生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

公開日: : 最終更新日:2020/06/11 生き方と考え方, 音楽、映画、芸術、世界

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのかもしれない、と思った先日の出来事。

つまらない女と寿司。

やれ時間の有効活用だ、ほれ業務効率化だと、時間という限られた資源を最大限に活用できてこそ真の成功者、みたいな考え方が、大人には染み付いているようで。

そりゃまあおっしゃる通りなんだけど、何をすれば「有効活用」なのか、正解はないよねえ。社内ミーティングの議題ならともかく、プライベートにおいては。

今夜はフラッシュモブ

自分を「つまらない女」と称した友人も、私も、気になる作品や話題作を観たり読んだりして過ごしていたけれど、プルシェンコ嬢のブームまだ終わっていなかった。なんとまた、あのドラマを見返していた。

おばさんホイホイは真実だった。

気乗りしない私を映画館に付き合わせるという暴挙に出た後は「推し」の出演しない続編放送発表に心折れ、興味はすっかり牧、じゃなくて林単体に移っていたように見えたがしかし

「今夜はフラッシュモブ」

などと報告が入る。ねえねえ、今何回め?おばさんホイホイの威力おそるべし。そして、やっぱり羨ましい。

生きる目的

限りある時間とわかっていながら、人はなぜ懸命に生きるのか。生きなければならないのか。人生の目的とは、何なのか。

誰しも年に2,3回くらい(主に何かに行き詰まった時)は考えるであろうこの問題。「人生とは、推しを見つける旅である」というテーマを掲げたら、なんかライトでポップでいい感じになりませんか。

10代、20代という人生の早い段階で見つけた対象を推し続けられる者は多くなく、自信の年齢や経験値、世の風潮さらにはタイミングによって、推し変を余儀なくされる。しかし、いつ終わるのかわからないのが人生ゲームのルールなのだから、推し変推し増し大いに結構。ビッグウェーブ到来を待つのみでゲームオーバーになるより、あっちもこっちも小さく推してたのしければ、それでいいのではないでしょうか。

もちろん、推し対象は、生物のみにあらず。

美魔女とマニアと身軽な人生。

こうなったらプルシェンコ嬢には26,000回くらい視聴してほしいけど、私も同じ何かにハマって、暑苦しい思いを共有できたらそれもまた面白い。

私だって繰り返し観ているドラマや映画はあるし、好きな俳優も、推しと呼べるアイドルもいるけれど、熱量不足は否めない。しかし50歳手前にして、ビックウェーブ到来を諦めてはおらず。これも時間の有効活用、ってことに、なりませんかね。待つだけじゃ出会えないので、探しにいかなくちゃですね。




関連記事

それがすごいヤバくて私的にはあり得ない話。

By: Pedro Ribeiro Simões[/caption] 先日カフェで隣席に座っ

記事を読む

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。 布団

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

新しい情報を求めてフラフラせずに済む方法。

By: mkhmarketing[/caption] 先日SNSでこんな記事が流れてきました。か

記事を読む

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ステーキ献立
牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

→もっと見る

PAGE TOP ↑