おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

公開日: : 最終更新日:2019/07/14 ミニマルライフ, 生き方と考え方

money

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました。

>>参考
おひとりさま女性、「自分年金」2600万円への道(日本経済新聞)

総務省の家計調査によると、60歳以上の女性単身世帯の平均消費支出は月15万円程度。年金がもらえない60~64歳分の約900万円は自分で用意する必要がある。加えて年金受給が始まっても65歳以上の単身無職世帯では月2万8000円程度不足するため、65~87歳に約740万円が必要で、これに入院などの予備費300万円を入れると2000万円程度になる。

一昔前は老後資金は3000万、いや8000万は必要だ、なんて言われてましたよね。
自分ではなんとなく2000万くらいあればいいのかなあなんて思っていたので、この記事はなんとなく妥当な気がします。

独身でも生き方が定まればマネープランが立てやすくなる

今までかなり迷走した人生を歩んできたので一体自分はどうなりたいのかわからないという不安を常にかかえていました。しかし、40過ぎてようやく自分らしいスタイルが確立されつつあります。

「モノを持たずに身軽に生きる」

という今の考え方は、多分今後変わることがないでしょう。モノを所有することに必要以上に執着しない考え方は既に私の核となっています。

関連 持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

となると、今後家を買うとか車を買うなんていう大きな出費はまず考えられません。独身で子供もいないので資産を残す必要もなく、おのずとシンプルな将来設計が出来てきそうな気がします。

年金のことは考えない

By: arileu

基本的に公的年金は「もらえないもの」と考えて計画します。

私の場合厚生年金被保険者期間も長くはないし、過剰にあてにすることなく

「まあもらえたらラッキーかな」

くらいに考えておくのがよさそうです。

ざっくりした計算になりますが、今から毎月3万円を積み立てて25年運用していければいいな、と、現在資産運用準備中。皮算用ではありますが、今からでも十分なんとかなりそうな気がしてきました。

参考 月々5,000円から始める長期投資(セゾン投信)

投資信託は、投資家の皆さまからお預りしたご資金をまとめ、運用の専門家であるファンドマネージャーが投資家の皆さまに代わって株式や債券などに投資し、個人ではできない資産分散や世界への分散投資を行う金融商品になります。

計画的に進めれば、40代の今からでも複利の力を享受できそうですよ。

※2017年 追記
その後コツコツと毎月積み立てを続けていて、今のところ利益が出せています。

おひとりさまだからこそ、長く収入を得る方法を考える

deskwork

私はサラリーマンではないので定年はありません。まあ退職金もないですが。

よって、いかに長く収入を得られるようにしておくかも大きなポイントになります。若いときと同じ働き方がずっとできるわけではないのでどのように働き方を変えながら収入を得ていくかは熟考すべき点です。

関連 副業、複業、週末起業。自分で仕事を作る方法。

 

独身でも家族がいても、大切なのは健康な身体作り

私は老後のために生きているわけではないので老後資金を貯めるために今できることを我慢するのはイヤです。

関連 老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

だいたい明日生きているという保証はないのですから、そもそも老後があるかどうかすらわかりません。「老後のため」と日々生活を切り詰めて安いファストフードで食事を済ませ身を粉にして働き、結果身体を壊して動けなくなったのでは何のために働いているのかわからない。

万が一の時に世話になれる家族もいないので、健康管理は何よりも重要だと考えています。あ、健康診断いかなくちゃ。

 

中高年向けのシェアハウスは今後も増えるか

idealaprtment

恐らく私が高齢者となる頃には、今あるような至れり尽くせりな高級老人ホームではなく、自分のことは自分でできる高齢者も入れるシェアハウスの類がもっと増えているのでは、と睨んでいます。

40代でシェアハウスを経験した身としては、歳をとってからこういうスタイルで過ごすのは結構合理的かな、と。一般賃貸だと孤独死しても発見が遅れて他人様に迷惑をかける恐れもあるし。

参考 おひとりさまのマネープラン 独身女性向けマネーセミナーに参加した。

両親が亡くなるまでは生きていたいのですが、その先はさほど長生き願望はありません。今好き勝手に時間を使う生活を既にしているので「老後のお楽しみ」もないしね。

もともとお金を貯めるのは得意なほうなので、これまたゲーム感覚で(ギャンブルって意味じゃなく)楽しみながら資産を作っていければいいなと思います。

「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法




関連記事

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

4月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Tomoyuki Kawashima[/caption] 月初の定例ポストです。

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

モアルボアル チリバー

漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だったけ、一休さんか? なん

記事を読む

都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・

記事を読む

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

浜松町駅から東京タワー

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。 お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰

記事を読む

片付けられない私とファサーの心理学。

By: Ella Mullins[/caption] 最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑