ひとりぼっちの帰り道。

公開日: : 生き方と考え方

普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮らしなのであまり外食率は高くありません。少ない時は週1程度、多くて週3とか。あれ、十分か。

さて本日も外食の予定なのですが、そこそこ早い時間から開始する会だし、まだ週始めなのでお開きもやや早めになるだろうと予測されます。が、その後多分一人でどこかへ行くだろうなと。

実はこの

「帰宅前にもう一軒」

が妙に好きなのです。

ひとりぼっちの帰り道

suginami_75

友達とワイワイ飲んだ帰り道、大体いつも私だけ逆方向の電車に乗ることが多い(謎)ので、友人らとは駅でさよならとなります。

ひとりぼっちの帰り道、うっかり寝落ちしないようにスマホで本など読みながら最寄り駅までたどり着いたら、さて、どうしようかなと。どこへ寄って帰ろうかなと。

幸い最寄り駅付近は深夜まで営業している店が多く、帰る前にちょっと一杯し放題。選択肢に困ることがないのです。嬉しいねえ。

会が終了した後、近場で一人で飲み直す。

この行為が好きな人は結構多いのではないかと思うのですがどうでしょう。私のまわりだけでしょうか。そしてこれは日本人的な行為なのでしょうか。

関連 孤独でも楽しそうな日本人。

一人飲みを孤独と表現するのが適切なのかどうかは疑問だけれど。

一人の時間を持つ理由

家に帰る前に一人でもう一軒、の理由を推測するならば

  • 単純にもう少し酒が飲みたいから
  • 家に帰る前に気持ちを切り替えたいから
  • 家に帰るのが寂しいから

などでしょうか。

以前ニュースか何かで見た某そばチェーン店の密着企画。深夜にふらりと立ち寄った主婦がかけそばをすすりながら

「ここでそばを食べる時間が外の顔と家の顔を切り替えるのに役立っている」

と話しておられ、ああ確かに家族がいる人ならばシメの蕎麦にはそういう役割もあるかもね、と妙に納得しました。

私同様一人暮らし、かつ一人飲み直し好きの友人は、帰宅前に必ず近所の馴染みのバーに寄るそう。これはどちらかというと家に帰るのが寂しいから、でしょうか。

私はといえば知り合いのいる店でおしゃべりしたいのではなく、ただ一人で飲みたい。ああ今日は楽しかったなあ、とか考えながら一人寡黙に飲みたいのです。

一人で飲むんだったら家に帰ってから部屋で飲むのも同じじゃないかといえばそれは全然別物で、酒場の喧騒の中一人静かに飲むというのがいいのですよ。

関連 シェアハウスは居酒屋に似ている。

帰宅前に気持ちを切り替える必要もなく、特に寂しさもない私が帰宅前のもう一軒が好きなのは、単にもうちょっと飲みたいからなのかしら。

いや、みんなで賑やかに楽しんだ後にちょこっとだけ一人の時間を持つことで、ようやく1日が完成する。例えるならば最後のデザート的なお楽しみ、といったほうが近いかな。

でもアレだ、一人で飲むのが好きなのは結局のところ酒癖が悪いからじゃないのか、とか思ったら、最近酒絡みで大変なことになった某俳優も同じ事を言っていたと知り愕然とする。ハニートラップとは無縁でもいろいろ気をつけねばならんと身を引き締める次第です。

 




関連記事

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

おじさん頭もすっかり板についてきた今日この頃。 色気のないショートはおばさんを飛び越え

記事を読む

怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なものである、という前提が自分の中にあ

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

人に何かをすすめるのはものすごくパワーがいる。

By: Christian Schnettelker[/caption] このブログはWor

記事を読む

愚痴ばかりのおばさんが、つまらなくて怖い。

仕方ないとはいえ、今年は友らに全然会えていない。 元々社交性のかけらもない私が、数少

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑