推しの結婚、誰も傷つけない会話。

公開日: : 最終更新日:2021/08/01 生き方と考え方

東京大仏

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を取りました。

「ねえねえ、今どんな気持ち?」

懐かしのアスキーアート的煽りを入れるも、当の本人は至って冷静で、なかなかよいのではないか、などと答える。

へえ、そんなもんか。考えてみれば、50がらみのおばさんが推しの結婚にあたふたするのもおかしな話。これがまともな反応なのかもしれません。

生きる目的、今夜はフラッシュモブ

朝の6時台に大の大人が何をやっとるんだという話ですけども、私は今日も元気です。

推しの結婚、誰も傷つけない会話。

青春時代から20年、30年との長きにわたり追いかけ続けている対象でなければ、おばさんの推しはほぼ若人となるでしょう。この場合のご婚礼関係はやはり、親目線になるものかしら。子供のいない私もいずれ「娘を嫁に出す気持ち」を擬似体験する日が来るのかしら。

などというやり取りはしょうもなくも微笑ましいものだけれど、これが推しではなくて実の家族や本人の話となるとそうもいかないようで。

というのも、久しぶりに参加した同窓会にて、テーマのチョイスにたいそう苦労した、という友人の話を聞き、同窓会に呼ばれたことのない私は衝撃を受けたのです。

育った環境や成績の違いはあれど、当時の経験値はほぼ横並びだった同級生たち。すっかりおじさんおばさんとなった今では、当然みなバラバラの人生を送っている。

目が飛び出るような高年収を叩き出す起業家もいれば、ずっと派遣社員でギリギリの生活をしている人もいる。50前ですでに孫がいる人もいれば、未婚の人もいて、そりゃバラエティに富んだ内容になるわけですよ。

誰が気にするのかしないのかもわからないからこそ、仕事や収入、結婚や子供の話題を繰り出すのはなかなか難しく、政治的な話は別の意味でセンシティブ。結局誰も心をざわつかせることなく盛り上がれるのは「健康ネタ」なのだと悟ったのだとか。

つまり、腰が痛いだの目がかすむだの、年齢なりの体の衰えについて共有している時間が、もっとも場がおだやかだったそうな。

なるほど、そうかもなあ。というか「この話で傷つく人がいるかも」なんて気を回せるのが、みんな大人になった証拠なのかも。こんな理由もあって年寄りが集ったら、あっちが痛いこっちが痛いと言うのかもしれないな。

おばさん権を行使せよ

推しの結婚といえばもうひとつ、「知らないおばさんの息子」も思い出してしまいました。蓋し名言。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

モノがあったら幸せなのに。モノがなければ幸せなのに。

来月久しぶりに日本を離れる、と書きました。 参考 最低限の英語。 期間は約40日

記事を読む

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日、父の誕生日でした。 ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の

記事を読む

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

簡単だけど、誰もやらない方法で差別化する。

By: Terry Johnston[/caption] 先日からオンライン英会話スクールに入会

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

年を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろくなる」

記事を読む

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

去年発表された2014年のデータですが。 参考 じゃらん宿泊旅行調査2015(じゃらんリサーチ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑