毛穴を維持する生き方。

公開日: : 最終更新日:2018/05/11 健康と美容, 生き方と考え方

stand_m

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

上から覆いかぶさる毛髪をえいやと追いやって、にょっきり飛び出す少量の短い毛束。

禿げる。

生えた生えた。今回も無事に再生したようです。

毛束がこんにちは

パドルブラシ
飛び出る毛束、ああ、懐かしいこの感じ。と、しばし鏡を見つめる。

円形脱毛症経験がおありの方にとってはあるあるだと思いますが、生えたての毛束ってどうしてもひょっこりこんにちはしてしまい目立つので、ある程度の長さになってきちんと寝てくれるまではどうにもカッコ悪いですよね。でも、生えてきておめでとう、ありがとう、という気持ちも大いにあるので、多少のカッコ悪さはこの際まあいいかと思う。

前回髪を切った時のこと。

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

カットの途中でそういや私禿げてたんだったわと思い出し、スタイリストさんにそれらしい感じの箇所はありますかと問うたところ、いや、多分禿げてないですよ?と返されたっけ。

「切ってる間に全く発見できないということは、勘違いじゃないですか」

あ、そう。とそのままうやむやにして次の話題へと移行したけれど、あの言葉のほとんどはやさしさでできていたのじゃないかと今は思う。すでに生えかけていた時期だったとしても、探そうと思えば容易に発見できたはずだから。

毛穴を維持する生き方

suginami_67

久しぶりに禿げを作ってはみたけれど、基本的にはかなり多毛な私。カットに行く度にスタイリスト氏にそれを指摘され、実際施術にかなりの時間を要します。曰く、パッと見ではさほどわからないのだけれど、いざ取り掛かってみるとその多さに気づくのだとか。

「切り進んでいくほどに増えていくような錯覚を覚える謎の多さですね」

とつぶやく氏の感覚値によれば、私の毛髪は「おじさん2人分相当」の分量なのだとか。そりゃ大変だ、なんかお手数かけてすみませんね。ところでなぜおじさんでカウントしたのか。

量が多いってことは、頭皮に毛穴が大量にあるってことですよね?まあ、そういうことになりますね、などというどうでもいい会話を繰り広げた後で、

「でも、いいと思います。多いのは悪くないことだと思います。そしてこれは毛穴をたくさん維持できる生き方をしてきた証なので、これまでを誇ってもいいのではないでしょうか」

なるありがたいお言葉を頂戴しました。

大量の毛穴を維持する生き方。よくよく考えてみれば全く意味がわからないけど、なんとなく褒められたような気になったのでこれまた言葉の真意は探らずうやむやにし、うれしい気持ちだけを残してみる。投げられた言葉や目の前の状況をどう捉えるかは、いつだって自分次第なのだ。

その出来事に意味を持たせるのは誰だ。

多いだけじゃなく、伸びるのも異様に早いので、早くも頭が大きくなってきた。次はどうするかな。もうちょい辛抱してまたボブまでもってくかな。

 




関連記事

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さん。ほんの数ヶ月前、100均の

記事を読む

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。メッセンジャーに

記事を読む

たった1年で変わるもの、変わらないもの。

しつこいくらいにアピールし続けていますが、酒を控えています。 いや、控えていました(

記事を読む

東京大仏

座ったままで動かない人。

座りっぱなしはよくないので、30分に1回は立ち上がりましょう。そんなことを少し前にも書いた

記事を読む

東京大仏

推しの結婚、誰も傷つけない会話。

早朝寝床でニュースをザッピングして即、プルシェンコ嬢に連絡を取りました。 「ねえねえ

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど、わたしはげんきです。昨年の我

記事を読む

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してから、早いもので2年が経過しまし

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑