あなたの考えを1,000文字以内で述べなさい。

昨日書いた記事、一晩寝かせてタイトルだけ見ると結構酷いですね。

参考 私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

ところでこれ、ここしばらくの目標であった

「簡潔な文章を書く」

を意識してできるだけ短く、短く、と努力して書いたのです。
本当は1,000文字程度を目指していたんだけど、うーん、難しい。

短くても伝わる言葉

自分のブログには文字制限などないのだから1,000文字書こうが2,000文字書こうが自由なのですが、無駄を省いて伝えたいことをコンパクトにまとめる練習もしたいなあと。

本能のままに書き連ねていると毎度ついつい長くなってしまう傾向があるのもので。

で、昨日も1,000文字を意識して書いたつもりが結果的には2,000文字超えていて、最終的にあちこち削ったのでした。だから、なんだか自分的にはちょっと物足りない。

「じゃあ漆原教授のくだりはいらないのでは」

と思われるかもしれませんが、いや、あそこがメインだから。

しかし夏休みの宿題の作文は指定文字数が短い方がありがたいというのに、自由に書くとむやみやたらと長ったらしくなるのはこれいかに。

思うに今日捨てたもの晩酌献立あたりの「記録」は800文字程度でさくっとまとまるのだけれど、自分の頭の中にある何かを「表現」する、考え方を簡潔にまとめるのは今の私にはなかなか難しい作業のようです。

文章は長ければいいというものではないし、実際短文でも的確に想いの伝わる文章はたくさん存在する。

伝えたい内容をシンプルに表現するスキル、ぜひとも身につけたいものです。

文章がついつい長くなる理由

言いたいことをバシッと短くまとめられない理由についてさらに考えてみると、文章能力の低さや拙さといった技術的な問題以外に

「無意識に全方位外交を試みている」

のではないかとも考えられます。

「この部分、言いっ放しだと誤解する人がいるかもしれないな」

なんて考えてあれこれ言い訳めいた言葉を付け足してどんどん長くなっているパターンが多いのかもしれない。人に好かれる努力なんて意味がない、と書きながらできるだけ攻撃的な表現にならないようにと慎重に推敲を重ねる肝っ玉の小ささよ。

自分のブログで本心を偽ってまで当たり障りないことを書いても仕方ないので嘘を書くつもりはないけれど、webに文章を公開している以上誰に読まれてもいいようにしたいと考えるのもまた事実。

そして、見知らぬ誰かがこのブログを読んで嫌な気分になるのは本意ではない。などとも思うわけで。

なんて考えたところで誰かが何かの偶然でここへたどり着いてうっかり何かを読んでいい気分になるのも、悪い気分になるのも、いずれも私がコントロールできることではないのだからあれこれ考えても仕方がないんだけどね、本当はね。

あああ、また1,000文字超えた。まあ、時間をかけてじっくりと練習します。長文じゃなきゃ書ききれないこともあるし、ね。

 




関連記事

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不思議な事件が起こったのは、今年

記事を読む

カリッとした毎日 2015年1月のブログまとめ。

By: sam.romilly[/caption] あっという間に2月に突入です。いやー、寒

記事を読む

寒がりの旅 真冬・約3週間の旅の荷物。

荷物を詰め終わって思うこと。 旅の荷物の殆どは服。そして冬の旅は荷物が増える。

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

日本の世帯構造は一人暮らしが主流。これからの公共住宅はコレクティブハウスに。

うん、どう考えたって、今後日本はこの流れにならないとおかしい。 参考 日本の世帯構造は一人暮ら

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

そんな自分に腹がたつ。

By: @sage_solar[/caption] 毎月の閲覧数TOP3にまでは入らないまで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑