ひとりぼっちの帰り道。

公開日: : 生き方と考え方

普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮らしなのであまり外食率は高くありません。少ない時は週1程度、多くて週3とか。あれ、十分か。

さて本日も外食の予定なのですが、そこそこ早い時間から開始する会だし、まだ週始めなのでお開きもやや早めになるだろうと予測されます。が、その後多分一人でどこかへ行くだろうなと。

実はこの

「帰宅前にもう一軒」

が妙に好きなのです。

ひとりぼっちの帰り道

suginami_75

友達とワイワイ飲んだ帰り道、大体いつも私だけ逆方向の電車に乗ることが多い(謎)ので、友人らとは駅でさよならとなります。

ひとりぼっちの帰り道、うっかり寝落ちしないようにスマホで本など読みながら最寄り駅までたどり着いたら、さて、どうしようかなと。どこへ寄って帰ろうかなと。

幸い最寄り駅付近は深夜まで営業している店が多く、帰る前にちょっと一杯し放題。選択肢に困ることがないのです。嬉しいねえ。

会が終了した後、近場で一人で飲み直す。

この行為が好きな人は結構多いのではないかと思うのですがどうでしょう。私のまわりだけでしょうか。そしてこれは日本人的な行為なのでしょうか。

関連 孤独でも楽しそうな日本人。

一人飲みを孤独と表現するのが適切なのかどうかは疑問だけれど。

一人の時間を持つ理由

家に帰る前に一人でもう一軒、の理由を推測するならば

  • 単純にもう少し酒が飲みたいから
  • 家に帰る前に気持ちを切り替えたいから
  • 家に帰るのが寂しいから

などでしょうか。

以前ニュースか何かで見た某そばチェーン店の密着企画。深夜にふらりと立ち寄った主婦がかけそばをすすりながら

「ここでそばを食べる時間が外の顔と家の顔を切り替えるのに役立っている」

と話しておられ、ああ確かに家族がいる人ならばシメの蕎麦にはそういう役割もあるかもね、と妙に納得しました。

私同様一人暮らし、かつ一人飲み直し好きの友人は、帰宅前に必ず近所の馴染みのバーに寄るそう。これはどちらかというと家に帰るのが寂しいから、でしょうか。

私はといえば知り合いのいる店でおしゃべりしたいのではなく、ただ一人で飲みたい。ああ今日は楽しかったなあ、とか考えながら一人寡黙に飲みたいのです。

一人で飲むんだったら家に帰ってから部屋で飲むのも同じじゃないかといえばそれは全然別物で、酒場の喧騒の中一人静かに飲むというのがいいのですよ。

関連 シェアハウスは居酒屋に似ている。

帰宅前に気持ちを切り替える必要もなく、特に寂しさもない私が帰宅前のもう一軒が好きなのは、単にもうちょっと飲みたいからなのかしら。

いや、みんなで賑やかに楽しんだ後にちょこっとだけ一人の時間を持つことで、ようやく1日が完成する。例えるならば最後のデザート的なお楽しみ、といったほうが近いかな。

でもアレだ、一人で飲むのが好きなのは結局のところ酒癖が悪いからじゃないのか、とか思ったら、最近酒絡みで大変なことになった某俳優も同じ事を言っていたと知り愕然とする。ハニートラップとは無縁でもいろいろ気をつけねばならんと身を引き締める次第です。

 




関連記事

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

おひとりさまの老後、といっても自分のことではなく、母について。 老後も何ももう80手間

記事を読む

あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。 「今スペインに来てるんだけど、

記事を読む

平凡な毎日を楽しむことと、変えない怠慢は別のもの。

他愛もない日常を暫く綴り続けていると、ふと自分の成長のなさに愕然とする時があります。 というの

記事を読む

寝ても寝ても眠い寝たきりの日曜日。

台風のせいでもありますが、ほとんど活動できませんでした。 10月ラストの日曜日、日中の

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

今すぐ一から人生全部やり直したい。

By: merec0[/caption] 若い時にしかできない、とかもっと若い時だったらやる

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑