手、などと言われますがそういうことではなく。自分の足なら余裕でたどり着けるのですがいざ車になると途端にわからなくなるだけなのです。

日本でも友人に車で家まで送ってもらう時に

「この通りまっすぐ行って次の信号過ぎたとこで止めて」
「いや、ここまっすぐ行けないから」

みたいなことは日常茶飯時。一方通行とか右折禁止とかそういうルールを全く気にせず生きているのでこういうことになるのでしょう。

そういや15年くらい前に友達にバイクで送ってもらう際に自分の家がうまく説明できず

「自分の家がわからないなんて頭おかしいんじゃないの?」

とブチ切れられ、わからないんじゃなくて道順をうまく説明できないだけだから、ていうかプリプリ怒ってる人間が操るバイクなんて怖くて乗ってられるかもうここで降りるわ、と途中下車したことがあります。今思い出したけど、どっちもどっちだな。いや、私が圧倒的に悪いか。

ちなみに免許は持っております。取得してから1度しか運転してませんが。

最短距離にてたどり着く

cebu-prices-16

全然道を知らないドライバーと場所はわかっているけれどうまく説明できない私。どうやって目的地に辿りつこうかと考えて一応地図を見せてみました。「一応」というのは、フィリピンの人は地図を見て行き先にたどり着くという概念が薄いのかなんなのか、地図が読めない人が多いのです。タクシードライバーもまたしかり。

幸いGoogle Mapが機能していたので現在地を指し示しながら

「今ここにいるのね。で、目的地はここ。これがABCストリート」

と説明すると意外にも

「わかった!お墓のほうだ、お墓だね!」

と我が意を得たりとばかり俄然やる気になっておられる。よかったです。しかしなぜよりによって墓がトリガーなのか。もしかしたらご先祖様の墓なのか。それならばなぜその側の道がわからないのか。詳しくは聞くまい。

けれど得意の「お墓」を過ぎるとまた自信を消失したようでハンドルを抱きかかえるような姿勢を取り通りの名前を念仏のように唱えながら恐ろしくゆっくりとしたスピードで走行。

「次、右に曲がって」
「次?次ってどれ?これ?ホント?」

とびくびくとする始末。なんだか免許取りたてっぽい初々しさを感じたのは気のせいでしょうか。運転できないお前が言うなですが。

なんだかんだで最短距離にて無事到着したので結果オーライなのだけれど、俺のドライビングテクニックをその眼にしかと焼き付けろ的に飛ばしまくるドライバーが殆どのフィリピンではレアなケースでありました。

ドライバーに全てを託して生きている

cebu-driver_4

今更道案内技術に長けなくてももういいや、とは思っているのですが、サクサクキビキビナビゲートできたのならば、或いは車の運転ができたのならば人生は何か変わっていたのだろうかとも考える。

関連 田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

いや、多分私の能力では運転できないほうがよかったからできなくされたに違いない。神的な何かに。

というわけで余生も絶賛ドライバー任せの人生を謳歌する所存です。が、よくよく考えれば電車とか船とか飛行機は自分ではどうしようもないんだから、ある程度の距離を移動し続けるのならば都度運転手を信じて託すしかありませんわね。人生のハンドルは自分の意思で切るにしてもね。毎度どうでもいい話ですみませんね。

 




関連記事

charge_cafe

会うたびに落ち込む友人関係。

先日友人から 「あんたと会って話した後は、毎回落ち込む」 と言われてしまいました

記事を読む

sandtimer

モノを減らせば時間の余裕ができる。で、その時間をどう使うの?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

taichung_2

台湾一周一人旅 国立美術館に高美湿地、台中で行ったところ。

台湾2都市目、台中に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 台北をほと

記事を読む

mabolo

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

heartcake

年末恒例 自分へのご褒美。 それ、ホントに嬉しいの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

dog

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

travel15115

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

By: Taz

忘れることのありがたさ。

By: Meggy[/caption] あれは確か小学1年生くらいだったでしょうか。

記事を読む

moving141216

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

list

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

Comment

  1. konami より:

    こんにちは。
    タクシーに乗るときはある意味、賭けですよね。わたしがいつもクリスピーさんすごいなって思っているところは、海外においてもきちんと目的地に行ける、帰れるっていうところです。わたしは、極度の方向音痴なのです。病的なほどです。それこそ、方向感覚に優れていたら、人生の時間をもっと有効に使えるじゃないかってときどき思います。でもきっと、わたしも何か理由があってこんな自分なのかもと、思わせてもらいました。

    引き続き、お気をつけてください。

    • crispy-life より:

      konamiさん

      確かに毎度たどり着き、サクッと戻ってこれていますねえ。
      私もさほど優れた方向感覚の持ち主ではなく、おまけにロクに下調べせずに出かけてしまう癖があるので、出先で都度細かく人に聞きまくるのが返ってよい結果を生んでいるのかもしれません。

      大丈夫!
      今時GoogleMapなんて便利なものもあるし、方向音痴も説明下手もひとつの個性であり立派な魅力としてアピールしていこうではないですか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

rerise_2
染まりにくい髪が真っ黒になる白髪染め。

年々増える白髪に手を焼いております。 散々いろんなものに

さつまいもと豚肉のしょうが煮
さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けに

nerima37
少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり
にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食

sugamo2_25
50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が

→もっと見る

PAGE TOP ↑