私を幸せにしてくれるブランドのちから。

accessories_4

モノに依存しない生き方、ねえ。

そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれるのもいい加減疲れたけど、やっぱりいい服をたくさん買いたいし少し無理してでも本物のジュエリーが欲しいと思ってしまう私には無理だわ。

これ、1年位前に友人に言われた言葉です。

いや別に私そこまでストイックな暮らしをしているわけでもなく達観してもいませんけども、彼女の目にはそう映ったようで。




ブランドバッグは私を幸せにしてはくれなかった

よほど親密な関係にある相手かたまたま話題がそこへ及んだ場合以外には、ブログに書いているような内容の話を持ち出すことはしない私。特に意味はないのですが別に身軽な生き方の布教活動をするつもりもなければ同意を求めたいわけでもないし、他にも共有したいトピックスはたくさんあるのだからわざわざ話すべきことでもないなあと思っているのでしょうか。いや、自分でもよくわかりませんが。

ブログでは自分語り甚だしいというかまあブログとはそもそもそんなものですけども、日常生活では極めて口数少なく物静かかつ控えめな恥ずかしがり屋さんなのです。なのに1年前にどうして彼女と持たない云々の話になったのか、今となってはすっかり忘れてしまいました。

そんな私のおしとやかアピールはどうでもいいのですが、件の友人と先日久しぶりに話していると

「ブランドものは私を幸せにはしてくれないという結論に至った」

との発表がありました。おや、何か事件があったのかそれとも単なる心境の変化か。

求めていたのはヒリヒリするスリル

友人曰く。

「無理してでも高いブランドものを手に入れたいと思い続けて長年実行してきたけれど、楽しさのピークは買った瞬間であって、せっかく買ったアイテムを使う時にはすでにテンションが落ちている、なんなら散財を後悔している自分すらいる」

要するに、彼女がハマっていたのはMARNIのワンピースやらエルメスのバッグそのものではなく、ブランド品を大量に買い求めるというある種エキサイティングな行為。何かいいものはないかしらとあれこれ探すワクワク感、買おうかな、どうしようかなと迷うドキドキ感、そして来月のカード請求額を考えた時のハラハラ感をもひっくるめた買い物ならではのヒリヒリ感を一種のスリルとして楽しんでいたのかもしれません。なんか擬音語ばっかりですが。

わかる。わかるわ。
買い物依存症には縁遠い私でも、なかなか大量買いから抜けられない人の気持ちは理解できるのです。買い物って中毒性あるからね。

私を幸せにしてくれる「何か」のちから

ブランドものを買っても幸せにはなれない。

まあそりゃそうよ、ではあるのですが、断言してしまうのも悲しい。

モノや環境、はたまた他人など外的要因に自分の生き方や幸せをまるっと依存するのは確かにかなり危険な行為です。自分のコントロールが効かないところに「だけ」頼るのってかなりの大博打ですからね。

じゃあ高価なブランドアイテムは全て無意味で悪で単なる金食い虫の穀潰しなのかといえばそんなこともなく。

関連 ブランドアイテムは、いつもやさしい。

もしもちょっと無理して買ったそれを身につけるのが楽しくて楽しくて仕方ない、毎日は使えなくてもクローゼットに吊るしてあるだけでお守り的に心が安らぐなんて状態であれば十分に存在意義があると言えるでしょう。さらに家計を圧迫しない範囲の買い物であればさらによし。買うことやおしゃれが全てでもなければ、買わないことが正義でもないからね。

関連 おしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

欲しかったのはモノ自体ではなく、それを購入するという行為。けれど獲得時に得られるたった一瞬の興奮のためだけに本当に欲しいかどうかもわからない高級品を買い続けるのもなんだか違う。そう考え始めた彼女は今後は何にドキドキワクワクハラハラヒリヒリを見出すのでしょうか。まあこの際ハラハラヒリヒリ成分は幾分控えめにしてもいいかもしれませんね。

ミニマリストの持たない暮らし

ブランドものが自分を幸せにしてくれるわけではないけれど、幸せにしてくれないこともない。
今の自分が何に対して喜びを感じるのか、何が本当に好きなのか、どんな状況なら心底快適なのかがきちんとわかっていて、且つ自らの手でベストな環境を作りだせること。それが人生を楽しむ最も手っ取り早い方法だと思うのですがどうでしょう。

って毎回同じことばっか言ってますね。

この話題を念仏の如く唱えっぱなしで今生終えるのもアレなんで、自分が幸せを感じられる「何か」を知るには具体的にどうすればいいのか?といったところにも頭を使っていきましょうか。これまでもそんなテーマでいくつか書いてはきたけれど、愉快な手法なんて考えればいくらでも見つけられそうだもんね。

 






関連記事

By: Leland Francisco

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

By: hans van den berg

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

airportsofa

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

tinyhouse

タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

「タイニーハウス」を知っていますか? タイニーハウスとは、その名の通り「小さな家」のこと。

記事を読む

award

2016年、買ってよかったものベスト3。

月初といえば毎度お馴染み定期ポスト、なのですが。 関連 これまでに捨てたものリストと買

記事を読む

moalboal-4-3

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

OXO ケトル

捨てる日々、やかんはいるのかいらないのか。

By: Kendyl Young[/caption] もう少し減らすつもりで持ち物を再チェッ

記事を読む

By: Mark Evans

つらい巻き爪、足底の角質化が改善する簡単な方法。

By: Mark Evans[/caption] ヒールのある靴が好きで、長年7cm~10c

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

By: Aveda Corporation

今すぐ一から人生全部やり直したい。

By: merec0[/caption] 若い時にしかできない、とかもっと若い時だったらやる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nakano21
あなたのその怒りはどこから。

とある夜。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってから

春キャベツと肉団子のスープ煮
春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。

履かない靴
履かないヒールがどんどん高くなっていく。

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を

水菜の卵とじ献立
水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあ

moalboal_2016_28
勢いで必要なものまで捨ててしまう恐怖。

先日、パソコンのデスクトップの整理をしておりました。 定

→もっと見る

PAGE TOP ↑