推しの結婚、誰も傷つけない会話。

公開日: : 最終更新日:2021/08/01 生き方と考え方

東京大仏

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を取りました。

「ねえねえ、今どんな気持ち?」

懐かしのアスキーアート的煽りを入れるも、当の本人は至って冷静で、なかなかよいのではないか、などと答える。

へえ、そんなもんか。考えてみれば、50がらみのおばさんが推しの結婚にあたふたするのもおかしな話。これがまともな反応なのかもしれません。

生きる目的、今夜はフラッシュモブ

朝の6時台に大の大人が何をやっとるんだという話ですけども、私は今日も元気です。

推しの結婚、誰も傷つけない会話。

青春時代から20年、30年との長きにわたり追いかけ続けている対象でなければ、おばさんの推しはほぼ若人となるでしょう。この場合のご婚礼関係はやはり、親目線になるものかしら。子供のいない私もいずれ「娘を嫁に出す気持ち」を擬似体験する日が来るのかしら。

などというやり取りはしょうもなくも微笑ましいものだけれど、これが推しではなくて実の家族や本人の話となるとそうもいかないようで。

というのも、久しぶりに参加した同窓会にて、テーマのチョイスにたいそう苦労した、という友人の話を聞き、同窓会に呼ばれたことのない私は衝撃を受けたのです。

育った環境や成績の違いはあれど、当時の経験値はほぼ横並びだった同級生たち。すっかりおじさんおばさんとなった今では、当然みなバラバラの人生を送っている。

目が飛び出るような高年収を叩き出す起業家もいれば、ずっと派遣社員でギリギリの生活をしている人もいる。50前ですでに孫がいる人もいれば、未婚の人もいて、そりゃバラエティに富んだ内容になるわけですよ。

誰が気にするのかしないのかもわからないからこそ、仕事や収入、結婚や子供の話題を繰り出すのはなかなか難しく、政治的な話は別の意味でセンシティブ。結局誰も心をざわつかせることなく盛り上がれるのは「健康ネタ」なのだと悟ったのだとか。

つまり、腰が痛いだの目がかすむだの、年齢なりの体の衰えについて共有している時間が、もっとも場がおだやかだったそうな。

なるほど、そうかもなあ。というか「この話で傷つく人がいるかも」なんて気を回せるのが、みんな大人になった証拠なのかも。こんな理由もあって年寄りが集ったら、あっちが痛いこっちが痛いと言うのかもしれないな。

おばさん権を行使せよ

推しの結婚といえばもうひとつ、「知らないおばさんの息子」も思い出してしまいました。蓋し名言。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

幸運な時代の狭間感、また呑気に笑えるか。

申請していたパスポートの受け取りに行ってきました。 関連 10年間顔が変わらないのはイ

記事を読む

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

年末年始恒例、2020年の運勢を占う。

クリスマス以降、右往左往していたらあっという間に大晦日になっていました。 年末恒例のア

記事を読む

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

人の子供は育つのが早い。

子供の頃、親戚や古い友人に会うたびに母親が 「まー、人の子供は育つのが早いわね!」

記事を読む

自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。 お互い

記事を読む

満たされない毎日の過ごし方。

先日は久しぶりに酒を抜きました。 フィリピン滞在中は酒が飲めない環境だったもので、飲む

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑