強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

公開日: : 最終更新日:2019/07/14 冷え性改善, 生き方と考え方

bodum_2

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。

関連 私がカフェに行かなくなった理由。

あれから約3年。

現在はどうなっているかというと、行ってます。かなり頻繁に、というか、毎日のように行っております。

私がカフェに行く理由

daikanyama15

またまたカフェを利用するようになったのは環境が変わったせいでもあります。

関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

が、そうでなくてもいずれカフェ常連に戻っていたかも。なんせ意志薄弱な怠け者タイプなもので、部屋にいるとついついゴロゴロしたくなるんですよね。ああベッドの誘惑侮りがたし。

ということで現在は元々朝早くから予定を入れている日は別として、そうでない日でもとりあえずはカフェに「出勤」するようにしています。これが怠け者には格好の二度寝・ダラダラ強制防止策。ここのところは朝一でやることを決めているので、余計にこの作戦の効果を感じています。

関連 活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

開店時間間もないカフェには朝の時間を有効利用すべく何やら勉強している大人が多く、おお同士、と妙に親近感を覚えて嬉しい。

氷が入った冷たい水が出てくる不思議

ところで先日、近所のファミレスに朝一から潜入してあれこれしていると、ウェイトレスさんがやってきて

「お冷、お取り換えいたしますね」

と、おもむろにグラスを取り換えて下さいました。

着席してすぐに提供されたお冷には全く口をつけていない状態で、まだフルに残っているのに、なぜ?

と思ったらなんのことはない、氷が溶けてしまっていたから、のようでした。

ああそうか。氷が溶けたら取り替える、はサービスなのだ。そう認識するもなんだかこれは結構すごいなと思った次第。改めて考えてみると、飲食店で出されるお冷ってかなり冷たいか、氷入りかだよね。

今まで特になんとも思っていなかったけれど、そういやチェーン系カフェなどに設置してあるセルフの水差しにも必ず氷が入っている。ただでさえガンガンに冷房がきいている店内、どちらかというと氷無しの水が嬉しいんだけど、なぜに氷入りなんだろう、と気になり始めたのでした。

夏は寒くて仕方ない

alicia-apartelle-cebu_23
この手の飲食店に勤務した経験がないど素人なもので正解はわかりません。が、いつでも氷水を提供するのは

  • 氷入りはサービスの一環であるという文化がある
  • 清潔感を出すため
  • 水は冷たいほうが美味しい

などの理油からではないかと推測するのですがどうでしょう。

確かに特別美味しい水以外はある程度低い温度でないと雑味を感じることが多いし、ぬるい水に抵抗のある人も多そう。夏場なら冷たい氷水がひとつのサービスになるのもわからなくはありません。

でも最近はコンビニで冷やしても温めてもいない水が売られている(=水滴がつかずそのまま鞄に入れられるという配慮)のを見るようになったし、体を冷やすのはよくないという考え方も広まりつつあるので、こういった店でも氷無し水への要望が高まりつつあるのではないかしら。

関連 朝は一杯の白湯を飲むことから始める。

もちろんチェーン系のカフェやらファミレスなどというカジュアルな店で一人一人の要望に細かく応えることなどできないし、こちらもそういうサービスを求めて行っているわけでもないのだからどうということもないんだけど、日常でふと浮かんだ素朴な疑問。

余談ですが、上記でリンクを貼った白湯記事にあるこの写真。

カリッとした毎日。白湯。

Googleで画像検索してみると、なんとも驚きの結果で圧巻です。もうみんな勝手に使いたい放題あちこちのサイトで大人気なのですが、これ、別にそんなにいい写真じゃなくない?とここ3年間ずっと疑問に思っています。しかも関連ワードが

「白湯 フリー素材」

っていつから私の撮った写真がフリー素材扱いになったのでしょうか。

関連 サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

どこかで誰かが勝手に再配布してるのか。謎は深まる。

大きく話が逸れました。
氷水はいいとして、近頃またどこの店もエアコンキツくなったなと感じるのは気のせいでしょうか。ホント、夏は寒くてかなわんのでストールの類が手放せません。あの頃の節電意識はどこへやら。

 




関連記事

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

ゴールデンウィークが終わったら、今年前半のお楽しみは終了ですよ。 取引先の女性の発言の

記事を読む

日本人女性は長寿世界一、何歳まで生きたいか。

By: José Antonio Morcillo Valenciano[/caption]

記事を読む

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

By: The Library of Congress[/caption] 「携帯嫌だ、持ちたく

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

なぜ私たちは、自分のことを話すのが好きなのか。

自分のことばかり話してしまったら、あ、なんかつまらないことまで喋っちゃったな、とか、言わなく

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    白湯写真、タイでも使われてますね(白目)
    ネットリテラシー?何それ?美味しいですか?(白目)

    20代は今時分半袖で、水シャワーを浴び、
    キンキンに冷えたビールをグイグイ呑み、
    一晩中エアコンかけてました。

    今は8月でも長袖。湯船に浸かり
    ビールは最初の一杯。扇風機にあたりながら
    お茶を飲んでいます。スーパーに入ると寒いです。

    お互い歳のせいではなく、防衛本能が強くなったんですよw。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      なぜだか写真が一人歩きをしております。別に実害はないのでどうこうしませんが、どうなんでしょうか。

      昔会社の同僚男性とエアコンの温度設定が原因でケンカになったことがあります。以降男性はエアコン平気な暑がりさんが多いのかと思っておりましたがそう単純なものでもないですね。体温めるの大事です、大事。この夏もしっかり防衛して参りましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑