私を幸せにしてくれるブランドのちから。

accessories_4

モノに依存しない生き方、ねえ。

そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれるのもいい加減疲れたけど、やっぱりいい服をたくさん買いたいし少し無理してでも本物のジュエリーが欲しいと思ってしまう私には無理だわ。

これ、1年位前に友人に言われた言葉です。

いや別に私そこまでストイックな暮らしをしているわけでもなく達観してもいませんけども、彼女の目にはそう映ったようで。

ブランドバッグは私を幸せにしてはくれなかった

よほど親密な関係にある相手かたまたま話題がそこへ及んだ場合以外には、ブログに書いているような内容の話を持ち出すことはしない私。特に意味はないのですが別に身軽な生き方の布教活動をするつもりもなければ同意を求めたいわけでもないし、他にも共有したいトピックスはたくさんあるのだからわざわざ話すべきことでもないなあと思っているのでしょうか。いや、自分でもよくわかりませんが。

ブログでは自分語り甚だしいというかまあブログとはそもそもそんなものですけども、日常生活では極めて口数少なく物静かかつ控えめな恥ずかしがり屋さんなのです。なのに1年前にどうして彼女と持たない云々の話になったのか、今となってはすっかり忘れてしまいました。

そんな私のおしとやかアピールはどうでもいいのですが、件の友人と先日久しぶりに話していると

「ブランドものは私を幸せにはしてくれないという結論に至った」

との発表がありました。おや、何か事件があったのかそれとも単なる心境の変化か。

求めていたのはヒリヒリするスリル

友人曰く。

「無理してでも高いブランドものを手に入れたいと思い続けて長年実行してきたけれど、楽しさのピークは買った瞬間であって、せっかく買ったアイテムを使う時にはすでにテンションが落ちている、なんなら散財を後悔している自分すらいる」

要するに、彼女がハマっていたのはMARNIのワンピースやらエルメスのバッグそのものではなく、ブランド品を大量に買い求めるというある種エキサイティングな行為。何かいいものはないかしらとあれこれ探すワクワク感、買おうかな、どうしようかなと迷うドキドキ感、そして来月のカード請求額を考えた時のハラハラ感をもひっくるめた買い物ならではのヒリヒリ感を一種のスリルとして楽しんでいたのかもしれません。なんか擬音語ばっかりですが。

わかる。わかるわ。
買い物依存症には縁遠い私でも、なかなか大量買いから抜けられない人の気持ちは理解できるのです。買い物って中毒性あるからね。

私を幸せにしてくれる「何か」のちから

ブランドものを買っても幸せにはなれない。

まあそりゃそうよ、ではあるのですが、断言してしまうのも悲しい。

モノや環境、はたまた他人など外的要因に自分の生き方や幸せをまるっと依存するのは確かにかなり危険な行為です。自分のコントロールが効かないところに「だけ」頼るのってかなりの大博打ですからね。

じゃあ高価なブランドアイテムは全て無意味で悪で単なる金食い虫の穀潰しなのかといえばそんなこともなく。

関連 ブランドアイテムは、いつもやさしい。

もしもちょっと無理して買ったそれを身につけるのが楽しくて楽しくて仕方ない、毎日は使えなくてもクローゼットに吊るしてあるだけでお守り的に心が安らぐなんて状態であれば十分に存在意義があると言えるでしょう。さらに家計を圧迫しない範囲の買い物であればさらによし。買うことやおしゃれが全てでもなければ、買わないことが正義でもないからね。

関連 おしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

欲しかったのはモノ自体ではなく、それを購入するという行為。けれど獲得時に得られるたった一瞬の興奮のためだけに本当に欲しいかどうかもわからない高級品を買い続けるのもなんだか違う。そう考え始めた彼女は今後は何にドキドキワクワクハラハラヒリヒリを見出すのでしょうか。まあこの際ハラハラヒリヒリ成分は幾分控えめにしてもいいかもしれませんね。

ミニマリストの持たない暮らし

ブランドものが自分を幸せにしてくれるわけではないけれど、幸せにしてくれないこともない。
今の自分が何に対して喜びを感じるのか、何が本当に好きなのか、どんな状況なら心底快適なのかがきちんとわかっていて、且つ自らの手でベストな環境を作りだせること。それが人生を楽しむ最も手っ取り早い方法だと思うのですがどうでしょう。

って毎回同じことばっか言ってますね。

この話題を念仏の如く唱えっぱなしで今生終えるのもアレなんで、自分が幸せを感じられる「何か」を知るには具体的にどうすればいいのか?といったところにも頭を使っていきましょうか。これまでもそんなテーマでいくつか書いてはきたけれど、愉快な手法なんて考えればいくらでも見つけられそうだもんね。

 




関連記事

yokosuka_6

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

cebu-diary-16-1

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

sumasui_1709_25

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

記事を読む

nakano21

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

skyandflower

今日捨てたもの 9/24 秋になったら夏物に着手。

ひさびさの 「捨てたもの」 記事です。 夏も去り、この夏結局使わなかったも

記事を読む

refoundation

リ・ファウンデーション オンライン買取査定額が確定した。

昨日、使わない香水についてリ・ファウンデーションでオンライン見積を依頼してみました。

記事を読む

By: Team Dalog

続・2015年の運勢を占う。

By: Team Dalog[/caption] おっと、年末の挨拶を済ませたのにまた出てき

記事を読む

yanagin36

まだ始まっていない状態を楽しみ過ぎない。

30過ぎて、40過ぎてから始めたって、遅すぎる。今更、ねえ。 10年前にそう考えてチャ

記事を読む

10年後のはたらきかたを考えよう

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

By: Carol Alejandra Hernández Sánchez

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ueno_33
寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりした

akabane57
職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのもの

わかめと卵の炒めもの
数少ない冬の愛用品よ、さようなら。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人

150212lg
捨てるタイミングをくぐり抜けてきたものあれこれ。

先日立てた今年の目標のひとつに 「ものを減らす」

→もっと見る

PAGE TOP ↑