ただいま、を何度も作る。

公開日: : 旅人への道, 生き方と考え方

By: Nattu

年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

参考 自由きままに生きることの不自由さ。

諸々の調整が必要なので実現できるかどうかまだわからないのですが、行けたらいいなあという段階。どうなることやら。

移動は好きなので乗り物は苦にならないし、モノを減らすきっかけとなったのも旅。
旅が私の人生でとても大きな存在であることは間違いないのですが、決して「旅行好き」な人間ではないよなあとも思います。

何しろ、旅の準備が苦手だし、旅先のあれこれを調べて綿密な予定を立てるのも苦手。観光名所制覇にも特に興味ナシ。
ならば一体私は何を求めて旅を繰り返すのでしょうか。

誰かについて歩いても消化できない

By: mario

今回初めての土地に関してあれこれと調べていたのですが、あまりにその場所のイメージがつかめずに困惑しました。

それもそのはず、これまでの旅は

  • 出張など仕事の都合
  • 何らかの目的がある
  • 暫くそこに滞在する
  • その土地に住んでいる友人・知人がいる
  • 誰かと一緒に行く観光旅行

いずれかのパターン。
特に目的もなく一人で滞在するケースは極めて稀でした。まあ、目的のない旅って一体何なんだよって話ですが。

数年前、仕事の都合でインドネシアに行ったのですが、滞在期間も短く、おまけに全日程アテンドつきだったのでジャカルタの街は私の中で全く消化されずじまいでほとんど記憶に残っていません。
しかしほんの数日滞在した地域であっても、自分の意思で選んで出掛けて街を開拓していけば途端に「馴染み」の場所になるから不思議なものです。もちろん、現地に詳しい人にあれこれ案内してもらえるのはまた別の楽しみがあるのですが。

ただいま、をいくつも作り続ける

思えばここしばらく出掛けていたのは「馴染み」の場所ばかり。それは会いたい人がいるからだったり、戻りたい場所があるからだったり。
既に自分の中で消化されている街に舞い戻ったところで新鮮味はないけれど、下手したらなんかこの辺りも変わっちゃったなあ、なんて寂しい想いをすることもあるだろうけど、それはそれで味わい深いものだったりします。

なんというか、故郷が増えるような、そんな感覚。

生まれ故郷はもちろんのこと、今は既に離れてしまった銀座周辺やセブシティ、バンコク辺りは今後も訪れる度になんとなく「ただいま」といった気分になるでしょう。これらの地域よりも長い期間住んだ場所は他にあるというのに。「ただいま」の気分が引き出される場所はどういう訳か過ごした時間の長さではなく、そこでの時間の濃さに比例するのかもしれません。

こうして世界各地に故郷を増やすために旅をするのか。それとも、終の住処となる場所を探し求めているのか。

答えは未だ出ていませんが、まだまだ旅欲は落ち着きそうにありません。

 




関連記事

お金と自由と持たない暮らし。

昨日たまたま見つけたブログ記事の内容にとても共感できたのでシェア。 参考 お金と自由~

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

save my bag missweekender

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっとそう思い続けていましたが、なか

記事を読む

旅支度より面倒になったこと。

旅に出たがるくせに、荷造りは苦手。そう言い続けてきたけれど、旅の荷物を極力減らせるようになっ

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

→もっと見る

PAGE TOP ↑