私を幸せにしてくれるブランドのちから。

accessories_4

モノに依存しない生き方、ねえ。

そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれるのもいい加減疲れたけど、やっぱりいい服をたくさん買いたいし少し無理してでも本物のジュエリーが欲しいと思ってしまう私には無理だわ。

これ、1年位前に友人に言われた言葉です。

いや別に私そこまでストイックな暮らしをしているわけでもなく達観してもいませんけども、彼女の目にはそう映ったようで。

ブランドバッグは私を幸せにしてはくれなかった

よほど親密な関係にある相手かたまたま話題がそこへ及んだ場合以外には、ブログに書いているような内容の話を持ち出すことはしない私。特に意味はないのですが別に身軽な生き方の布教活動をするつもりもなければ同意を求めたいわけでもないし、他にも共有したいトピックスはたくさんあるのだからわざわざ話すべきことでもないなあと思っているのでしょうか。いや、自分でもよくわかりませんが。

ブログでは自分語り甚だしいというかまあブログとはそもそもそんなものですけども、日常生活では極めて口数少なく物静かかつ控えめな恥ずかしがり屋さんなのです。なのに1年前にどうして彼女と持たない云々の話になったのか、今となってはすっかり忘れてしまいました。

そんな私のおしとやかアピールはどうでもいいのですが、件の友人と先日久しぶりに話していると

「ブランドものは私を幸せにはしてくれないという結論に至った」

との発表がありました。おや、何か事件があったのかそれとも単なる心境の変化か。

求めていたのはヒリヒリするスリル

友人曰く。

「無理してでも高いブランドものを手に入れたいと思い続けて長年実行してきたけれど、楽しさのピークは買った瞬間であって、せっかく買ったアイテムを使う時にはすでにテンションが落ちている、なんなら散財を後悔している自分すらいる」

要するに、彼女がハマっていたのはMARNIのワンピースやらエルメスのバッグそのものではなく、ブランド品を大量に買い求めるというある種エキサイティングな行為。何かいいものはないかしらとあれこれ探すワクワク感、買おうかな、どうしようかなと迷うドキドキ感、そして来月のカード請求額を考えた時のハラハラ感をもひっくるめた買い物ならではのヒリヒリ感を一種のスリルとして楽しんでいたのかもしれません。なんか擬音語ばっかりですが。

わかる。わかるわ。
買い物依存症には縁遠い私でも、なかなか大量買いから抜けられない人の気持ちは理解できるのです。買い物って中毒性あるからね。

私を幸せにしてくれる「何か」のちから

ブランドものを買っても幸せにはなれない。

まあそりゃそうよ、ではあるのですが、断言してしまうのも悲しい。

モノや環境、はたまた他人など外的要因に自分の生き方や幸せをまるっと依存するのは確かにかなり危険な行為です。自分のコントロールが効かないところに「だけ」頼るのってかなりの大博打ですからね。

じゃあ高価なブランドアイテムは全て無意味で悪で単なる金食い虫の穀潰しなのかといえばそんなこともなく。

関連 ブランドアイテムは、いつもやさしい。

もしもちょっと無理して買ったそれを身につけるのが楽しくて楽しくて仕方ない、毎日は使えなくてもクローゼットに吊るしてあるだけでお守り的に心が安らぐなんて状態であれば十分に存在意義があると言えるでしょう。さらに家計を圧迫しない範囲の買い物であればさらによし。買うことやおしゃれが全てでもなければ、買わないことが正義でもないからね。

関連 おしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

欲しかったのはモノ自体ではなく、それを購入するという行為。けれど獲得時に得られるたった一瞬の興奮のためだけに本当に欲しいかどうかもわからない高級品を買い続けるのもなんだか違う。そう考え始めた彼女は今後は何にドキドキワクワクハラハラヒリヒリを見出すのでしょうか。まあこの際ハラハラヒリヒリ成分は幾分控えめにしてもいいかもしれませんね。

ミニマリストの持たない暮らし

ブランドものが自分を幸せにしてくれるわけではないけれど、幸せにしてくれないこともない。
今の自分が何に対して喜びを感じるのか、何が本当に好きなのか、どんな状況なら心底快適なのかがきちんとわかっていて、且つ自らの手でベストな環境を作りだせること。それが人生を楽しむ最も手っ取り早い方法だと思うのですがどうでしょう。

って毎回同じことばっか言ってますね。

この話題を念仏の如く唱えっぱなしで今生終えるのもアレなんで、自分が幸せを感じられる「何か」を知るには具体的にどうすればいいのか?といったところにも頭を使っていきましょうか。これまでもそんなテーマでいくつか書いてはきたけれど、愉快な手法なんて考えればいくらでも見つけられそうだもんね。

 




関連記事

こんにちは、の先制打。

By: 4johnny5[/caption] 改めて告げるまでもないのですが、割と単独行動が

記事を読む

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

40代フリーランス、就職したい金曜日。

金曜日ですね。 残念ながら今のところそんな可能性も予定もありませんが、就職したいです。

記事を読む

片付けられない私とファサーの心理学。

By: Ella Mullins[/caption] 最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

記事を読む

才能に頼らない方法 正しさとパッションの間で。

多少時間に余裕があるので、ここぞとばかりにインプット作業に勤しむこの頃。先週は文章作成に関する本を立

記事を読む

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

あまりにもマイペースな人。

「Hi,crispy do u remember me?」 週末の夜に届いた短いメール

記事を読む

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑