ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/17 家飯, 食べること ,

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し献立

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったからでもあるけれど、おじさんお手製POPに記された

「完熟トマト」

の引きの強さにやられたのです。

やだなあ、完熟って言われるとついつい旨そうな気がしちゃうんだもんなあ。と、少々呆れながらの買い物ではありましたが、これが驚きの完熟っぷりでした。

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴で家飲み

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマトと塩昆布の奴献立。

  • 大根と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • トマト塩昆布奴
  • ぶりと青菜のしょうが蒸し

大根と油揚げの味噌汁

大根と油揚げの味噌汁

大きめの乱切りにした大根と油揚げの味噌汁。出汁はいりこです。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと大根。ぬか漬けの中で一番好きな野菜がまだ出回っていないこともあり、ついついこの2種頼りになってしまう。

トマト塩昆布奴

トマト塩昆布奴

くし形に切ったトマトと塩昆布、千切りの大葉をごま油で和えたものをもめん豆腐にのせた冷奴。

ぶりと青菜のしょうが蒸し

ぶりと青菜のしょうが蒸し

霜降りにして鱗や汚れを取り除いたぶりカマをざく切りにした小松菜、千切りのしょうがと一緒にフライパンに入れ塩を振り、酒を回しかけます、蓋をして火にかけ、ぶりに火が通ったら完成。

毎度おなじみフライパン酒蒸し。昨日と同じく小松菜を使った料理ですが、鮮やかな緑を保ったまま仕上げる炒めものとは異なり、本日はやや色が変わるほどにくったり煮るパターンで。日本酒のお供に最適なお手軽魚料理です。青菜の他、昆布やわかめを使うのもまたよし。

ぶりカマの昆布蒸し、キャベツの梅おかか和え献立。

そしてトマト、トマトですよ。写真で見てもしっかりとした色で、いかにも旨そうではありませんか。実際、甘味も旨味も強く、味の濃いトマトでした。

私の子供の頃は大人たちが

「最近のトマトは味が薄く美味しくなくなった」

とよく言っていたような気がするし、実際ぼんやりとした味のトマトが多かったような記憶が。だからでしょうか、当時は生のトマトを一切食べられない幼児でした。今ではこんなに頻繁にトマトを食べているというのに。

なんでもかんでも味が濃いのが旨いわけでは決してないけれど、しっかり味のする野菜に当たると、なんでこんなにうれしいんでしょうねえ。

 




関連記事

キャベツのえび塩炒め献立

キャベツのえび塩炒め、ピーマンの丸煮献立。

高松土産の干しえびを使い倒しております。 関連 一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく

記事を読む

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

白菜としめじの味噌汁 ぬか漬け 小松菜の塩昆布和え ごはん

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

記事を読む

豚肉の生姜焼き

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

つまみ至上主義の我が食卓においては珍しく、非常に家庭料理的な豚肉の生姜焼きなど。 いや

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

豚肉とにんじんの塩焼き献立

にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です。 つまり、1周回って通

記事を読む

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立

記事を読む

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し

鯛あらと豆腐のしょうが蒸し、紅芯大根サラダ献立。

本日は景気良くお頭つきの鯛、じゃなくて、お頭だけいただきます。 「あら」や「かま」に弱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑