色気のないショートはおばさんを飛び越える。

公開日: : 最終更新日:2018/03/29 健康と美容

NYfoods_18

白髪が目立ってきたので、髪を切る。

白髪のロングヘアが与える印象。

前回チャレンジした前下がりボブスタイルがかなり気に入っていたので、また同じオーダーをしようかな。いや、せっかくだからちょっと変化をつけたい。電車の中でヘアカタログを検索し、前回より全体的にはちょい短めで、でも前髪は長めで、絶壁目立たないように、と理想的な写真を見せつつお願いする。

その後はいつものように全てを委ね、進行状況をロクに確認もせず会話に集中していたら、おじさんになっていました。




おじさんになった理由

思えばいつものスタイリストさんとのお付き合いも長くなってきました。

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

もしかしたら、地元の床屋からスタートした我が散髪人生最長のお付き合いではなかろうか。

癖が強いとか頭の形がヘンとか生え際がおかしいといった理由であらゆるヘアスタイル希望をやんわりと拒絶されてきました。

ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

よって、どんな写真を持ち込もうが、どれほど身の程知らずな理想をぶつけようが、はいはいなるほどこんな感じね了解でーすと快諾し(軽い)、絶対にNOとは言わない姿勢に好感を持ちこのサロンに通い続けているのです。そして幸い、これまで希望から大きく逸れたスタイルにされて絶望したことはない。

なのになぜ、今回こうなった。

もしや私のオーダー方法がまずかったのか、はたまた氏の調子が悪かったのか。ともかく次回の参考にすべく切りたて状態を写真に収めておく。

襟足がすっかり刈り上がった自分の写真と、カット前に提示した可愛らしいモデルさんの写真を改めてチェックしてみれば、あれ、髪型自体はほぼほぼ一致してるじゃないか。

別にスタイリストさんがミスしたわけでも短く切り過ぎたわけでもなく、私の脳内完成イメージと実像とが大きく乖離していたことが原因だった模様です。なんというありふれた話。

色気のないショートはおばさんを飛び越える

taipeidog3

まるで少年のような危うさが香る少女のそれとは違って、女性のショートヘアって、ロングにはない色気と魅力があると思うのです。樋口可南子や宮沢りえのショートカットの威力をご覧なさいな。

などと美人女優を引き合いに出せばそりゃ頭髪じゃなく顔面の事情でしょうという反撃があろうことは承知の上ですが、ほら、我々世代になると器量以上にこう、内面から滲み出るものが、きっと。

雰囲気イケメン最強説。

そう。それが厄介。

内面から滲み出る知性もなく、色気はおろか、なんなら顔も薄い女が刈りを入れれば、おばさんを飛び越しておじさんになるのだという智見を得た今回の断髪劇でした。

おばさんバンザイ。

出来立てほやほやのこのおじさん説を証拠写真を添えて友人に送ってみたところ、「私なんかこの前プルシェンコみたいにされた」という衝撃の近況報告で切り返されただ震える。危険はショートのみならず、一番無難と思いがちなボブにさえおじさんが潜んでいたなんて。むしろ髪型関係ないのでは疑惑浮上。

 






関連記事

By: Matthew Pearce

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

aloegel

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

cebu-diary8

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

By: Steve Snodgrass

関連痛?抜歯痕以外の痛み 40代の親知らず抜歯記録。

By: Steve Snodgrass[/caption] 経過はすこぶる順調かに思われたの

記事を読む

By: Benjamin Horn

素焼きアーモンド、おすすめの美味しい食べ方。

By: HealthAliciousNess[/caption] 素焼きアーモンドにハマッて

記事を読む

sleepycat

本気の冷え性改善記録 9日目 とにかく寝た。

主につま先の冷えが深刻な末端冷え性の私。 これまでは冷たいなー寒いなー、と思いながらもその場し

記事を読む

ladysfoot

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

aveda_2

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

childrun

本気の冷え性改善記録 12日目 懐かしい足の痛み。

常夏の国から久しぶりに帰国したのが今年の春。 久しぶりに迎える日本の冬に怯えながら、末端冷

記事を読む

mikli

充血とパンダが止まらない。

I can't stop the loneliness. いや、別に悲しくはないけれど

記事を読む

Comment

  1. cocue-cocue より:

    こんばんは。

    10日ほど前に、少し短くするつもりがミディアムよりも短い仕上がりになり、子供から不評な髪型をしています。

    二十代後半にショートだった私が振り返るに、短い髪ってリスキーですよね。おそらくどんな人にも、その人を美しく見せるショートがあるはずですが、本人の好みや見方でかなり狭い範囲から選びがちになる気がします。

    とはいえ、髪が長ければ良いとも言い切れないというか、ロングヘアに安住して、額縁込みの顔でないと女に見えなくなっている人も多いような。

    うーん、難しいですよね。

    お互い、伸びるのを待ちますか。

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      これはこれで面白いのでおじさん期間を存分に満喫しようと思っております。なんて言えるのは、私が異様に早く髪が伸びる体質だからかもしれませんが。

      そして、ボブでさえブルシェンコの落とし穴もあるらしいので、髪型ってのはなかなか興味深いですね。。。

  2. やまこ より:

    私もつい最近ボブからショートに切りました。

    ヘアーカタログの写真も見せて、
    ちゃんとリクエストしたつもりでしたが
    出来上がりを見てびっくり。
    貴様、素人やろ?って本気で思いましたが、
    取り返しのつかないこの時点で何か言うのも馬鹿らしく、
    何も言わず帰りました。

    思うに、カットの途中でこの貴様は
    私の態度から「あ、この人色々無頓着」と思ったんだと思います。
    適当に相槌を打ってたし、この貴様の作業を見張ってなかったし。
    若い時は、絶対絶対絶ーっ対におかしな事をされない様に
    見張ってたし、ちょっとでも怪しい動きがあったらすぐに
    「それは何の動き?」とめちゃめちゃ警戒してました。
    それが今や半分寝てる、、、

    私の今回の失敗の原因は
    例の貴様に、無頓着になってしまったことを見抜かれたという事だと思います。
    そしてこの無頓着さは、、、
    いつからこうなってしまったのか、、、

    おばさんでもなく、おじさんでもなく、
    私は何なんだろう、とカット後この一週間、
    ちょくちょく考えてしまいます。

    • crispy-life より:

      やまこさん

      止まない雨はないじゃない、伸びない髪はないじゃない、ということで、お互いこの状態を面白がりつつしばしやりくりしましょうかね。

      おっしゃるように無頓着になった、かどうかはわかりませんが、始終警戒して神経を尖らせているよりもうっかりうたた寝したほうが日頃の疲れが取れるなどというメリットもありそうなので、悪いことばかりじゃないかもしれません。ということにしておきましょう!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sarushima_25
無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

神奈川県は横須賀市。東京湾に浮かぶ無人島・猿島へ行ってきました

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

→もっと見る

PAGE TOP ↑