強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

公開日: : 最終更新日:2019/07/14 冷え性改善, 生き方と考え方

bodum_2

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。

関連 私がカフェに行かなくなった理由。

あれから約3年。

現在はどうなっているかというと、行ってます。かなり頻繁に、というか、毎日のように行っております。

私がカフェに行く理由

daikanyama15

またまたカフェを利用するようになったのは環境が変わったせいでもあります。

関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

が、そうでなくてもいずれカフェ常連に戻っていたかも。なんせ意志薄弱な怠け者タイプなもので、部屋にいるとついついゴロゴロしたくなるんですよね。ああベッドの誘惑侮りがたし。

ということで現在は元々朝早くから予定を入れている日は別として、そうでない日でもとりあえずはカフェに「出勤」するようにしています。これが怠け者には格好の二度寝・ダラダラ強制防止策。ここのところは朝一でやることを決めているので、余計にこの作戦の効果を感じています。

関連 活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

開店時間間もないカフェには朝の時間を有効利用すべく何やら勉強している大人が多く、おお同士、と妙に親近感を覚えて嬉しい。

氷が入った冷たい水が出てくる不思議

ところで先日、近所のファミレスに朝一から潜入してあれこれしていると、ウェイトレスさんがやってきて

「お冷、お取り換えいたしますね」

と、おもむろにグラスを取り換えて下さいました。

着席してすぐに提供されたお冷には全く口をつけていない状態で、まだフルに残っているのに、なぜ?

と思ったらなんのことはない、氷が溶けてしまっていたから、のようでした。

ああそうか。氷が溶けたら取り替える、はサービスなのだ。そう認識するもなんだかこれは結構すごいなと思った次第。改めて考えてみると、飲食店で出されるお冷ってかなり冷たいか、氷入りかだよね。

今まで特になんとも思っていなかったけれど、そういやチェーン系カフェなどに設置してあるセルフの水差しにも必ず氷が入っている。ただでさえガンガンに冷房がきいている店内、どちらかというと氷無しの水が嬉しいんだけど、なぜに氷入りなんだろう、と気になり始めたのでした。

夏は寒くて仕方ない

alicia-apartelle-cebu_23
この手の飲食店に勤務した経験がないど素人なもので正解はわかりません。が、いつでも氷水を提供するのは

  • 氷入りはサービスの一環であるという文化がある
  • 清潔感を出すため
  • 水は冷たいほうが美味しい

などの理油からではないかと推測するのですがどうでしょう。

確かに特別美味しい水以外はある程度低い温度でないと雑味を感じることが多いし、ぬるい水に抵抗のある人も多そう。夏場なら冷たい氷水がひとつのサービスになるのもわからなくはありません。

でも最近はコンビニで冷やしても温めてもいない水が売られている(=水滴がつかずそのまま鞄に入れられるという配慮)のを見るようになったし、体を冷やすのはよくないという考え方も広まりつつあるので、こういった店でも氷無し水への要望が高まりつつあるのではないかしら。

関連 朝は一杯の白湯を飲むことから始める。

もちろんチェーン系のカフェやらファミレスなどというカジュアルな店で一人一人の要望に細かく応えることなどできないし、こちらもそういうサービスを求めて行っているわけでもないのだからどうということもないんだけど、日常でふと浮かんだ素朴な疑問。

余談ですが、上記でリンクを貼った白湯記事にあるこの写真。

カリッとした毎日。白湯。

Googleで画像検索してみると、なんとも驚きの結果で圧巻です。もうみんな勝手に使いたい放題あちこちのサイトで大人気なのですが、これ、別にそんなにいい写真じゃなくない?とここ3年間ずっと疑問に思っています。しかも関連ワードが

「白湯 フリー素材」

っていつから私の撮った写真がフリー素材扱いになったのでしょうか。

関連 サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

どこかで誰かが勝手に再配布してるのか。謎は深まる。

大きく話が逸れました。
氷水はいいとして、近頃またどこの店もエアコンキツくなったなと感じるのは気のせいでしょうか。ホント、夏は寒くてかなわんのでストールの類が手放せません。あの頃の節電意識はどこへやら。

 




関連記事

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

平凡な毎日を楽しむことと、変えない怠慢は別のもの。

他愛もない日常を暫く綴り続けていると、ふと自分の成長のなさに愕然とする時があります。 というの

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

小型セラミックファンヒーターがうるさい、そして故障。

魔術師の口車に乗せられて購入した小型のセラミックファンヒータ。 持たない生活、寒がりのくせに手

記事を読む

大満足の年の瀬に。

香港旅行記がまだ途中ではありますが。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過ごし方。

記事を読む

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

行動せずに、見ただけで満足してしまう人。

先日某社より 「株主優待の申し込み期限が切れる前にお引き換えください」 なる案内

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    白湯写真、タイでも使われてますね(白目)
    ネットリテラシー?何それ?美味しいですか?(白目)

    20代は今時分半袖で、水シャワーを浴び、
    キンキンに冷えたビールをグイグイ呑み、
    一晩中エアコンかけてました。

    今は8月でも長袖。湯船に浸かり
    ビールは最初の一杯。扇風機にあたりながら
    お茶を飲んでいます。スーパーに入ると寒いです。

    お互い歳のせいではなく、防衛本能が強くなったんですよw。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      なぜだか写真が一人歩きをしております。別に実害はないのでどうこうしませんが、どうなんでしょうか。

      昔会社の同僚男性とエアコンの温度設定が原因でケンカになったことがあります。以降男性はエアコン平気な暑がりさんが多いのかと思っておりましたがそう単純なものでもないですね。体温めるの大事です、大事。この夏もしっかり防衛して参りましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

お金をください。

もう随分前になるけれど、フリーライターの友人が 「請求

とうもろこしごはん献立
大好きなのに準備を怠るという失態。

奥さん、8月です。 大好きな夏がやってきたというのに、

東京大仏
推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え
毒々しい紺に魅せられて。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のな

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒

→もっと見る

PAGE TOP ↑